BEAUTY

インナーカラー【人気色&やり方】ヘアアレンジや色落ちしない方法もご紹介!

2019/11/12

人気のインナーカラーに挑戦したいけど「何色が似合うのか」「オフィスでも出来るのか」「染めた後のケアってどうすればいいのか」なんて疑問が尽きない方も多いのでは?
全体カラーをするよりインナーカラーの方が見える範囲が少ないので挑戦しやすく、髪へのダメージも少ないんです。そしてヘアアレンジすれば見え方は何倍にも増える! そんないいこと尽くめのインナーカラーに是非チャレンジしてみて。

インナーカラーのここが魅力的!

インナーカラーとは、髪の内側を染めるカラーのこと。外側と内側のカラーが違うだけでオシャレに見えるのがいいところだけど、その他にもたくさんメリットがある! インナーカラーの魅力を知ればすぐに試したくなるはず。

ハイトーンカラーに挑戦しやすい

発色がいいから派手なイメージのあるハイトーンカラー。でもインナーだけに入れれば目立ち過ぎず、簡単に取り入れられます。耳にかけてちらっと見せるだけでオシャレ度アップ間違いなし!

アレンジすればマンネリ知らず

さり気なく見せたいなら髪はおろしてちらっと見せに。インナーカラーを目立たせたいならハーフアップやポニーテールなどヘアアレンジすれば印象ががらりと変わる! オフィスとプライベートでアレンジを変えれば何倍にも楽しめるのが◎。

インナーだけならオフィスでも楽しめる

インナーカラーの範囲を耳まわりだけにしたり、ヘアアレンジでカラーした部分だけ隠したりすればオフィスでも問題なくチャレンジできます。バレにくい暗めカラーであるアッシュグレーやカーキ、ダークレッドなどをチョイスするのも選択肢の一つ。

ブリーチしてもインナーだけなら髪へのダメージが少ない

ハイトーンカラーに欠かせないのがヘアブリーチ。でもインナーだけならダメージを少ない部分だけで抑えられるのがいいところ。ただブリーチすると痛みはどうしても出てしまうのでヘアケアアイテムを駆使するのがおすすめ。

個性派さんは『発色のいいカラー』を選んで

インナーカラーを目立たせたい! という個性派さんは発色のいいカラーを選んで。ブリーチ回数や髪質によって出せるカラートーンが違うので美容師さんと相談しながら決めるのが◎。

「ピンク・赤」で大人レディを目指して

▼ビビッドピンクでアクセントを

華やかなビビッドピンクにやわらかいブラウンを合わせたフェミニンなカラーリング。緩く髪を巻いてピンクとブラウンを混ぜればぐっとレディ感がアップします。

▼ピンクのグラデーションで変化をつける

変化をつけたいならワンカラーではなくグラデーションにすると個性的な仕上がりに。ピンクのかわいらしさだけではなく落ち着いたレッドも混ざることで大人っぽさを醸し出せる。

▼チェリーレッドなら派手になりすぎない

ピンク・赤系は人気カラーなので挑戦したいけど派手になり過ぎないか心配……。それならチェリーレッドでさり気なく取り入れて。暗めカラーなので初心者さんも安心して染められます!

▼イヤリングカラーで赤をいれて

インナー全体に入れるだけがインナーカラーじゃない! 初めてハイトーンカラーに挑戦で不安があるなら耳まわりだけを染めるイヤリングカラーがおすすめ。赤は染まりやすいカラーなので失敗しにくいのも◎。

アンナドンナ(annadonna)

エブリ カラーシャンプー(ピンク・レッド)

通常のシャンプーで流れてしまう色素を補うことのできるピンクシャンプーは褪色を防ぎ、染めたてのきれいな髪色を保つことができます。アッシュ系の髪色に使うとピンクアッシュになるのも◎。ただピンクシャンプーは色が入りやすいので長く放置し過ぎないように気を付けて。

「紫」でミステリアスな雰囲気に

▼青味のある紫でクールなイメージを作る

艶やかな黒髪に青味のある紫をインナーカラーとして取り入れれば、一気にクールな雰囲気にチェンジ。かわいいよりかっこいいが好きならブルーパープルを選んで。

▼グレージュ×ラベンダーでやわらかく

ピンクだと甘くなりすぎるけどかわいい系が好き、という方におすすめなのはラベンダーカラー。全体はグレージュで抑えめにしてラベンダーをインナーで入れれば大人フェミニンの完成。

▼暗めの紫ならロングヘアでも取り入れやすい

ショートやボブよりカラーの見える範囲が広いロングヘア。しっかり色を入れると派手になりがちですが、暗めの紫なら個性を残しつつ控えめな印象に。髪をアップにしてインナーカラーを見せてもOK。

エンシェールズ(Ancels)

エンシェールズカラーシャンプー(ムラサキ)

黄ばみを抑えて白っぽい髪色に近づけるなら紫シャンプーが大活躍。パープルはもちろん、色落ち後の髪色をシルバーやブルーにしたい人にもおすすめ。パープルはどうしても落ちやすいカラーなので色補充より退色時のケアを心がけて。

「グリーン・ブルー(青)」なら人と被りにくい

▼ダークブラウンとグリーンは相性がいい

髪色としてあまり見ないグリーンってどうなの? と敬遠してしまう方もいるはず。よくある髪色のダークブラウンにグリーンはアースカラーと呼ばれる相性のいい配色。個性的だけど馴染むのが嬉しい。

▼鮮やかブルーはポイントカラーでいれる

目を引く鮮やかなブルーを全体にいれてしまうと浮いてしまいますが、耳まわりにポイントカラーとしていれるとオシャレに大変身。外側はグレージュに染めれば大人っぽさがぐっと出ます。

▼ネイビーで落ち着いた雰囲気に

変わった色にしたいけど鮮やかすぎるカラーは勇気が出ない。そういう方は深いネイビーをチョイスしてみては? 控えめに見えて髪色としてはあまり見ないカラーなので個性を出すのにもってこい。

ロイド(ROYD)

ロイドカラーシャンプー(シルバー)

アッシュ系の髪色の悩みといれば、黄色っぽくなりやすく色落ちが早いこと。ロイドのカラーシャンプーは頭皮の汚れを落として、髪が黄ばまないよう予防しながら、カラーキープするシャンプーです。リッチモイスチャー仕様なのでブリーチ後特有のキシミを抑えられるのも◎。

ロイド(ROYD)

ロイドカラーシャンプー(ムラサキ)

グリーンやブルーに染めた後、ブリーチをしたことでどうしても黄色っぽく色落ちしてしまいます。その黄ばみを白っぽくキレイに色落ちさせることができるのが紫シャンプー。リッチモイスチャー仕様なのでブリーチによって傷んだ髪のキシミも抑えてくれる。

「オレンジ・イエロー」でフレッシュな印象に

▼もみあげ部分だけにオレンジをいれて

明るいオレンジなのでもみあげ部分だけでも存在感ばっちり。インナーカラーをしっかり見せたい日はアップ髪にして、インナーカラーをメインにしたヘアアレンジを楽しんで。

▼フレッシュなオレンジで明るさプラス

こちらは、オレンジベージュにフレッシュなオレンジカラーを合わせた馴染ませカラー。全体的なベースをオレンジで統一することでやり過ぎ感が出ないので、発色のいいオレンジでも手が出しやすい。

▼やわらかブラウンにイエローを馴染ませて

イエローは単体だとぱっきりして派手な印象になりがちですが、やわらかブラウンに忍ばせることで上手く馴染んでやさしい印象にチェンジ。エアリー感のあるボブとの相性もバツグン。

アンナドンナ(annadonna)

エブリ カラートリートメント(オレンジ)

こちらのカラートリートメントは退色防止はもちろん、退色してしまったカラーを元に近い状態に戻せるのが特徴。使えば使うほど濃く色が入り、使用をやめれば一週間ほどで元の髪色に戻ります。仕上がりがしっとりさらさらになるのも嬉しい。

エンシェールズ(Ancels)

エンシェールズカラーバター(ネオンイエロー)

色補充するならカラーバターが一番色が入りやすいです。エンシェールズのカラーバターの成分は90%以上がヘアトリートメントで出来ているので、ヘアケアをしながらヘアカラーができるのがいいところ。ただ徐々に染まるのではなく一度のカラーで発色するので、まずは試し塗りしてから使うのがおすすめ。

自然派さんは『落ち着いたトーン』を選んで

オフィスでも楽しめるようなカラーを求めてる自然派さんには落ち着いたトーンをご紹介! カラーだけではなく染める範囲にも気を付けて、さり気ないオシャレを楽しみましょう。

「グレー」ならさり気なく取り入れられる

▼グレーアッシュでこなれ感を

耳まわりに入れたグレーアッシュはちらっと見えてかわいいのはもちろん、あまり目立たないので取り入れやすいカラーです。シンプルだからこそ上級者のようなこなれ感が出せる。

▼ホワイトグレージュなら透明感アップ

透け感のあるホワイトグレージュは黒髪ロングヘアでも透明感が出てピュアなイメージに。しっかりと髪をまとめればインナーカラーは隠せるのでオフィスでも挑戦しやすい。

エンシェールズ(Ancels)

エンシェールズカラーシャンプー(シルバー)

色落ちしやすいグレーやシルバーにはシルバーシャンプーを使ってカラーを長くキープ。またシルバーシャンプーにはくすませ効果もあるので、グレーやシルバーカラーにする前のベース作りにも役立つアイテム。

「ブラウン・ベージュ」なら初心者でも挑戦しやすい

▼ブラウンでナチュラルな印象に

もっとも一般的なブラウンをあえてインナーに持ってくることで、意外性が出て簡単にこなれ感を演出できます。全体が黒髪でもインナーをブラウンにすれば明るい顔うつりになる。

▼白っぽいベージュであか抜けて

重たく見えがちな黒髪に白っぽいベージュを投入することで軽やかにブラッシュアップ。耳下にカラーを入れているので耳にかけるだけで隠れるのがいい。

▼ベージュで女性らしさプラス

ペールベージュは女性らしくやわらかな印象に。馴染みやすいよう全体をブラウンに整えれば、目立ち過ぎないインナーカラーの完成。

シュワルツコフ プロフェッショナル(Schwarzkopf Professional)

BCクア カラースペシフィークサロンコンティニュー(トリートメント)

染めたてのキレイな色とツヤを長く楽しみたい、そんな方へおすすめのトリートメント。キューティクルが剥がれるのを防止、そして内部のタンパク質を補充することでしっかりとケアを行います。洗い上がりはしっとりやわらかに。

【入れ方】インナーカラーどこに入れる?

インナーカラーと一口にいっても、入れ方は一つじゃないんです。インナー全体に入れたり、耳まわりだけに入れたり、イメージによって染め方は変わります。全体の色とインナーの色の合わせによっても雰囲気はがらりと変わるので、自分好みのカラーを見つけてチャレンジ!

耳の上に入れてちらっと見え

▼暗髪にピンクパープルで大人っぽく

耳まわりに入れるインナーカラーのことをイヤリングカラーといいます。トップの髪を耳にかけると見えるけど、髪を下せば隠れるので初心者さんにおすすめのインナーカラー。ピンクパープルは人気の高いカラーなので一度は挑戦したい!

▼ロングヘアでも耳まわりだけなら派手になりすぎない

ロングヘアならインナー全体より一部分に入れることで派手になり過ぎず馴染みやすい。シアベージュに染めることで黒髪も軽やかなスタイリングに。

インナー全体にいれて存在感を

▼黒髪の中にブロンドを忍ばせて

ボブの長さであればインナー全体に色を入れてもきつくなり過ぎないのが◎。憧れのブロンドもインナーカラーなら簡単にチャレンジできるのが嬉しい。

▼淡い色同士で馴染ませカラー

一見派手な組み合わせでもパステルトーンで合わせればすっと馴染む。ベージュ×ライトパープルで個性を出しつつ、女性らしいマイルドな印象に着地。

【ヘアアレンジ】でもっとかわいくチェンジ!

ここでは、レングス別にヘアアレンジを提案! プライベートでも、オフィスでも、ヘアアレンジ一つで気軽に楽しめるのでぜひトライして。

「ボブ」のアレンジ

▼簡単ハーフアップ

インナーカラー自体がアクセントになるので、ゆるっとハーフアップにするだけであか抜ける。お団子でくくれば、インナーカラーが隠れずはっきり見えて存在感アップ。

▼ロープ編みでハーフアップ

簡単オシャレ見えにするなら、くるくるねじるだけのロープ編みを取り入れて。インナーカラーをロープ編みに混ぜることでよりインナーが映える。

「ロング」のアレンジ

▼緩くお団子で纏めて

もみあげ部分のインナーカラーを目立たせるなら、全体をお団子にまとめてインナーカラーをおくれ毛として引き出すのがコツ。おくれ毛を軽く巻くことでルーズなのに洗練された雰囲気に。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW