BEAUTY

【クッションファンデの使い方】 塗り方〜パフの洗い方まで完全ガイド

2019/10/09

《ツヤ感》や《時短メイク》など、他のファンデーションにはない魅力をたくさん持った『クッションファンデ』。今ではすっかりなじみのあるファンデーションですが、まだまだ「詳しい使い方」を知らない人も多いはず。ここでは、クッションファンデの《特徴》から《塗り方》、《メイク直しの仕方》《長く使うためのワンテク》《パフの洗い方》《おすすめアイテム》まで徹底的にレクチャーします。この記事を読めば、クッションファンデについては完璧! ぜひ参考にしてみて。

『クッションファンデ』と他のファンデの違いとは?

一見使いこなすのが難しそうな『クッションファンデーション』ですが、実はリキッド・パウダーファンデーションに勝るメリットがたくさんあります。さっそく、他のファンデーションとの仕上がりの違いを見ていきましょう!

【クッションファンデのメリットは……?】

  1. ツヤ肌に仕上がる
  2. 保湿効果が高い
  3. 化粧直しの仕上がりがきれい
  4. 時短メイクが叶う
  5. 仕上がりがナチュラル

▼《リキッド・パウダーファンデの塗り方》は下の記事をチェック!

「塗り方・メイク直しの仕方」&「ワンテク」

クッションファンデの特徴を理解したら、次に「塗り方」と「メイク直しの仕方」をマスター! よりきれいに塗るためのコツや、ファンデが少なくなってきたときに使える復活法など「ワンテク」もレクチャーするので、ぜひ参考にしてみて。

「塗り方」と「キレイに塗るコツ」

《1》ファンデーションをパフ半分にとる

《2》頬の中心から外側に向かって「タップ」しながらつける。額も同様に中心から外側に向かってタップ。

【POINT!】
・パフはスライドさせない
・皮脂の出やすいTゾーンは薄く塗る

《3》鼻周りや目周りを押さえるようにカバーする。

【POINT!】
小鼻のような細かい部分は、パフを半分に折って指で押さえるようにすると密着力UP!

「メイク直し」の仕方

《1》皮脂などでヨレてしまった部分をティッシュオフ
《2》パフでスタンプのようにポンポンとなじませる
《3》お好みで仕上げにフェイスパウダーをのせる

こんな使い方も! 「ワンテク2選」

【1】ブラシでつける方法もある!

《1》ブラシにファンデーションをふくませる
《2》頬と額は顔の中心から外側へ、鼻は上から下へブラシを滑らせるように伸ばす
《3》毛穴が気になる箇所はブラシを上下に動かすとカバーしやすく◎

次ページ> 「下地・仕上げ」は必要?
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW