FASHION

ダサい…!この秋、“カーキ”に合わせてはいけない色を発表

2019/09/22

秋を感じる時期になると、ついつい手にとってしまうカラーと言えばカーキ。まだ暑さが残るものの、カーキを投入するだけで季節感がシフトできるのが嬉しい。今年は、そんなカーキにどんな色を合わせると今っぽく仕上がる? お手本ルックを早速チェック。

こんな色と組み合わせるのは避けて!

  • やりがちなのが、カーキ×ピンク。カーキのブルゾンにピンクのスカートの組み合わせをとくにやりがちだけれど、10代後半から幅広くいろんな人が取り入れている組み合わせだから、若作り感が出てしまいそう。
  • オレンジやマスタードといった、目立つ秋色との組み合わせは今年は避けておきたい。引き続き白や黒、ベージュといったベーシックカラーと合わせるのが流行中。

カーキに合わせる今年の色はこれ!

トラッドに焦点が当たっている今、ベーシックな黒を迎えてカーキをミニマムに着こなしたい。カーキのシャツワンピースは、ロング丈を選んで縦長シルエットを強調。

カーキ×ブラックの配色も、ドット柄を選ぶことで糖度抑えめなフェミニンルックに。足元には大人らしさが引き出せるボルドーカラーが好相性。

カジュアルなカーキベイカーパンツには、落ち感のある白のカットソーを合わせて大人カジュアルに昇華。コンパクトな黒小物は、レザーをチョイスして秋らしさを意識。ハンサムな配色だからこそ、アクセサリーはシルバーを選ぶのが吉。

光沢のある素材が洗練感を醸し出すライトグレースカートも、カーキとの相性バッチリ。相思相愛な配色の邪魔をしない白アイテムを投入して、統一感のあるコーデをメイク。

秋冬もトレンド続行なベージュ。柔らかな色をクールなカーキと合わせることで互いを引き立たせる作用をON。パンツの色とリンクさせたベルトを投入して、メリハリシルエットを作れば美バランス。

他の記事もCheck!

▼おすすめ記事はこちら

▼こちらもおすすめ

\お好きなコーデは見つかりましたか?/

Instagramに【#mineby3mootd】で投稿されたコーデ写真から、ピックアップして紹介します!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW