FASHION

クロップドパンツ【レディースコーデ25選】スタイルアップが叶う着こなしを色別にお届け!

2019/09/11

一年中使えて頼れる「クロップドパンツ」は、素材や形次第でオンにもオフにも使える優秀すぎるアイテム。そんなクロップドパンツを“おしゃれ”に“大人っぽく”に着こなすコツをお届けします! 定番の黒や白に加え、さまざまなカラーや柄のものまで幅広く見ていくので、お好きなコーデを参考にしてみてくださいね。

「クロップドパンツ 」の特徴

クロップドパンツって、他の短い丈のパンツとどう違うの? そんな疑問にお答えしていきます。

「クロップドパンツ」はこんな形

▼七分丈ほどの少しゆるめなデザイン

「クロップド」には英語で「切り取られた」という意味合いがあります。その意味のように裾丈を六分丈から九分丈などにカットしてある、やや短い丈感のパンツ。少しルーズなウエストや、絞られた裾が特徴のデザインが多く見られます。丈の短めパンツの総称に使われる場合もあります。

「クロップドパンツ」を選ぶメリット

▼体型のラインを拾いすぎない

ぴったりしすぎていないので体型カバーを求めている人にはマスト。また、足首が見えることで華奢な女性らしさを強調することが出来る。足元に抜け感が出るのでバランスよく見せることも可能で、様々な形のトップスとも相性◎。

【スタイルアップ】が叶うクロップドパンツの選び方

クロップドパンツを選ぶのに参考にしたいコツをご紹介。ポイントをしっかり抑えて、あなたにぴったりのクロップドパンツをセレクトしてみて。

背丈に合わせた長さを選ぶ

▼幼くならない丈感を意識

短すぎると子供っぽくなる心配もあるので、身長にしっかり合わせてお好みの丈選びを。よく履く靴のヒールの高さなども考慮すると◎。

体型に合ったラインにこだわる

▼豊富な種類から合うサイズを見つけて

ウエストが大きすぎて重心が下がってしまったり、太ももがパツパツに見えてしまったり……。そんなことが起こらないよう、気持ちゆとりを持たせた絶妙なラインを選択して。

色に悩んだら黒が失敗知らず

▼黒はヘビロテ間違いなしの一本に

これから購入しようと思っている人には間違いなく黒がおすすめ。ゆるっとカジュアルにもタックインで通勤にも、幅広く使える最強アイテムになること間違いなし。

【黒】でスタイリッシュに

まずは定番、黒のクロップドパンツのコーデを見ていきましょう。黒は、カジュアルからきれいめまでカバーできる大活躍のアイテム。

春夏コーデ

▼ワントーンコーデで失敗知らず

トップスも黒で合わせたオールブラックコーデ。全身黒でまとめればセクシーさを醸し出せるうえに、すっきり見えで体型カバーも叶う。白の小物で清涼感をひとさじプラスして。

▼テーパードパンツでオフィスもOK

きちんと感の強いテーパードタイプなら、きれいめスタイルを求める人にもしっかり対応。さらにシャツをタックインすればきちんと見えが叶う。

秋冬コーデ

▼ベージュを合わせて優しげに

秋はベージュ合わせでまろやか仕上げを楽しみたい。足元に女性らしいカラーをプラスして、上品な秋ムードをまとって。

▼グレーでメンズライクにまとめて

黒のパンツをとことんクールに着こなすなら、甘さのないグレーを合わせてみて。たっぷりしたニットも、足元の抜け感でオシャレにきまる。

【白】で清潔感アップ

クロップドパンツで作るきれいめスタイルなら、白をセレクトしてみて。基本のワントーンやモノクロコーデまで、垢抜けスタイルをたっぷりご紹介。

春夏コーデ

▼縦感を意識したモノトーンコーデ

インナーを白のワントーンコーデでつなげて、黒ジレを羽織ったシンプルな着こなし。白の分量も調整できるので、白のパンツは少し難しい......と思っている人にもおすすめのスタイル。

▼コーデに困ったら頼れる黒トップスをオン

合わせるトップスに迷ったらシンプルに黒を合わせて。大人っぽいきれいめスタイルが即完成。小物は茶系で柔らかくまとめてみて。

秋冬コーデ

▼白とピンクベージュで女性らしさを堪能して

ピンクベージュとの組み合わせは、白をとっても優しく仕上げてくれる。通勤にもデートにも使えそうなスタイルで、大人の甘さを楽しんで。

▼差し色にビタミンカラーをオン

すこし涼しげな印象もある白に、温もり感のあるオレンジをプラス。オレンジの印象も和らぎ、絶妙に中和されたバランスのよいスタイル。

【ベージュ・ブラウン】でこなれた印象に

オールシーズン着まわせて、ワードローブで重宝される茶系のクロップドパンツ。カジュアルすぎない、きれいめスタイルを目指してみて。

春夏コーデ

▼シャツを合わせてきれいめ仕上げ

ブラウンのクロップドパンツ合わせに悩んだら、定番の白シャツがベター。首元や袖まくりで抜け感やこなれ感を出して、地味になりすぎない着こなしを。

▼黒をコンパクトに合わせて美人シルエットに

ブラウンに黒を合わせた夏コーデ。短めのクロップドパンツは、スタイリッシュな色味合わせで子供っぽさ回避。

秋冬コーデ

▼キャメルで秋ムードを満喫

温かみのあるキャメルのクロップドパンツには、シンプルに黒を合わせて大人のリラックスコーデを楽しんで。センタープレスのデザインでカジュアルに見せ過ぎないのがコツ。

▼ベージュには濃い色でメリハリを

主張せず何にでも合わせやすいベージュだけど、秋冬には涼しげに見えてしまうことも。暖かみを感じる色を足して季節感を出し、さらにメリハリ効果も狙って。

【その他カラー・柄】で個性をプラス

使えるカラーのクロップドパンツをまだまだピックアップ。お好みのカラーや柄を見つける参考にしてみて。

「グレー」コーデ

▼きちんと見えでオフィス使いにも適任

スーツの色にもあるグレーは、きちんと見えも大人顔もお得意。野暮ったくならないよう、クロップドパンツの絶妙丈でスタイリッシュに着こなして。

「ネイビー」コーデ

▼上品な軽やかさでコーデを新鮮な表情に

黒にマンネリ感が出てきたら是非ネイビーにトライしてみて。黒ほど重くなく、色合わせもおしゃれに進化。知的なネイビーのクロップドパンツは通勤服にも最適な一本。

「イエロー」コーデ

▼ハッピーオーラをまとって

難しそうなイエローは日本人の肌に馴染みやすいので実は使いやすい。色合わせは迷ったら黒でまとめて。浮きすぎない“大人の可愛さ”が実現する。少しとろみのある上質な生地感を選ぶと、きれいめスタイルが叶いやすい。

「ギンガムチェック」コーデ

▼甘さの少ないパンツで挑戦したい

年齢を重ねると手を出しにくい“ギンガムチェック”。丈が短いので分量が少なく、裾が絞られた甘さのないクロップドパンツだからこそ取り入れやすい。モノクロスタイルに小物で色味を楽しむ、大人の遊び心あるコーデ。

「グレンチェック」コーデ

▼柄物でスタイルに変化をつけて

使いやすいグレンチェックは、一本あるとオンオフ問わず使いやすい。無地でマンネリになりがちなコーデを、トラッド風に楽しめるスタイル。

【デニム】で軽快なスタイルに

クロップドパンツは動きやすいデニム地まで、とってもバリエーション豊か。定番ブルー以外のデニムの上品コーデも必見!

「デニム」コーデ

▼スニーカーでスポーツミックス

スニーカーを合わせるなら、清涼感と抜け感がプラスできる白がベスト。動きやすいクロップドパンツとスニーカーの組み合わせなら軽いアウトドアにも◎。

▼白デニムで大人っぽい着こなしを実現

カジュアルになりがちなデニムは、白を選べば印象がガラリと変わる。抜け感が加わり、とっても爽やかな仕上がりに。

▼グレーデニムで洗練されたスタイル

クールなグレーデニムを使った、新鮮なスタイル。軽やかに仕上がり上品さも保てるので大人女子にはおすすめのアイテム。クロップド丈なら挑戦しやすいのも嬉しい!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW