BEAUTY

透明感抜群の髪色【アッシュカラー】で、暗めも明るめもオシャレに!色落ち防止策もご紹介

2019/11/12

年代問わず多くの方に支持されている髪色「アッシュカラー」。職場や学校でも安心なブリーチなしでできる暗めなアッシュカラーと、ダブルカラーをして自分だけの鮮やかなカラーが楽しめる明るめなアッシュカラー。いろいろな顔をもつ万能な『アッシュカラー』を今回ご紹介します! ぜひ、この大人気カラーの髪色にトライしてみませんか?

『アッシュカラー』の髪色とは?

アッシュとは直訳すると、「灰」「灰色」という意味。ですが髪色のアッシュカラーとなると「青みがかった灰色」に近い色のことをいいます。日本人の髪質は赤みが強いため、カラーをすると黄みがかった色になりやすい特徴があります。しかし、アッシュカラーを入れることで黄みがかるのを抑えられます。
透明感や抜け感がでるヘアカラーで、様々な髪色との相性も良いので、カラーバリエーションも楽しめちゃうヘアカラーです。

【ブリーチなし】暗めアッシュカラーで、オフィスや学校もOK!

髪を傷めたくない! オフィスや学校で明るい髪色にできない! そんな方も安心してください。アッシュカラーはブリーチなしでも可愛い髪色に変身できちゃうんです! そんな暗めアッシュカラーを6選ご紹介いたします。

ダメージを抑えて、艶髪を保つ!

可愛い髪色にしたければ、ブリーチをしないといけないようなイメージがあります。ただブリーチをすると、とても傷んでしまう……と懸念して可愛い髪色を諦めないでください。 ブリーチしなくてもできるアッシュカラーでダメージを抑えて艶髪を保ちましょう!

人気カラー《6選》

▼【1】アッシュグレージュ

艶と透明感が綺麗なカラーで、上品で柔らかな印象になります。初心者さんでも挑戦しやすいアッシュカラー。

▼【2】アッシュベージュ

茶髪よりも柔らかな印象。大人可愛いスタイルによく似合うカラーです。髪をゆるく巻いて抜け感のあるスタイルと相性◎!

▼【3】ダークアッシュ

アッシュグレージュよりも少し落ち着いたカラー。暗髪にはしたいけど、黒髪はなんだか違うなんて方にもぴったり! 黒髪よりも透け感があって軽い印象を与えます。

▼【4】アッシュブラウン

ナチュラルで落ち着いた色合い。しっかりと巻いて上品なスタイルも、無造作にスタイリングをして抜け感があるスタイルもできちゃう万能カラーです!

▼ラベンダーアッシュ

ラベンダーとは、ピンクと紫の中間のような色合いで灰色のアッシュカラーの中からほんのり甘いカラーです。光にあたるとピンクが輝くような、フェミニンな印象を与えます。

▼【6】アッシュブルージュ

暗髪からちょっぴり青みがきらめく、上品な印象を与えるカラー。落ち着いた大人なアレンジとよく合うエレガントな色みです。

【ダブルカラー】明るめアッシュカラーで、透明感アップ

ダブルカラーをしてアッシュを入れると、より鮮やかなキレイな色になるんです。自分の好きなスタイルが叶えられるので、外国人風カラーやビビットカラーなどに憧れている方におすすめなヘアカラーです! 今回はダブルカラーをしてできる、人気カラーを4選ご紹介します。

ダブルカラーとは?

「そもそもダブルカラーってなんのこと?」と思いではないしょうか? ダブルカラーとは、ブリーチしてから髪を染めるカラーリングの手法のことです! ブリーチは強い脱色効果があるので、明るい髪色にしたい方には必須の手法です。発色の良いヘアカラーができ、なりたいスタイルになれることが最大の魅力です!

<色別>アッシュ系のダブルカラー

▼アッシュグレージュ

日本人髪質の赤みをすごく抑えてくれる柔らかな印象に。光にあたると、透明感がでるカラーです!

▼アッシュベージュ

大人可愛い外国人風なカラーにしたいならアッシュベージュがオススメ! ハイライトを入れたり、インナーカラーを入れたりスタイルで遊ぶのも可愛い!

▼ミルクティーアッシュ

女子のなかで人気上昇中なミルクティーカラーをいれたこのカラー。女の子らしい可愛さと大人の上品さを兼ね備えた絶妙な色合い!

▼ホワイトアッシュ

圧倒的透明感で外国人風になるホワイトアッシュ。白っぽくカラーリングした美しいヘアカラーです。

アクセントの『アッシュカラー』でこなれ感UP!

ハイライトやグラデーションを入れることで、オシャレ度がグッとあがります。ヘアスタイルにアクセントを加えてヘアスタイルを格上げしませんか? 今回はハイライトとグラデーションの入ったスタイルを8選ご紹介します。
 

『ハイライト』の場合

▼ボブヘア

実はすごく相性がいいボブヘアとアッシュのハイライト。トレンドのショートボブにアッシュのハイライトがはいることで、イマドキスタイルに!

▼ミディアムヘア

ベージュで作るハイライトは外国人風で、オシャレに決まるヘア。他にもアッシュブルージュをハイライトに入れてクールにするもよし。ミルクティーアッシュをハイライトに入れて、ニュアンスヘアにするもよしなレングスです。

▼ロングヘア

暗髪でもハイライトを入れたら立体的なスタイリングが叶う! ヘアアレンジをしたときに、動きが出るハイライトがとても可愛い。ロングヘアと相性抜群!

▼ヘアアレンジ

ヘアアレンジをすることでより際立つハイライト。動きがでるので、ヘアアレンジに抜け感が出て、イマドキヘアに。ハイライトがあることで、ヘアアレンジのクオリティを底上げ!

『グラデーション』の場合

▼ボブヘア

トレンドの切りっぱなしボブも、アッシュのグラデーションを入れることでより一層イマドキに。外国人感もプラスされたスタイルの完成です!

▼ミディアムヘア

アッシュベージュにハイライトとグラデーションを加えたこのカラーは、外国人風で少しフェミニンな雰囲気。
上品な印象のミディアムだからこそ、グラデーションも透明感があり上品なカラーが合います。

▼ロングヘア

ホワイト系のアッシュでグラデーションをすれば海外セレブのようなスタイルに。暗めカラーでグラデーションにして、艶っぽくするのも素敵!

▼ヘアアレンジ

ヘアアレンジをしてちょこんと出る毛先が、グラデーションになっているので遊び心があって可愛い! お団子ヘアーとの相性もグッド!

【色持ち&色落ち事情】おすすめヘアケア商品

色持ち期間

アッシュカラーの色持ち期間は 約1週間~2週間です。個人差があったり、暗めな色だともう少し長くなりますが平均的にこれくらいといわれています。

なんで色落ちってするの?

そもそも色落ちとは、ヘアカラーをすることで傷んだキューティクルが開いた状態になり、せっかく入れたカラーが流れ出てしまうことです。加えて髪の毛にストレスを与えることで、カラーが流れ出やすくなります。ストレスとはヘアアイロンの熱であったり、シャンプーに含まれる界面活性剤などを指します。

色落ち対策

せっかく可愛いアッシュカラーになったのなら、少しでも長持ちさせたいですよね? 少しでも髪へのダメージを減らすことが決め手です。そのためにできる、4つのワザをご紹介します!

  • カラーした日は洗わない
  • 毎日しっかりと乾かす
  • カラーシャンプーを活用する
  • 保湿ケアをする
  • 日焼け対策・ケアをする

おすすめヘアケア商品を紹介

▼カラーシャンプーのおすすめ商品

ロイド(ROYD)

ロイドカラーシャンプー(シルバー)

アッシュ系のカラーには、シルバー系のシャンプーを使うのが鉄則! 髪色をキープしてくれるだけでなく、保湿成分がしっかりと入っているので髪のキシミもなくしてくれます。フローラルフルーティーの香りで馴染みやすい。

カラーシャンプー

【エンシェールズ(Ancels)】エンシェールズカラーシャンプー(シルバー)
こちらもシルバーのシャンプー。普通のシャンプーでしっかりと整髪料を落としてから使うとより良い商品です。ヒアルロン酸やグリセリンなどの保湿成分が含まれているので、保湿効果に期待できます。また髪色に黄みがでてきてしまうのを防いでくれる効果があります。

▼ヘアオイルのおすすめ商品

ロレアル パリ(LOREAL PARIS)

エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル エクラアンペリアル 艶髪オイル

ヘアオイルは香りもよく、サラサラにまとめてくれるのでアフターケアとしても人気。フレンチローズオイルを配合することで自然な輝きが髪をきらめかせます。そして香りもフレンチローズの女性らしい香り。毛先までシルクのような仕上がりです。広がりのある髪をまとめてくれますが重くないのも特徴。ドライヤーの前に1~2プッシュ。ドライヤーの仕上げにも1プッシュしてお使いください!

ジョンマスターオーガニック(john masters organics)

ARオイル(アルガン)

数々の美容誌でベストコスメに選ばれたこちらの名品は、アルガン100%のオーガニックオイル。デイリーケアに最適なオイル。なんと肌にも使えちゃう一石二鳥。使い方は、数滴手に取り髪や肌に馴染ませてください!

▼日焼け対策/ケアおすすめ商品

ベキュアハニー(VECUA Honey)

ワンダーハニー アロマUVカットスプレー(コットンホワイト)

【ワンダーハニー(WONDER HONEY)】アロマUVカットスプレー(コットンホワイト)
こちらはSPF50+PA++++のスプレータイプのUVカット。最高レベルクラスの紫外線カットで紫外線から、髪の毛を守ってくれる。アロマの香りで汗の匂いなどもしっかりとカバーしてくれる。石鹸で落とせるのでオフもラクちんです。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW