FASHION

カイア・ガーバーの私服が、可愛すぎる31の証拠【スナップ】

2019/10/02

奇跡の2世モデルとして今大注目のカイア・ガーバー(Kaia Gerber)。並外れたスタイルと魅力的なフェイスで“Itガール”への階段を駆け上がった彼女は、ファッションアイコンとしても有名に。今回は、そんな彼女のオシャレな私服スナップを一挙大公開。 ベーシックなアイテムを着回ししつつ旬のテイストを盛り込んだ彼女のスタイルは、今すぐ真似したくなること間違いなし!

【プロフィール】母・身長・デビューのきっかけ

写真:Shutterstock/アフロ

名前:カイア・ジョーダン・ガーバー(Kaia Jordan Gerber)
生年月日:2001年9月3日
出身:アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス
身長:175cm

母は元祖スーパーモデルのシンディ・クロフォード

写真:Shutterstock/アフロ

カイアの母親は、90年代のモデル界を牽引したシンディ・クロフォード(Cindy Crawford)。1993年には『ピープル誌』の「Most Beautiful People, 1993」を受賞し、1995年にはモデル報酬所得者のトップになるなど、世界のスーパーモデルとして当時大活躍。カイアの完璧なスタイルは母親譲り......!?

写真:Splash/アフロ

シンディ&カイア親子はとっても仲良しなことで有名! 2人でショッピングに出かけたり、パーティーに登場する姿も度々キャッチされていて、まるで友達のよう。センスも抜群のモデル親子、並んで歩いているだけでもサマになる!

写真:Shutterstock/アフロ

カイアの父親は、元モデルで現在は実業家として活躍するランディ・ガーバー(Rande Gerber)。ランディとカイアが2人でショッピングやカフェに出かける様子も頻繁にキャッチされていて、こちらもかなり仲が良い様子!

身長175cm。脚が長すぎると話題に

写真:Splash/アフロ

身長は175cmと、モデルのなかでは平均的。しかし彼女の魅力は、ズバ抜けた脚の長さと細さ! ウソみたいに完璧なスタイルをもつ彼女だが、「痩せすぎ!」と心配の声も......。

13歳でモデルエージェンシーのIMGと契約

写真:Backgrid/アフロ

カイアが初めてレッドカーペットを歩いたのはなんと5歳の時。母親の仕事についていくことも多く、華やかな舞台に慣れていた彼女は幼い頃から雑誌のグラビアにも何度か登場していたよう。13歳になり、大手モデル事務所IMGと契約し、正式にモデルとしての人生がスタートした。

2018年ランウェイデビューを果たし、「イットモデル」に

写真:Shutterstock/アフロ

16歳になったカイアは、2018年のNYファッションウィークでついにランウェイデビュー! カルバン・クライン(CALVIN KLEIN) のステージを皮切りに、アレキサンダー・ワン(Alexander Wang)やマーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)を含む5つの大手ブランドのショーに登場。

初のランウェイとは思えない堂々としたウォーキングに、モデル界の先輩であるベラ・ハディッド(Bella Hadid)やエルザ・ホスク(Elsa Hosk)もインスタグラムを通して称賛の声を送った。このファッションウィークがきっかけで、カイアは今最も旬なモデルを表す「イットモデル」として有名に!

2歳年上の兄はイケメンモデル、プレスリー・ガーバー

写真:Shutterstock/アフロ

2歳年上の兄、プレスリーガーバー(Presley Gerber)もカイアと同じくモデル界で活躍中。仲のいい兄妹で有名な2人だが、兄のプレスリーは妹を溺愛するあまり、カイアの名前のタトゥーを入れてしまったのだとか!

【私服スナップ】洗練されたシンプルスタイル

新ファッションアイコンとしても注目されているカイアは、実はかなりの着回し上手! シンプルで真似しやすく、トレンド感もばっちりな彼女の私服スナップを早速チェックしてみて。

【1】チェックジャケットでこなれたカジュアルルックに

写真:Backgrid/アフロ

カイアのお気に入りブランド、リダン(RE/DONE)のストレートデニムに、メイドウェル(Madewell)のチェックジャケットを合わせた秋先取りスタイル。全体的にシルエットがルーズな分、トップスはタイトなクロップドTシャツを合わせて引き算するのがお約束。ステラ・マッカートニー(STELLA McCARTNEY)のロゴバッグがアクセントになってGOOD!

【2】華奢なワンピースはあえてハンサムなアイテムと合わせて

写真:Backgrid/アフロ

カイアのファッションに必要不可欠なカイト(Khaite)のツイードジャケット。メンズライクなシルエットのジャケットをセクシーなキャミソールワンピースと合わせてこなれ感たっぷりにスタイリング。足元はコンバース(CONVERSE)のスニーカーで力を抜いて。

【3】親近感溢れるシンプルルック

写真:Splash/アフロ

ブランディーメルビル(Brandy Melville)のVネックカーディガンに、細身のチノパンを合わせた知的なカジュアルスタイル。カーディガンは一枚で着てデコルテを見せることで女性らしい華奢さがアピールできて◎。

【4】赤が映えるトラッドスタイル

写真:Splash/アフロ

カイト(Khaite)のツイードジャケットにリダン(RE/DONE)のカットオフデニムを合わせたダークトーンコーデに、クロエ(Chloé)のショルダーバッグで差し色をON。足元はジミーチュウ(Jimmy Choo)の白のレースアップブーツで抜け感をだし、コーデのトーンを上げて。

【5】バケットハットを取り入れた旬スタイル

写真:Backgrid/アフロ

ジャケット×デニムのお気に入りスタイルでニューヨークをお出かけ中のカイアをキャッチ。アレキサンダー・ワン(Alexander Wang)のグレーのダブルブレストジャケットの緊張感をほどいてくれるのはやっぱりリダン(RE/DONE)のデニム。プラダ(Prada)のバケットハットでトレンド感も満たして。

【6】クールな女っぽさが溢れるオールブラックコーデ

写真:Splash/アフロ

ダニエル・キジオ(Danielle Quizio)のストライプジャケットに、黒のキャミワンピースを合わせたハンサムでセクシーなスタイル。足元には、ドクターマーチン(Dr. Martens)の3ホールをチョイスしてエッジを効かせて。ゴールドアクセサリーやシャネル(CHANEL)のミラーサングラスが華やかなアクセントになって◎。

【7】強気なアイテムを組み合わせたストリートカジュアル

写真:Shutterstock/アフロ

アレキサンダー・ワン(Alexander Wang)のブルゾンに、オーマイティー(O-MIGHTY)のチェックパンツを合わせたストリートスタイルでパリの街に現れたカイア。トップスはミスビへイブ(MISBHV)の真っ赤なロゴ入りニットをチョイスしてキレのある着こなしに。

【8】小粋なモノトーンスタイル

写真:Splash/アフロ

黒のスウェットシャツに、リダン(RE/DONE)のストレートデニムを合わせたシンプルスタイル。大胆なダメージ加工でほどよく肌見せ部分をつくることで、全身黒コーデも重たくならず◎。足元は白のコンバース(CONVERSE)で抜け感をつくって軽快に。

【9】千鳥格子ジャケットを主役に

写真:Splash/アフロ

千鳥格子柄のジャケットにハドソン(Hudson)のレザーパンツを合わせたモノトーンコーデでパリコレの衣装合わせに向かうカイア。ゴールドのアクセサリーと白フレームのサングラスでレトロな雰囲気にまとめて。

【10】バランスのとれたハンサムスタイル

写真:Splash/アフロ

ダニエル・キジオ(Danielle Guizio)のメンズライクなジャケットを、デニムショートパンツと合わせて好バランスに着こなしたカイア。大胆に脚を見せて女性らしさを漂わせつつ、ボリューム感のあるナイキ(NIKE)のスニーカーでラフにフィニッシュ。

【11】パジャマパンツもスタイリッシュに

写真:Backgrid/アフロ

オーマイティー(O-MIGHTY)のパジャマパンツを知的な黒のロングコートと合わせてスタイリッシュに着こなしたカイア。トップスは白のクロップドTシャツをチョイスして抜け感をだしつつ、ヘルシーな腹筋をチラ見せ。足元はお決まりのコンバース(CONVERSE)のスニーカーでエフォートレスな装いにまとめて。

【12】優しげなベージュできちんと感漂うカジュアルルック

写真:Backgrid/アフロ

NYファッションウィーク最終日のカイアをキャッチ。エーエルシー(A.L.C.)のチェックコートとカイト(Khaite)のベージュカシミアニットで優しげにまとめたら、ボトムスは辛口なブラックデニムをチョイスして野暮見えを回避。黒のレースアップブーツで足元を引き締めたら、品の良いカジュアルスタイルの完成。

【13】センス溢れるテイストMIXコーデ

写真:Splash/アフロ

NYファッションウィークに向かうカイア。アレキサンダー・ワン(Alexander Wang)のロゴTシャツにサイクリングパンツを合わせたアクティブなスタイルに、カイアお得意のかっちりしたとストライプジャケットをON。足元はボリューム感のあるスニーカーブーツでさらにスタイルアップを狙って。

【14】温もりのあるカジュアルルック

写真:Shutterstock/アフロ

白のタートルネックニットにリダン(RE/DONE)のストレートデニムを合わせた90年代風スタイルでパリの街を歩くカイアをキャッチ。ニットに合わせて足元も白のレースアップブーツをチョイスして優しげな雰囲気にまとめて。

【15】強気なトップスでつくる辛口スタイル

写真:Splash/アフロ

セクシーなブラウンのカットアウトトップスは、カイアだからこそヘルシーに着こなせるアイテム。リダン(RE/DONE)のライダースジャケットを重ねて辛口にまとめたら、ライトブルーのデニムでコーデの緊張感を和らげて。

【16】茶目っ気を感じる真冬スタイル

写真:Splash/アフロ

ブルーのジオメトリック柄ニットにストレートデニム、プラダ(Prada)のスエードコートを合わせたスタイルでNYをお出かけ中のカイア。ニットの色味に合わせて足元は真っ赤なコンバース(CONVERSE)のハイカットスニーカーをチョイス。黒のスクエアサングラスとレザーの手袋でほっこり感を見事に払拭。

【17】ほどよくシルエットが引き締まった辛口スタイル

写真:Shutterstock/アフロ

パリで行われたファッションウィークでのカイアをキャッチ。リダン(RE/DONE)のライダースジャケットに、ネイビーのタックパンツを合わせてメンズライクに。トップスはストライプのシャツを合わせてメリハリをつけて。足元はコンバース(CONVERSE)のハイカットスニーカーで力を抜くのがカイア流。

【18】知的なシンプルルック

写真:Splash/アフロ

リフォーメーション(Reformation)のチェック柄ロングコートに黒のタートルネックニット、ブルーデニムを合わせたグッドガール風のスタイル。ヘビロテアイテムのジミーチュウ(Jimmy Choo)のレースアップブーツで足元にエッジを効かせ、脱ベーシックを狙って。

【19】半袖カーディガンを今っぽくヘルシーに

写真:Splash/アフロ

ちょっぴりレトロな半袖カーディガンも、リダン(RE/DONE)のハイライズデニムと合わせれば今っぽい着こなしに早変わり。カーディガンはボタンを開けて大胆に肌見せすることでこなれた印象に。持ち手が可愛らしいカルトガイア(Cult Gaia)のバッグがアクセントになって◎。

【20】オリーブグリーンのシャツをレディに

写真:Splash/アフロ

リダン(RE/DOME)のハイライズデニムに、オルセンド・アイリス(Orseund Iris)の開襟シャツを合わせたカジュアルルックでお出かけ中のカイアをキャッチ。メンズライクなシャツも前を開けてサラッと羽織ることでレディな印象に。足元はパイソン柄のパンプスで旬なムードを漂わせて。

【21】ティーンらしいキュートな柄トップスを主役に

写真:Backgrid/アフロ

リアゼーションパー(Realisation Par)のキュートなさくらんぼ柄トップスに、リダン(RE/DONE)のデニムショートパンツを合わせたレトロカジュアルスタイルでマリブをお散歩中のカイア。ヘルシーな肌見せがティーンらしくて◎。

【22】かっちりジャケットでコーデを引き締め

写真:Splash/アフロ

リダン(RE/DONE)のデニムショートパンツにヴェロニカ・ベアード(Veronica Beard)のネイビージャケットを合わせた大人カジュアルルック。足元は定番のコンバースを合わせて好感度高めなスタイルにまとめて。

【23】大胆な肌見せでクールにキメて

写真:Backgrid/アフロ

アーユーアムアイ(Are You Am I )のクロップドトップスにフレーム(FRAME)のチェックワイドパンツを合わせたモデルらしいクールなスタイル。コーデのアクセントになる黒のチェーンミニバッグはアレキサンダー・ワン(Alexander Wang)のもの。

【24】フォトTシャツが主役のボーイッシュスタイル

写真:Backgrid/アフロ

父親のランディ・ガーバーとLAでショッピング中のカイア。ブランディーメルビル(Brandy Melville)のフォトTシャツには、リダン(RE/DONE)のダメージデニムを合わせて王道カジュアルスタイルに。ラフなスタイルでもばっちりキマるのが彼女のすごいところ。

【25】スポーティーなトップスをデニムで馴染ませて

写真:Splash/アフロ

ランウェイ出演前のカイアをミラノでキャッチ。彼女の完璧なスタイルを引き立てるプラダ(Prada)のタイトなクロップドトップスには、カジュアルなハイライズデニムを合わせてアクティブにまとめて。足元はコンバース(CONVERSE)のハイカットスニーカーでリラックス感をプラス。

【26】総レーストップスをデニムでカジュアルに

写真:Splash/アフロ

着こなしが難しそうなアーユーアムアイ(Are You Am I)の総レースクロップドトップスも、カイアの手にかかればヘルシーなカジュアルスタイルに落とし込める。お気に入りのリダン(RE/DONE)のストレートデニムでラフにまとめつつ、プラダ(Prada)のハンドバッグでコーデに箔をつけて。

【27】甘めワンピも大人な雰囲気に

写真:Splash/アフロ

ブランディーメルビル(Brandy Melville)の小花柄ラップワンピースにジミーチュウ(Jimmy Choo)の黒のレースアップブーツを合わせた甘辛スタイル。ガーリーなワンピースは辛口小物と合わせてとことんクールに着こなすのがカイア流。

【28】ボブヘアと相性抜群なレトロコーデ

写真:Backgrid/アフロ

リフォーメーション(Reformation)のギンガムチェックのミニワンピースに、コンバース(CONVERSE)のハイカットスニーカーを合わせた無邪気な夏スタイルで母とのお出かけを楽しむカイアをキャッチ。子供っぽくならないよう、プラダ(Prada)のハンドバッグとサングラスで大人なスパイスをひとさじ加えて。

【29】リラックス感たっぷりなガーリースタイル

写真:Splash/アフロ

爽やかなブルーの小花柄ワンピースもリフォーメーション(Reformation)のもの。深めに入ったスリットから覗く美脚でヘルシーさをアピールしつつ、ミュウミュウ(Miu MIu)のピンクのサングラスで遊び心も忘れずに。

【30】ピュアな魅力が引き立つワンピーススタイル

写真:Backgrid/アフロ

可憐な白の小花柄ワンピースでファッションイベントに登場したカイア。ワンピースが甘めな分、小物は辛口なものをチョイスするのがお約束。お気に入りのプラダ(Prada)のハンドバッグと黒のミドルブーツでガーリーさを程よくセーブ。

【ドレススナップ】抜群のスタイルをアピール

ここでは、ファッションイベントなどで披露されたカイアのドレスルックをチェック。奇跡のスレンダーボディーに目を奪われるはず......!

写真:Splash/アフロ

ベルリンで行われたオメガ(OMEGA)のイベントに出席したカイア。彼女の超スレンダーボディがあってこそ着こなせるリトルブラックドレスは、ヴェルサーチ(VERSACE)のもの。足元はヌーディーなストラップサンダルをチョイスして奇跡の美脚をアピールして。

写真:Shutterstock/アフロ

ロンドンで行われた「The Fashion Awards 2018」でモデル・オブ・ザ・イヤーを受賞した際のカイアのドレスルック。アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)の大胆なカットアウトドレスで美しいボディを惜しげもなく披露!

写真:Shutterstock/アフロ

こちらは「The Fashion Awards 2017」でのカイア。たっぷり施されたフリルが可愛らしい淡いラベンダーカラーのドレスはラルフ&ルッソ(RALPH&RUSSO)のもの。ほどよく肌見せできるデザインで、大人っぽさも引き出せる一枚。

【デートルック】イケメン恋人、ウェリントン・グラントと

カイアの恋人は4歳年上の売れっ子メンズモデル、ウェリントン・グラント。仕事柄、各地で行われるファッションイベントの合間を縫って2人で出かけることが多いよう。絵になる美しい2人のスナップと、超クールなカイアのデートルックをチェック!

写真:Shutterstock/アフロ

パリで行われたファッションウィークの合間にデートへ出かけた2人をキャッチ。グリーンのスエードジャケットに、黒のワイドパンツ、サカイ(sacai)とナイキ(NIKE)のコラボスニーカーを合わせ、彼に負けないハンサムスタイルにまとめたカイア。がっちり腕を組んで歩く2人が可愛らしい!

写真:Splash/アフロ

ファッションウィークでミラノを訪れた2人はナイトアウトへ。黒のテーラードジャケットにサテンのキャミソール、ストレートデニムを合わせた大人スタイルでキメたカイア。ティーンとは思えない余裕を感じるデートルック、さすがとしか言えない!

写真:Backgrid/アフロ

ニューヨークコレクションの会場でキャッチされた2人。お気に入りのカイト(Khaite)のツイードジャケットにライトブルーデニムを合わせ、カジュアルにまとめたカイア。ベンデイビス(Ben Davis)のニット帽で茶目っ気をプラスすれば、一気に若々しいスタイルへとシフト。

テイラー・ヒルの私服もCheckする

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW