BEAUTY

ショート×ハイライトカラーの入れ方は?明るめ・暗めで雰囲気チェンジ

2019/11/21

「ショートだとヘアアレンジに限界がある」「カラーを変えてもなんだか物足りない……」など、ショートヘアのままでイメチェンしたいけどなかなか難しいと悩んでいる方は多いはず。 そんな時におすすめなのが簡単にイメージを変えられるハイライト。髪全体に立体感や透明感をもたらしてくれて、セットひとつでちがう表情になってくれる優れもの。これはチャレンジしないなんてもったいない!

ハイライトってなに?

ハイライトってよく耳にするけど正直どういうカラーなのかわからない……。いまさら聞きにくいハイライトについてご紹介します!

ハイライトとは

ハイライトとは、ベースの色に対してブリーチやカラー剤で明るい部分を入れて、ヘア全体に奥行きを出すカラーリングのこと。全体に入れずポイントで取り入れることでヘア全体の立体感を引き出し、透明感やツヤが簡単に手に入ります。また髪全体のトーンがあがり、明るい印象にチェンジ。一色だけで染めるカラーよりマイルドなスタイルになるので、オフィスでも気兼ねなくトライできる自然なカラーに。
ちなみにハイライトとセットで耳にすることが多いローライトは、部分的に暗い色を入れるカラーのこと。ハイライトとローライトを一緒に入れることでより動きのあるスタイリングに変化します。

ハイライトの種類

▼シークレットハイライト

自然にみえるよう極細のハイライトをいれて、さりげない立体感や透明感を引き出すことができるシークレットハイライト。糸のように細いハイライトなので明るい色をのせても派手にならず馴染んでくれるのが◎。

▼インナーハイライト

インナーに細かくハイライトを入れて作るインナーハイライト。インナーカラーと違い部分的に色を入れるので派手になり過ぎないのがポイントです。髪をおろせば隠せるのでオフィスでもっとも取り入れやすいカラースタイル。

▼ハイライト×ローライト

ハイライトとローライトを一緒に入れることで奥行きがぐんと高まって、より動きのあるスタイリングに変化。さらにメリハリをつけたヘアスタイルに挑戦したい方におすすめです。

『カラー別』おすすめハイライト

ヘアアレンジのパターンが少ないからこそ、ショートヘアにはハイライトが映える! カラー別にハイライトを紹介していくのでぜひお気に入りを見つけてトライして。

黒髪×ハイライト

あまり派手にしたくないときのハイライトは地毛に近いカラーを選んで。暗髪に馴染みやすく、光が当たると立体感が出るので大人でも取り入れやすい組み合わせです。

アッシュ×ハイライト

人気のアッシュにほんのり明るいベージュのハイライトを合わせればやわらかい印象にシフト。ショートのクールさと女性らしさを持ち合わせたスタイルに。

ブラウン×ハイライト

やさしげなイメージを引き出してくれるブラウン×ベージュハイライトの組み合わせ。ハイライトが目立っているように見えますが、暖色のまろやかなカラーなのでナチュラルに溶けこみます。

グレージュ×ハイライト

糸ハイライトをベースにいれればさりげない立体感が顔を出す。くびれショートでハンサムと色っぽさを両立させたスタイルリング。

ブリーチなしのハイライト

ブリーチをしなくても暗めのカラーであればハイライトをのせることが可能。地毛の上にハイライトを入れたいなら、地毛よりも少しあかるいブラウンやベージュ系をチョイスしてみて。

モーガンズ(mogans)

ノンシリコン アミノ酸 ヘアシャンプー(リッチ&フローラル)

なめらかな泡立ちのシャンプーはダメージを受けた髪と地肌をやさしく包み込み、正常な状態へと導いてくれます。指通りのよいさらさらな髪に仕上がるのがうれしいところ。

モーガンズ(mogans)

ノンシリコン アミノ酸 コンディショナー(リッチ&フローラル)

ヘアダメージをやわらげる保湿成分をリッチに配合したコンディショナー。細く弱ったヘアを芯から丁寧に補修して、髪全体を強くしなやかできれいな髪にランクアップさせます。

いつもの『ショートヘア』とは違う印象に

いつもショートヘアだけど一味変えたい、というときはハイライトを取り入れて! セットをしても、しなくても動きを出せるハイライトはとても優秀ですぐにでもマネしたくなる。

明るめカラー

▼ショートをレディライクに変身させる

ボーイッシュになりがちなショートもハイライトでやさしく陰影をつければまろやかなイメージに早変わり。全体的にカラーが明るくてもショートなので派手になりすぎないのが◎。

暗めカラー

▼ハイライトで動きをつけて

ダークトーンの髪にベージュ系のハイライトをオン。毛先をかるく跳ねさせればハイライトと相まって軽やかでフレッシュなスタイルに変化します。

▼糸ハイライトでこなれ感を

さらりと落ち感のあるショートに明るめベージュの糸ハイライトを入れたスタイリング。立体感が出て丸みのあるシルエットに大変身。

ジルスチュアート(JILL STUART)

ヘアオイル( ホワイトフローラル)

植物由来のオイルが髪をやさしくコートしてくれるのでなめらかな仕上がりに。髪の表面がきれいに整うことで光を反射して、つやつやと輝く髪に導いてくれます。オイルなのにさらさらとした感触なのがいい。

『ハンサムショート』をもっとかっこよく

トレンドのハンサムショートにハイライトをのせてもっとかっこよくシフト。ハイライトを入れるのと入れないのでは見栄えが全然ちがうので、人と差をつけたいならハイライトを入れるべき!

明るめカラー

▼ふんわり柔らかな印象に

華やかなブラウンハイライトで動きをつけたハンサムショートは、かっこよさの中に女性らしさがにじむスタイル。誰もがマネしたくなるようなお手本女子に。

暗めカラー

▼暗めでもハイライトで明るさプラス

過去に入れたハイライトの上からダークブラウンを重ねたカラーはヴィンテージのような仕上がりに。さりげないハイライトが立体感を生み出し、軽くセットするだけでサマになるのがいい。

▼エアリー感たっぷりのハンサムショート

空気を含んだようなソフトなシルエットはハイライトが入っているからこそ。きらりと輝くあわいベージュのハイライトが透明感を与えてくれる。

ルフト(LUFT)

ヘアデザインワックスM(シトラルマリンフローラル)

ふんわり軽やかなつけ心地なのにベタつかず、程よいキープ力と適度なツヤ感を持ち合わせた新感覚のヘアワックス。ナチュラルな動きや束感を誰でも簡単に表現できるのが◎。トリートメント効果もあるので思わず触りたくなる髪に。

『ベリーショート』だからこそハイライトで奥行きを

ベリーショートにハイライトって必要? なんて思っていたらもったいない。髪を束ねたり、巻いたりすることが難しいベリーショートだからこそ、ハイライトで奥行きを作ることでイメージチェンジが可能なんです!

明るめカラーであか抜けて

白みがかったグレージュにハイライトをいれてぐんとトーンアップしたカラーリング。毛流れを整えるだけで光を反射して、透明感たっぷりなこなれショートの完成。

暗めカラーは個性派ハイライトで差をつける

ベリーショートはハイライトを入れる範囲が狭いのでカラーハイライトでも派手になりすぎずに取り入れられる。ブラウンの上に暖色系のレッドハイライトをのせることでトーンが馴染み、洗練されたデザインに。

程よい束感がデザインしやすいアリミノのワックスフォーム。少量でも効果が持続してくれるのと、ソフトな動きを簡単に出せるので初心者さんにもおすすめな一品です。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW