FASHION

逆にダサい…!この秋“デニム”に合わせてはいけない服を発表

2019/09/13

この秋、アンクル丈のデニムに合わせないほうがよい組み合わせと正解コーデをお届け。一つひとつのアイテムはおしゃれでも、組み合わせ次第で惜しいことに……。こんなコーデでバランス良く!

2019秋デニム、アンクル丈はこう着こなすのが正解

デニムと一口に言っても、その丈の長さで似合う着こなしが大きく変わるもの。

例えば、足首が出ることで抜け感を演出できる、今時期ぴったりの「アンクル丈デニム」。このデニムを流行のダッドスニーカーに合わせると……こんな風に丈が足りていないように見えて、垢抜けない印象に。

アンクル丈のデニムなら、パンプス合わせで足首から足の甲にかけてを、あえて見せるようにすると好バランス! 一気に今どきの都会派女子に変身。

NG例のように短いトップスを選んだ場合、スニーカーだとお尻が強調されてしまうけれど、パンプス合わせならスタイル良く着こなせる。

小物にも注目!

合わせる小物も重要! ここで注目したいのはヘッドアクセサリー。
OK例の場合は、ベレー帽をかぶることで頭のてっぺんをより高い位置に錯覚させて、パンプスとの相乗効果でさらなるスタイルアップにつながっているけれど、頭にスカーフ×足元にスニーカーのNG例の場合はスタイルアップにも繋がっておらず……せっかくおしゃれなカジュアルアイテムが悪目立ちしてしまっているのが残念。



NG例のカジュアルアイテムは、こんな使い方でおしゃれに!

NG例のスカーフやダッドスニーカーは、この秋とことんカジュアルに着こなすのが正解。カジュアル感の強い、フルレングスのブルーデニムが主役のシンプルコーデにポイントとして取り入れれば、今っぽおしゃれな仕上がりに。

パーカーで腰周りをカバーしつつ頭のスカーフで目線が上に行くようにすれば、スタイル良く見えるのも期待できそう!

他の記事もCheck!

▼こちらもおすすめ

▼こちらもチェック

Illustrator:Megumi Yoshida

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW