LIFE STYLE

女の顔になるとは?普段とのギャップで魅力をアップさせよう

2019/09/24

女性の普段とは違う表情を見たとき、男性は「女の顔を見た」と思うのです。無防備で色気のある女の顔は、女性らしい魅力にあふれていると言えます。女の顔の解説と、女の顔になるにはどうすればいいかのアドバイスもお伝えします。

女の顔とはどんな表情?

会社でバリバリ働いているときに見せる顔、帰宅して家のドアを開けた瞬間のほっとした顔、大好きなスイーツを目の前にしたときの喜びの顔…女性にはいくつもの顔があるのではないでしょうか。

シチュエーションによって、あるいは誰といるかによって表情が変わるのは、女性にとって自然なことだと思います。

では、そんなくるくる変化する顔の中でも、女の顔と言うとどんな顔のことなのでしょうか? 女性がふと見せる女の顔とは、具体的にどんな表情のことを言うのか、いくつか例を挙げてみます。

無防備な表情

会社にいるときや周りに人がいるときは、表情を作っている女性というのは多いのではないでしょうか。

社会人として、あるいは上司として、キリッとした顔で仕事をしているかもしれません。そんな女性にとって、1人きりになった瞬間というのは、解放されたような気持ちになることでしょう。

周りに誰もいなくて気を遣う必要がなくなったとき、ほっとして女性は無防備な表情を見せると思います。そんな無防備な表情こそ、女の顔の一つなのです。

お酒を飲んでいるときや、大好きなスイーツを食べているときなども、力が抜けて緩んだ状態であり、そんなときにも女の顔をしていると言えるでしょう。

色気を漂わせる表情

一般的に「女の顔をしている」と言うときは、表情に少し色気があるイメージではないでしょうか。大好きな彼氏に会ったとき、お酒を飲んで酔っ払ったときなどが挙げられるかもしれませんね。

例えば、厳しい顔で仕事をしている女性の表情しか見たことがない、会社の同僚の男性がいたとします。そしてその男性が、初めてその女性の気が緩んだときの表情、または女性らしい顔をしたときなどを見た場合、「女の顔をしている」と感じるのでしょう。

仕事場では見せないプライベートな表情なので、いつもと違って色っぽく見える、というのもあるかもしれません。

女の顔になる瞬間ってどんなとき?

女性が普段あまり人には見せない表情こそ、女の顔であるということを見てきました。それでは、女性が女の顔になる瞬間とは、どんな場面なのでしょうか?

気が緩んでしまうふとした瞬間から、自分が女の顔になっていることを思わず意識してしまうような女性らしい瞬間まで、さまざまなシチュエーションがあります。

どれもなかなか人前ではしない表情だからこそ、それを初めて見た人にとってはドキドキしてしまうものなのかもしれません。

お酒で酔っているとき

無防備な表情になってしまうわかりやすいシチュエーションは、やはりお酒に酔っているときではないでしょうか。

酔っ払っているとき、頬は赤らみ、目はトロンとしてしまう女性が多いと思います。一緒に飲んでいる男性は、そんな緩んでいる表情を色っぽいと感じることもあるようです。

酔っていると大胆になり、人との距離も縮まることが多いため、余計に女の顔になってしまうのかもしれませんね。

好きな人と過ごしているとき

彼氏とデート中は、女性は女の顔になっているものではないでしょうか。大好きな人と2人で過ごせて、幸せな高揚感に包まれているとき、気づけば女の顔をしていることがあるでしょう。

女性は、好きな人にはかわいいと思われたいものでしょうし、彼氏の前で女らしい仕草を心がけることもあると思います。そういう意識が、女の顔にさせているのかもしれません。

ショッピングをしているとき

思わず女の顔になる瞬間というのが、ショッピング中のこともあります。特に、化粧品や下着など、女性ならではの買い物をしているとき、夢中になってしまい、女の顔になっていることがあるようです。

化粧品や下着は、つけた後に見せる人のことを考えてショッピングしているからかもしれませんね。そんな意識が女の顔にさせているのでしょう。

自分をきれいに見せるために、ファッションや美容を研究しているとき、女性はワクワクして楽しくなってしまいますよね。そんなとき力が抜けて緩み、女の顔を見せていることがあります。

甘えたいとき

異性にお願いごとをするとき、ちょっと甘えるような気持ちでお願いをすることがあるかもしれません。そんなとき、女性は女の顔になっていることがあります。男性としては、そんな甘え顔にキュンとしてしまうこともあるようです。

また、彼氏に甘えているときも女の顔になっているでしょう。なぜなら、無防備に気を緩められて、全面的に信頼できる相手だからこそ、人は甘えられるものだからです。

メイクをしているとき

女性は、「もっときれいになりたい」と思うからこそ、メイクをするものでしょう。スキンケアをしているとき、メイクをしているときはそんな気持ちで鏡に向かっているため、女の顔になっているのです。

自分が一番きれいに見える表情や角度を研究し、自分の顔をチェックしているとき、鏡には女の顔が映っていることでしょう。

また、メイクをしているときは「女を作り上げているとき」とも言えるので、メイク中の女性を見ているのが好きという男性もいるようです。

女の顔になるにはどうすればいい?

その無防備さに男性をドキドキさせてしまう女の顔を、意図的に見せることで、恋愛では武器として使えそうです

では女の顔になるには、どうすればいいでしょうか? 顔を作るというよりは、女の顔になってしまうシチュエーションを自分で演出するようなイメージを思い浮かべてみてください。さりげなく女らしさを感じさせるつもりで、実践してみましょう。

恥じらいは素直に表現

照れている女性というのは、かわいらしいものです。特に男性は、女性の恥じらう姿を愛おしいと感じるものでしょう。恥ずかしいと思っているとき、女性は女の顔になってしまいます。

そのため、あえて恥ずかしいと感じることをやってみるといいかもしれません。彼氏の目をじっと見つめて「大好き」と言ってみるとか…言った後恥ずかしいかもしれませんが、そんな姿も含めて、彼氏は喜んでくれるでしょう。

無言でミステリアスな雰囲気を演出

好きな人ともう少し距離を縮めたいと思ったら、意識的に女の顔を見せてみましょう。例えば、普通におしゃべりをしているときに、ふと沈黙の瞬間を作ってみるのです。

相手が「どうしたんだろう?」と不安になったところで、そっと彼の肩に頭を乗せてみます。それから、ゆっくりと相手の方へ顔を向け、ちょっと上目づかいで相手を見つめてみましょう。

勘のいい相手であれば、その演出したいい雰囲気に乗ってくれるかもしれません。もし相手が引くようであれば、「なんか疲れちゃったの」と笑顔でごまかせば問題ないでしょう。

ちょっとあざとい上目づかい

男性はちょっとわざとらしいと思ったとしても、女性の上目づかいをかわいいと思ってしまうことが多いでしょう。上目づかいの表情そのものが、女の顔を見せていることになります。

男性に何かをお願いするときや、おねだりするようなシチュエーションで、効果的に使いましょう。頻繁に使いすぎたり、長く見つめ過ぎたりするとあざとさは増してしまうので、注意してください。

まとめ

女性には仕事中などの『オン』のときの顔と、プライベートのときの『オフ』の顔があり、オフのときの無防備で緩んだ感じが女の顔ということです。

普段の姿とのギャップというのは、人の目に新鮮に映ります。

オンとオフを使い分け、恋愛中はあえて女の顔を見せるなど、女性ならではのいくつもの表情を楽しんで、いきいきと毎日を過ごしましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW