FASHION

デッキシューズコーデ【レディース13選】ダサ見えしない履きこなし方を徹底レクチャー!

2019/09/19

子どもっぽさが出てしまったり、なんとなく野暮ったくなったりしてしまってコーディネートに困りがちなデッキシューズ。しかし実は、種類もカラーも豊富で、オールシーズン使える優秀なアイテムなんです。デッキシューズの特徴や素材をうまく使いこなして、おしゃれに履きこなすコツを紹介! 季節別オススメコーデも解説します。

デッキシューズとは

デッキシューズとは本来、ボートやヨット、船の甲板(デッキ)で履く靴のこと。履き口の周りにぐるっと紐が通されて足首を閉められるようになっていたり、アウトソールに滑り止めの溝が刻まれていたり、水に濡れた甲板でも足を取られない作りになっています。
一枚革で繕われたモカシンタイプのものや、浅めの履き口もデッキシューズの特徴です。最近ではモカシンシューズが代表的な存在となっており、さらにデッキシューズの特長を踏まえた「デッキスニーカー」が登場するなど、種類の幅が広がっています。

ダサく見せない!おしゃれに履きこなす《3つのコツ》

デザイン自体はかわいいのに、なぜかダサ見えしてしまいがちなデッキシューズ。《3つのコツ》をおさえれば、おしゃれに大変身。靴箱で眠っているデッキシューズだってヘビロテ間違いなし! 野暮ったさを払拭するには、この3つを意識してみて。

【1】「色合わせ」にこだわる

▼ブルー系コーデ×ネイビーデッキシューズ

デッキシューズのなかでもモカシンタイプはカラーが豊富。ファッションに合わせて靴の色を選んでみて。ワントーンで揃えるも良し、補色コーデを楽しむもよし。カラーがカチッとハマるだけで、こなれ感が一気にアップ。

【2】「靴下」はスタイル別に選んで

▼素足を魅せる

なんと言っても「三首」のひとつの足首や、脚の甲が出せる浅口のデザインがデッキシューズの魅力。素足を出してヘルシーな色っぽさを演出してみて。パンプス用の靴下を着用すれば、足ムレ対策もバッチリ。

▼チラ見せの靴下がポイントに

デッキシューズに合わせた靴下のオシャレを楽しむのも◎。 ボトムスの裾から覗く靴下のカラーや柄で個性をプラス。コーデ全体の差し色として使うと、はっと目を引く足元に。

【3】デッキシューズの「素材」を重視

▼キャンパス地

キャンパス地のデッキスニーカーで多く履かれているのが「デッキスニーカー」。カジュアルスタイルやスポーティなファッションにオススメの素材。シルエットやデザインもスニーカー要素が強いので、コーデに取り入れやすいのが嬉しいところ。

▼レザー地

なかでも有名なのは、ローファーのような形をした柔らかい一枚革でできた「モカシンシューズ」。ボヘミアンなデザインのカジュアルなものから、ガチっとした革のトラッドなものまで種類も豊富。

【春夏】コーデ

モカシンのふわふわとしたフォルムやその素材から、秋冬のイメージが強いデッキシューズ。けど、衣類が薄くなったり軽くなったりする春夏は足元を魅せる絶好のチャンス。みんなが遠ざかる季節にこそ、爽やかに履きこなして周りと差をつけて。

パンツスタイル

▼柔らかいシルエットで軽やかな春の装い

ブルーのストライプブラウスが春らしいナチュラルなコーデに、キャメルカラーのデッキシューズを。暖かみのあるカラーをセレクトしたことで、爽やかながらも春っぽい温もりのある印象に。

▼目が覚めるようなブルーの爽やか夏スタイル

ロールアップしたオーバーオールにブルーのデッキシューズを合わせたトーン重視のコーデ。あえてビビットなブルーを使ってより印象的に。ちなみに、ブルー系のデッキシューズにはホワイトのトップスがほぼ例外なくベストマッチ。組み合わせに困ったら真似してみて。

スカートスタイル

▼足元に彩りを添えたデニムスカートコーデ

デニムとモカシンのボヘミアンで可愛い組み合わせ。トップスからボトムスまでをネイビーでシンプルにまとめ、足元にそっと色付け。オレンジの靴下とグレーのデッキシューズがマッチして、コーデが華やぐ着こなしに。ヘアバンドやベルトといった小物使いにもこだわって。

▼上品なセットアップの外しアイテムに

落ち着いたサマーニットのセットアップに、スリッポンタイプのデッキスニーカーで大きく外した斬新なコーデ。シューズと同じ色のバッグで統一感を出しながら、個性的な組み合わせがおしゃれ上級者の雰囲気を醸し出してくれる。

【秋冬】コーデ

アイテムの数も増えて、着ぶくれやコーデのマンネリ化が不安な秋冬ファッション。旬のデッキシューズを取り入れた、新鮮な着こなしを紹介。「かわいい」も「カッコイイ」も自由自在に操って、おしゃれを楽しんで。

パンツスタイル

▼小物とシューズを秋色であわせて

ネイビーのパンツとキャメルカラーのデッキシューズがグッドバランス。よくあるボーダーカットソーのコーデも、ハット・バッグ・シューズの三点を同じカラーでまとめるだけで一気にこなれた印象に。

▼大人コーデ×デッキスタイルスニーカー

細身の黒パンツに、レザーデッキスタイルスニーカーを合わせた大人の辛口コーデ。ワッフルニットで柔らかなシルエットも取り入れながら、甘辛バランスを調節して。

スカートスタイル

▼シャツを合わせてきちんとコーデ

ギンガムチェックのシャツにカーディガンを羽織って、トラッドな装いに。スカートのテラコッタカラーがよりいっそう季節感を感じさせる。モコモコのバッグとインナーボアのデッキシューズでキュートさをプラス。

▼フレアスカートでガーリーコーデ

膨張しがちなオールホワイトコーデは、濃いめの色使いで締めてみて。アウターとデッキシューズのネイビーが、ふわふわのシルエットを程よく引き締め。色はしっかり合わせると◎。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW