BEAUTY

黒髪×韓国風メイクで美女化計画!大人の最新オルチャンメイクをマスター

2019/09/10

黒髪に似合うメイクはモードやナチュラルなどさまざまですが、今回は韓国風メイクをご紹介! 艶々した水光肌に切れ長なキャットアイ、存在感のある眉が印象的な韓国メイク。オルチャンメイクとして広く知られていますが、やってみたいけどやり方が分からない、という方も多いのではないでしょうか。ポイントさえ意識すれば、簡単に韓国美女顔になれちゃいます。普段のメイクを変えたい方やオルチャンになりたい方は要チェックですよ!

黒髪メイクなら韓国のオルチャン風で大人可愛く

10代から大人世代にまで絶大な人気を誇るオルチャンメイク。でもオルチャンってなに? どういうメイクをオルチャンっていうの? など疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。ここではオルチャンメイクの意味やポイントを解説します。

オルチャンメイクとは?

オルチャンというのは 「美少女」「美男子」という意味。顔という意味の「オルグル」と、最高という意味の「チャン」を合わせた造語です。 美人顔よりはかわいい顔を指しており、基本的にオルチャンメイクはかわいさに重点をおいています。

オレンジやピンクで黒髪とのコントラストをつける

ヌーディーカラーではなく、ピンクやオレンジといったハッキリした色合いを使うことが多いオルチャンメイク。黒髪に合わせることでコントラストが生まれメイクが際立ち、愛らしいオルチャンフェイスがつくれます。

「チークレス」から「チークあり」にシフト

これまでのオルチャンメイクはチークレスでしたが、最近はチークありへシフトしました。頬の高い部分に血色感がでるようにふわっとのせればトレンド顔に。

30代~40代ならダスティカラーで色気を加えて

ビビットカラーで愛らしくするとはいっても、大人女子にはハードルが高い部分も。30代~40代のオルチャンメイクはダスティピンクや深みのあるオレンジで彩度を少し抑え、大人っぽい色気をプラスするのがオススメ。美少女よりも美女感を多めに出して。

【ベースメイク】は艶肌を意識

韓国美女のベースメイクといえばみずみずしくキレイな艶肌。艶肌メイクは元のお肌がキレイな人の特権だと思っていませんか? 艶を仕込むことで、くすみなどが目立ちにくくなりキレイなお肌に見えるんです! 艶重視のファンデーションで韓国美女のような水光肌をつくりましょう。

素肌のような水光肌

透明感あふれる艶肌はオルチャンメイクの大切なポイント。みずみずしい潤いと光、どちらも仕込むことで韓国美女のようなつるんとした肌に仕上がります。まずは、スキンケアの続きのように潤いを出してくれるベースを仕込んでみて。

▼【エトヴォス(ETVOS)】ミネラルUVグロウベース(SPF37 PA+++)

メイクアップアーティスト、河北裕介さんが「生っぽい艶肌」を追及して生まれたこちらのベース。塗布した上にファンデーションを重ねることで内側から潤いや艶があふれ出る。UVカット機能をしっかり兼ね備えながらも、クレンジング不要で石鹸でのメイクオフが可能なのも嬉しいポイント。

▼【ルナソル(LUNASOL)】ウォータリープライマー(SPF13 PA+)

微細なパールが上品な艶やかさを演出してくれる。オイル配合ですがべたつかず、さらさらとした水のようなテクスチャーで軽い付け心地。みずみずしい、素肌のような水光肌をつくりだせます。

艶で肌のあらを目立たなくして

艶を仕込み、光を放つことで“くすみ”や“くま”など、肌のあらを目立たなくすることもできます。潤いのあるファンデーションは疲れた肌でもみずみずしくしてくれ、生命力あふれる状態に見せてくれます。

▼【イプサ(IPSA)】リテクスチャリング ファウンデイション(SPF25 PA++)

光の膜をまとったかのように輝く透明感を演出する。肌のキメを整えるように光で補正をするため、薄づきなのに肌のあらが目立ちにくく、いきいきとした肌をつくりあげます。

▼【ナーズ(NARS)】シアーグローファンデーション(6045)

少量でしっかりと伸びるファンデーション。名前の通り、シアーで艶やかな肌にしながらもカバー力は抜群。ナチュラルな付け心地で乾燥にしくいため、長時間つけていてもストレスになりにくい。

【リップ】はマットで発色のいいものを

オルチャンメイクといえば、パキッとした色のリップで彩った唇。 マットタイプのリップは筆で縁取りながら塗っていくとキレイに仕上がります。カジュアルな雰囲気をつくりたいなら指でポンポンとたたいて塗るのもOK。ポンポン塗りなら韓国メイクに多いグラデーションもつくりやすいですよ。

マットな質感でパキッと発色

ベースメイクは艶重視ですが、リップはマットで高発色なものをチョイスして。中央を濃くしたグラデーションなら儚げな雰囲気に、全体的にしっかり塗布すれば大人っぽく仕上がります。

▼【ロレアル パリ(LOREAL PARIS)】カラーリッシュ モイストマット(217 ブラッディメアリー)

ひと塗りでしっかり発色するロレアルのリップは、マットなのになめらかなつけ心地で乾燥しにくい。色持ちもよく、鮮やかな発色が長時間続くのも嬉しいポイント。

▼【ナーズ(NARS)】パワーマットリップピグメント(2769)

マットなのに重たくならず、まるでつけていないかのような軽いつけ心地。鮮やかでパキッとした発色は華やかな口元を演出してくれる。伸びもいいため、少量で伸ばしていくとキレイな仕上がりに。

ダークカラーもトレンド感あり

鮮やかな赤やピンクのイメージが強いですが、大人っぽさを狙うならダークカラーをチョイス。トレンド感があり、ほどよい色気もプラスできるので大人女子のオルチャンメイクにピッタリです。

▼【エチュードハウス(ETUDE HOUSE)】マットシックリップラッカー(RD302 ウィズダムバーガンディー)

ひと塗りでピタッと密着するリップはティントのように色持ちがよく、乾燥もしにくい。ベルベットのような塗り心地で軽さもあり、グラデーションがしやすい。韓国コスメのため、塗るだけでトレンドのオルチャンフェイスが簡単につくれます。

▼【ジバンシィ(Givenchy)】ルージュ・ジバンシイ(No.334 ガーネット・ボロンテール)

鮮やかな発色ながらもほどよい深みで派手になりすぎず、上品で色気のある唇を演出できる。レザーを使用したパッケージもオシャレで持っているだけで女度アップが狙えちゃう。

【アイメイク】はしっかり華やかに

目元は華やかになるようしっかりメイクして。アイシャドウは涙袋まできちんと発色させ、アイラインは跳ね上げたキャットアイ、そして濃いめの平行眉が特徴です。

ナチュラルだけど存在感のある平行眉

オルチャンメイクといえば、存在感のある濃いめの眉が特徴。黒髪でしっかりした眉にするのは重たく見えそうですが、太眉はトレンドライクでオシャレな印象に。アイブロウペンシルやパウダーできちんと輪郭を描き、存在感のある眉をつくりましょう。

▼【ケイト(KATE)】デザイニングアイブロウ3D(EX-5)

アットコスメランキングで1位を受賞したケイトのアイブロウはベーシックなカラーで構成されたの3色パレット。グラデーションが簡単につくれ、立体感のある眉に仕上がります。

▼パウダー&ペンシル アイブロウ EX / PD05(グレイッシュブラウン)

パウダー、ペンシル、ブラシの3種類が1本についたアイブロウ。眉メイクに必要な工程のほぼすべてがこの1本でできるので朝のメイクもラクチンに。

アイシャドウは涙袋にもしっかり入れて

アイシャドウは上瞼だけでなく、涙袋にもしっかり色をのせるのがかわいい。濃すぎないピンクやオレンジなら涙袋全体に、濃い色なら下瞼の目尻から1/3程度に塗って。目頭にはラメやパールをきらめかせて華やかにメイク。いつもより派手かも、と思うくらいがベストです。

▼【エチュードハウス(ETUDE HOUSE)】プレイカラー アイシャドウ ジュースバー

ジュースをイメージしてつくられたパレットは10色入っており、さまざまな組み合わせのグラデーションが楽しめる。マット、シマー、ラメと3種類の質感で構成されているので気分に合わせてチョイスしてみて。韓国コスメならではの発色のよさと色もちで、簡単にオルチャンな目元がつくれます。

▼【エチュードハウス(ETUDE HOUSE)】プレイカラーアイパレット(ランジェリーバックステージ)

おなじく、エチュードハウスから15色入ったパレットをご紹介。オレンジ、ピンク、バーガンディの色みで構成されており、トレンドライクなカラーメイクが楽しめる。服装や気分に合わせて色を選べて遊べるパレットです。

アイラインは跳ね上げてぱっちりに

アイラインは目尻を長めに引き、跳ね上げたパッチリアイが韓国風。猫のようにクリンとしながらも切れ長な瞳はかわいらしさと小悪魔のような色っぽさのどちらも兼ね備えます。

▼【ケイト(KATE)】スーパーシャープライナーEX2.0(BR-2 ビターブラウン)

極細でハリのある筆は、ぺんてると共同開発されており、手ぶれを防ぎ真っ直ぐキレイなラインが描ける。フィルムタイプでにじみにくいのにお湯で落とせるのが嬉しいポイント。

ペンシルタイプでスルスルと描けるので目尻だけでなくインラインも引きやすい。とろけるようなテクスチャーなのに、にじみにくく落ちにくいアイライナー。

黒髪×韓国風メイクを【色別】にご紹介

最後は黒髪×韓国風メイクをメインカラー別にご紹介していきます。色によって全体の雰囲気がグッと変わるのがメイクのおもしろいところ。なりたい雰囲気に合わせて使う色を選んでみて。

『ピンク』で甘カワなオルチャンに

ピンクを選べば王道の愛らしくかわいいオルチャンメイクに仕上がります。黒髪に白肌、ピンクメイクはまさに美少女そのもの。チークはふわっと血色感が出るように、アイシャドウは目尻と涙袋にしっかりピンクを入れてウサギのように潤んだ瞳をつくって。

『オレンジ』ならトレンド感ばっちり

トレンドライクなオシャ顔にしたいときはオレンジをチョイス。ピンクよりもカジュアルな雰囲気で大人女子も挑戦しやすい。眉はしっかり太めに描いて、大人っぽさをプラスして。

『バーガンディ』で色気をON

バーガンディなら大人の色気あふれる美女顔に。パキッとしたバーガンディリップはそれだけで華やかな印象にしてくれるので他のパーツの色は引いてしまってOK。眉は太めにしっかり描くとより大人っぽく仕上がります。

『コーラル』ならオフィスもOKなナチュラル

オフィスでもOKなオルチャンメイクをしたいなら肌馴染みのいいコーラルカラーをチョイス。眉はダークブラウンで優しげに、アイシャドウはヌーディーカラーで抜け感を出して。チークとリップにコーラルをONすれば透明感のあるナチュラルなオルチャンメイクが仕上がります。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW