LIFE STYLE

彼氏のことが大好きすぎる!彼氏と長続きするにはどうすればいい?

2019/09/10

堂々と「彼氏が大好き」と言える女性はキラキラしてみえます。しかし、彼氏が大好きすぎて不安を抱える人もいるようです。今回は、彼氏と長くラブラブでいるコツや気持の伝え方、不安の対処法などを紹介します。遠距離恋愛中の人も参考にしてください。

彼氏に大好きという気持ちの伝え方

お付き合い中の彼氏を大好きでいられるって、とても幸せなことですよね。しかし、その気持ちをうまく彼氏に伝えられない人もいます。

大好きな彼氏にどのように気持ちを伝えればよいのでしょうか。

「大好きだよ」とストレートに

一番伝わりやすいのは「大好きだよ」とストレートに言葉にすることです。言葉には、言霊があると言われていますよね。大好きだよと口に出すことで、さらに気持ちが高まったり、一層好きになれる出来事が起こったりするものです。

どうしても口にするのが苦手な人はLINEや手紙で伝えるのもいいでしょう。どのような形であれ、しっかり言葉にして気持ちを伝えてくれる相手とは、信頼関係が築きやすいものです。

また、彼氏が「大好きだよ」と言ってくるのは、あなたにも言われたいからかもしれません。「大好き」が口にしづらければ「私もだよ」といった伝え方で、愛情を示すのがおすすめです。

スキンシップで愛情表現

「大好き」と言葉にするのがどうしても苦手な人は、自分から手をつないだり、ボディタッチをするのも自然と愛情が伝わるでしょう。スキンシップは、直接五感に訴える愛情表現です。

スキンシップをとると相手の香りや体温に直に触れるので、存在をより身近に感じることができます。言葉はなくても肌を通して愛情が伝わることもあるでしょう。恥ずかしがらずに女性から肌を触れあわせていくのもおすすめです。

彼氏が大好きなこの状態はいつまで続く?

今現在、彼氏が大好きな人は、その反面いつまでこの気持ちや状況が続くのか不安に思うかもしれません。

一般的なラブラブ期間の長さと長続きさせるコツを見ていきましょう。

幸せなラブラブ期間は人それぞれ

ラブラブカップルでもいずれは倦怠期が訪れるといわれていますよね。倦怠期は3カ月・半年・1年目など節目を迎えるときに直面するカップルが多いそうです。

しかし、必ずしもすべてのカップルが倦怠期を迎えるとは限りません。中には、付き合って1カ月程度で別れてしまうカップルもいますし、何年経ってもラブラブなカップルもいます。

幸せなラブラブ期間は、その人の性格や2人の相性によってそれぞれだといえるでしょう。では、どのようにすれば、ラブラブ期間が長続きするのでしょうか。

記念日などのイベントを大切にする

カップルにとってイベントごとは大切なものです。誕生日・クリスマス・バレンタインデーなど、イベントのたびに、派手ではなくても思い出に残る過ごし方ができると、「一緒に祝えてよかった」「来年も同じ相手と過ごしたい」と気持ちが新鮮になり相手への愛情を再確認できます。

ただし、イベントを重要視するかどうかは、人によって異なります。彼氏と彼女の間であまりにもずれていると、気持ちが冷めるきっかけになりかねません。お互いに相手のイベントに対する熱量に歩み寄り、共に納得できるレベルで祝うことが大切といえます。

感謝の気持ちを忘れない

長く付き合っていると、彼氏にしてもらったことや彼氏の存在自体に感謝の気持ちが薄れていきがちです。しかし、日頃から感謝の気持ちを表すことは、あらゆる人間関係でとても重要といえます。

ラブラブであっても、交際中のカップルはお互いの愛情だけが2人をつないでいるという、非常にデリケートな関係性です。日頃から感謝の気持ちを忘れず、またそれを口にするように努めましょう。

また、こちらが感謝の気持ちを持って相手に接すれば、相手からも同じように感謝してもらえる相乗効果もあります。自分の存在を相手に大切だと意識されたいときほど、感謝の気持ちを表しましょう。

ときには本音をぶつけ合うことも必要

どんなにラブラブであっても、別の人間なのですから、ときには意見が食い違うこともありますよね。そんなときに引いてばかりいると息が詰まってしまいます。

場合によっては、彼氏への愛情が薄れたり、『自分ではない誰か』を演じているような気持ちになったりするかもしれません。

それでは、彼氏との交際も長続きしないですよね。 お互いに相手の立場や気持ちを思いやった上で、本音をぶつけ合うことも長くラブラブカップルでいるためには必要といえます。

自分の言い分を通すための話し合いではなく、お互いの価値観を認め合い、すり合わせるための話し合いができるとよいですね。

遠距離恋愛を長続きさせるコツも

どんなにラブラブなカップルでも、打ち勝つのがむずかしいものの一つが、『距離』といえます。遠距離恋愛中のカップルは、どんなにお互いに思い合っていても関係の維持が困難に感じるときがあるものです。

遠距離恋愛中もラブラブでいたいなら、ベースとして彼氏への全面的な信頼が必要といえます。さらに、彼氏に依存しないこと、会ったり連絡を取り合ったりする頻度をしっかりキープすることがコツです。

また、会うときの金銭や時間の負担が、彼氏・彼女のどちらかだけに偏らないように気を配りましょう。どちらか一方だけが無理をする状況が続くと愛情が薄れたりケンカになったりしがちです。会うたびに曇りのない素直な気持ちを伝えられるような関係作りをしましょう。

彼氏のことが大好きすぎて不安なときの対処法

彼氏のことが大好きすぎて、「他の女性からもアプローチされるのではないか」「彼を失ったらどうしよう」と不安になる人もいるそうです。

こうした気持ちに陥ったときには、どう対処するのがいいのでしょうか?

彼氏以外に夢中になれることを見つける

彼氏を最優先して自分のペースを大切にしていないと、無意識で不満がたまってくることがあります。些細なことで感情的になったり、相手にも同じ姿勢を求めたりしがちです。彼氏以外にもなにか打ち込める趣味や自分の時間を持つようにしましょう。

また、恋愛や仕事といった、生活の中で重要視されがちなこと以外にも楽しみをみつけ、夢中になれる人は魅力的に見えるものです。彼氏が大好きな人こそ、自分の世界を大切にしましょう。

ヤキモチをやいても冷静に

彼氏が大好きすぎて、「誰から見ても魅力的な人に違いない」くらい評価してしまうこともありますよね。口に出さない程度なら微笑ましいのですが、それが束縛や強いヤキモチにつながるようなら問題です。

彼氏といえど、友達づきあいを優先したり、他の女性とコミュニケーションをとったりすることもあるでしょう。毎回過剰に疑っていては、彼氏もあなたも身が持ちません。どんなに彼氏を独占したくても、彼氏もあなたと同じ1人の人間です。彼氏を信じて、尊重しましょう。

また、冷静になって考えてみれば、相手をそこまで束縛しなければ、つなぎとめておけないものでしょうか? 彼氏を選んだ自分を信じることが先決かもしれませんね。

彼氏と程よい距離感を保つ

お伝えしてきた、『夢中になれることを見つける』『ヤキモチを焼きすぎない』の二つと少し似ていますが、彼氏との間に程よい距離や緊張感を保つことも大切です。

2人が別の人間であると意識することで、相手への感謝や尊敬が生まれるといえます。女性として恥ずかしい姿を見せないように意識できるのも、こうした距離感や緊張感があってのものです。

また、多くの男性は、精神的に自立した女性を尊敬し、追いかける傾向があります。彼氏に愛されている自信があれば、しっかり自分の足で立ち、人生を切り拓くことができるものです。

彼氏に甘え過ぎることなく、「彼氏に愛されたから、成長できた」と胸を張って言える女性を目指しましょう。

彼氏が「大好き」と言ってくるようになるには

他にも、彼氏から今以上に愛されるためにできることはあるのでしょうか。彼氏もシャイでなかなか「大好き」と言ってくれない人にも参考になる、彼氏に「大好き!」と言わせる秘訣を紹介します。

彼氏の話に共感する

彼氏が落ち込んだときや大変なときは、励ますのも大切です。しかし、彼氏からすると、もっと求めていることがあるかもしれません。

それは、彼氏の話をしっかり聞き、共感することです。多くの男性は悩みを抱えたとき、彼女からアドバイスをもらいたいとは考えていません。一緒にいて、苦しみを分かち合ってくれるだけで支えになるのです。

また、うれしいことがあったときにも、一緒に喜んでくれるような女性だと、さらに彼の心のよりどころとなれるでしょう。いいときも悪いときも、常に彼の味方でいる気持ちが大切です。

外見の努力も怠らない

交際期間が長くなったり、彼氏が自分を大好きだったりすると、自分磨きを怠ってしまう女性も少なくありません。

しかし、彼女の自分磨きを怠らない姿勢は、男性からすると愛情表現の一つと感じることがあるようです。

ダイエットをしたり、デートの服装に気を使ったりする程度でも、彼氏からすると嬉しく、かわいらしく感じられます。彼氏にいつまでも女性として愛されたいなら、自分に手をかけることを忘れないようにしましょうね。

家庭的な尽くす女性を目指す

やはり男性は、家事スキルの高い女性を求める傾向があります。特に、料理で愛情を感じる男性は少なくありません。

もし、彼氏が自分から離れられないようにしたいなら、料理の腕を磨いて、胃袋をつかむ努力をしましょう。

また、彼氏の家に行ったときは、『玄関のドアや取っ手を拭く』『香りのよい柔軟剤を買って洗濯する』など、男性が普段気が付きにくく、ポイントが高い家事をするのも効果的です。

家庭的で尽くす一面を見せられれば、大好きな彼女から唯一無二のパートナーへと関係性が変わる日も近いかもしれませんね。

まとめ

真剣な恋愛中の女性は、彼氏のことが大好きすぎて、伝え方に迷ったり彼氏を失ってしまうのではないかと不安になったりすることがあるようです。

しかし、自分と彼氏、両方の立場や気持ちを尊重できる女性なら簡単に彼氏も手放したりはしないはずです。

手放してはいけない女性であることを彼氏に意識させるには、感謝の気持ちや自分磨きを忘れず、たとえ遠距離恋愛など困難な状況になっても彼氏を深く信用することが大切です。

大好きな気持ちをいつまでも大切に、ずっとときめく関係を維持してくださいね。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW