FASHION

【デニム徹底比較】ヒール派が選ぶべき“今っぽストレート”BEST5

2019/09/29

トレンドのストレートデニムパンツは、きれいめにもカジュアルにも取り入れることができる万能アイテム。MINESのスナップから、「ストレートデニムはひざ下のシルエットで合わせるべき足元が変わる!」という仮説を立てたMINE編集部。

きれいめコーディネートが好きなヒール派、カジュアル好きなスニーカー派と2タイプに分け、それぞれが選ぶべきデニムを選定しました。
今回は、きれいめヒール編! 「今っぽく見せたいけれど、ヒールに合わせやすいストレートデニムはどんなディテールなのかわからない…」という人はぜひ参考にしてみて。

▼カジュアル好きなスニーカー派のためのデニムはこちらをチェック!

きれいめヒール派が選ぶべきストレートデニムの条件とは?

インポートからドメスティックブランドまで! ストレートデニムを徹底履き比べ

MINE編集部員はあらゆるブランドのストレートデニムを集め、累計30本以上をスタイリストの佐藤琴美さんと試着。履き比べをすることで、ヒールと相性がいいデニムの条件を導き出しました。

結論!きれいめヒール派が選ぶべき“ストレートデニム”の条件

デニムパンツ¥19,000/ザ シンゾーン(シンゾーン ルミネ新宿店) パンプス¥45,000/チエ ミハラ(ジャーナル スタンダード 表参道)

ヒールと合わせるということは、つまりカジュアルすぎず上品な印象でも履けるデニムを選ぶことが重要。また足の甲で肌見せすることを考慮して、その抜け感を利用できるシルエットを選ぶことも大切なポイントに。まとめると、

✔︎ 体のラインに沿った細身のシルエット
✔︎ 約20cm以下に収まる、すっきりとした裾幅
✔︎ 裾に向かって細くなっているシルエットだとより美脚効果あり

この条件をもとにヒール派にオススメしたい5本をピックアップ!
まず、トップバッターを飾るのは......

「ザ シンゾーン(THE SHINZONE)」のストレートデニム

デニムパンツ¥19,000/ザ シンゾーン(シンゾーン ルミネ新宿店) パンプス¥45,000/チエ ミハラ(ジャーナル スタンダード 表参道)

ヴィンテージを現代的にアップデートするのが上手な「シンゾーン」のオリジナルデニム。
こちらはヴィンテージのような自然な風合いと、逆にヴィンテージではなかなか見つからない程よいサイズ感が現代的で履くだけでサマになる一本。
デニムの自然な色落ちを自分で育てるのは時間がかかってしまうけれど、すでにベースができているから自分だけの味も出しやすい。シルエットはウエストからヒップにかけて無駄がなく、女性らしいすっきりとしたライン。バックポケットが小さめ、かつやや高めの位置になるので、スタイルアップして見えるのも嬉しい。

発色の良いブルーデニムを、ハリ感のある白シャツと白パンプスで爽やかに仕上げて。ジャストウエストのデニムなら定番のシャツをインするだけでも今っぽく仕上がる。

デニムパンツ¥19,000/ザ シンゾーン(シンゾーン ルミネ新宿店) シャツ¥28,000/カレンテージ(ブランドニュース) 中に着たタンクトップ(2枚セット)¥2,900/フルーツ オブ ザ ルーム(フリークス ストア渋谷) 頭に巻いたスカーフ¥11,000/オズマ(アパルトモン 青山店) ピアス¥47,000/ベアトリツ パラシオス(エストネーション) パンプス¥45,000/チエ ミハラ(ジャーナル スタンダード 表参道) 

「ディーゼル(DIESEL)」のディーアイゼル

デニムパンツ¥32,000/ディーゼル(ディーゼル ジャパン) サンダル¥76,000/マルティニアーノ(ロペ エターナル)

次ページ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW