BEAUTY

「グリーンアイシャドウ」で印象的な瞳になれる!イエベ・ブルベに似合う色の選び方

2019/11/12

印象的な瞳を演出してくれる『グリーン』のアイシャドウ。挑戦してみたいけど「あんまり似合わないし、私には少し難しそう……」なんて思っていませんか? それは似合うグリーンに出会っていないだけなんです。
そこで、MINEでは肌のカラータイプ【イエベ肌】【ブルべ肌】それぞれに似合うグリーンを徹底調査。さらにアイシャドウの基本的な塗り方もお届けします♪

グリーン(緑)アイシャドウの魅力って?

グリーンのアイシャドウを塗ると目に力が宿り、 印象的な瞳を演出 することができます。しかも、『カーキ』『モスグリーン』『ミントグリーン』『エメラルドグリーン』など、さまざまなグリーンがあるので、春夏に合うグリーンや、秋冬に合うグリーンなど季節を問わず使えるのも嬉しいところ。

自分の 肌色に似合う グリーンを選べば、誰でも簡単に『グリーン』アイシャドウを楽しめます♪

【イエベ肌】似合うグリーンアイシャドウはこの2色

少し黄みがかった肌色の【イエベ肌】の人は、 黄色が入ったグリーン がよく似合う。『モスグリーン』『カーキ』『ピスタチオ』『ターコイズ』などが肌色によくなじみ優しい雰囲気に仕上がります。秋冬メイクには、『モスグリーン』『カーキ』が、春夏メイクには『ピスタチオ』『ターコイズ』がおすすめ♪

[1]秋の雰囲気満点『カーキ』

全体にブラウンを使い、カーキアイシャドウをシェイドとして目尻のキワに使っています。イエベ肌に自然になじんで力強い眼差しを作る『カーキ』。ぜひこの秋冬に追加してみてください♪

▼『カーキ』のデパコスアイシャドウ

ルナソル(LUNASOL)

マカロングロウアイズ(02 Green Tea)

まるでお菓子のマカロンのようなカラーがキュートな4色セットのパレットアイシャドウ。肌にフィットするやわらかなテクスチャーのパウダーが使いやすくておすすめ。彩のある眼差しになるので、秋メイクにも春メイクにも使えそう。

▼『カーキ』のプチプラアイシャドウ

リンメル(RIMMEL LONDON)

プリズムクリームアイカラー(あたたかさと強さを感じるカーキグリーン)

しっとりとしたテクスチャーのクリーミータイプのアイシャドウ。クリームなのに塗ったあとはサラサラとした仕上がりに。クリームタイプならではの濡れたような艶が、印象的な大人っぽい瞳を演出してくれます。

[2]シックな『モスグリーン』

モスグリーンのアイシャドウを目の中央から目尻まで使い、アイホール全体にはゴールドを使用。絶妙にシックで上品な配色に仕上がっています。イエベ肌の人はゴールドも好相性なので、ぜひマネしてみてください♪

▼『モスグリーン』のデパコスアイシャドウ

バリエーションカラーの5色パレットはモスグリーンの他にカーキやテラコッタなどイエベ肌によく似合う色ばかり。季節に合わせて、気分に合わせてメイクの幅が広がりそうです。ひとつあると重宝するので、自分へのご褒美にしてみては?

▼『モスグリーン』のプチプラアイシャドウ

リンメル(RIMMEL LONDON)

プリズム パウダーアイカラー(015 和の雰囲気を感じるグリーン)

リンメルのアイシャドウは、プチプラと思えない高発色。まぶたにのせるだけで彩を与えてくれます。マットタイプなので立体感のある目元が出来上がります。

イエベ向けグリーンアイシャドウに合う「リップ」は?

好きな色と似合うは色は必ずしも同じにはなりません。自分の好きな色のリップを使うのももちろんいいけれど、せっかくイエベに似合うグリーンアイシャドウでアイメイクしたのだから、リップもイエベに合うリップを選んでトータルで雰囲気UPを目指しましょう。

▼肌になじむエクリュカラーがオススメ

コフレドール(COFFRET D'OR)

スキンシンクロルージュ( BE-240)

少しだけ黄みをおびた明るいエクリュベージュがよくなじみ、より肌色を美しく引き立ててくれます。なめらかなテクスチャーがフィットして付け心地のいいリップは、派手じゃないのにきちんと美しく仕上がるのが特徴。

【ブルベ肌】似合うグリーンアイシャドウはこの2色

少し青みがかった肌色の【ブルべ肌】の人は、 青色が入ったグリーン がよく似合います。『ミントグリーン』『エメラルドグリーン』『ロイヤルグリーン』『ディープグリーン』などが肌色を明るく見せて、輝く透明感をプラスしてくれます。秋冬メイクには、『ロイヤルグリーン』『ディープグリーン』が、春夏メイクには『ミントグリーン』『エメラルドグリーン』がおすすめ♪

[1]爽やかな『ミントグリーン』

簡単にグラデーションが作れる、【オーブ( AUBE)】 ブラシひと塗りシャドウNを使って、本当にひと塗りで仕上げたアイシャドウ。涼しげな淡いグリーンが、シェイドカラーのブラウンと自然に混ざり合って美しいグラデーションを作ってくれます。失敗しないので、初心者さんにおすすめ。

▼『ミントグリーン』のデパコスアイシャドウ

オーブ( AUBE)

ブラシひと塗りシャドウN(13 グリーン系)

澄んだグリーンが鮮やかに発色し、透明度の高いパールが揺れるようなきらめきをプラス。ブルべにぴったりのグリーンです。その彩と煌めきが、春夏の季節にぴったりの軽やかな眼差しを作り上げます。

▼『ミントグリーン』のプチプラアイシャドウ

エスプリーク(ESPRIQUE)

セレクト アイカラー N(GR700 さわやかな印象のミントグリーン)

プチプラなのにしっかり肌に密着してくれて、夜まで長持ちの優秀な単色アイシャドウ。
キラキラと輝く透明感が演出できます。くすんだ目元もふんわりと明るく仕上げてくれる頼れるアイテムです。

[2]鮮やかな 『エメラルドグリーン』

エメラルドグリーンをシェイドカラーに使い、ブルーをミディアムカラーとして使用。まぶた全体はシルバーでキラキラと輝かせています。涼しげな色使いが夏におすすめの配色です。

▼『エメラルドグリーン』のデパコスアイシャドウ

ルナソル(LUNASOL)

シアーコントラストアイズ(04 Green Coral)

まるでアートのような美しいパレット。ブルべ肌に合うブルーベースのカラーばかりが集まっているので、どれを用いても納得の仕上がりに。まぶたに溶け込むようになじんで、媚びない強い目元が実現。

▼『エメラルドグリーン』のプチプラアイシャドウ

インテグレート グレイシィ(INTEGRATE GRACY)

アイカラー(グリーン181)

ブルべ肌をより明るく見せてくれるエメラルドグリーンのアイシャドウは、うるおい成分配合のパウダーのおかげでなめらかに仕上がります。明るくいきいきとした眼差しが印象的。

ブルベ向けグリーンアイシャドウに合う「リップ」は?

ブルベに似合うグリーンアイシャドウでアイメイクをきめたら、リップもブルベ仕様にしましょう。全体で雰囲気UPしたら、透明感あふれるブルべさんになれちゃうかも。

▼ブルべ向けグリーンアイシャドウに合う「リップ」は?

マキアージュ(MAQuillAGE)

ドラマティックルージュEX(OR420 ナイーブオプティミスト)

美容オイル配合なので、潤いのあるなめらかな塗り心地に。さっと塗ると自然で清楚な雰囲気に、2秒当ててしっかり塗ると濃密に艶やかに変化。1本でピュアな少女から、色っぽい大人の女性までを実現。

グリーンアイシャドウの基本的な塗り方は?

色っぽい印象的な瞳を演出できるので、ぜひ挑戦してみたい『グリーンアイシャドウ』。難しい印象が強いアイテムですが、少しのテクニックで簡単にきれいに仕上がります。 眼差しに革命 を起こせるかもしれません♪

  • 【A】ハイライトカラー(明るい色)……使う色の中で1番明るいカラー。
  • 【B】ミディアムカラー(中間色)……使う色の中でハイライトカラーとシェイドカラーの間の色。ミディアムカラーに『ピスタチオ』『エメラルドグリーン』『ミントグリーン』を使うときれいに仕上がります。
  • 【C】シェイドカラー(締め色)……使う色の中で1番濃い色。『カーキ』『ディープグリーン』『ロイヤルグリーン』はシェイドカラーにおすすめです。

一重さんの塗り方

  • 【A】アイホールに全体に広めに塗る。下まぶたも囲うように塗る。
  • 【B】目を開けたときにシャドウが見えるくらいの範囲でアイホールより少し狭めに塗る。下まぶたの黒目の幅に合わせてポイントでのせる。
  • 【C】Bよりも少し狭く塗る。目を開けたときに少し見えるくらいの範囲がベスト。

奥二重さんの塗り方

  • 【A】上まぶたのアイホール全体に広めに塗る。下まぶたも囲うように塗る。
  • 【B】二重幅全体に塗る。下まぶたの目尻(黒目の外側まで)ポイントでのせる。
  • 【C】目頭に広めに入れて目尻に向かうにつれて細くなるようにいれる。目を開けたときにシャドウの幅が均等になるように調節する。

二重さんの塗り方

  • 【A】上まぶたアイホール全体に塗る。下まぶたは目尻に向かって広くなるように囲む。
  • 【B】二重幅全体に塗る。下まぶたの目尻(黒目の外側まで)ポイントでのせる。
  • 【C】二重幅をつぶさないように細くキワに塗る。

【単色・パレット】それぞれの使い方

イエベのあなたもブルべのあなたも、グリーンアイシャドウの魅力について、わかっていただけたことと思います。いざ購入する段となって悩ましいのが、 単色 で購入するか パレット で購入するかですね。どちらがより自分に合っているか比べてみましょう。

【単色アイシャドウ】の場合

パレットアイシャドウよりも価格設定が低いのがメリット。1色のみの使い方や、アイラインの代わりに使用するテクニックをお届けします。

▼モスグリーンでスモーキーな目元に

あえてグラデーションを作らずに1色で仕上げて。もともとの発色がきれいなので、それだけで印象的な目元が完成。超簡単でも美しい、忙しい朝の味方になってくれそうなアイテム。

▼濃いめグリーンシャドウをアイライン代わりに

アイホール全体にはオレンジのアイシャドウを使い、ディープグリーンのアイシャドウを細く濃くアイラインとして使用しています。目尻から5ミリくらい自然に足して引いてあげるのがポイント。

【アイシャドウパレット】の場合

たくさんのカラーが入っているので、気分に合わせてグラデーションを作れるのがパレットのメリット。ハイライト、ミディアムカラー、シェイドカラーが全部入っているので、初心者向けのアイテムです。

▼ゴールドとグラデーションで大人の艶アイメイク

グリーンをシェイドカラーとして使用、ミディアムカラーはグレイッシュブラウンを使っています。ブラウン×モスグリーンで秋メイクが完成。ファッションも落ち着いたカラーを選んでトータルで季節感を演出できるとGOOD。

▼ブラウンと重ねて奥行きのある目元に

ベースにライトブラウンを使い、ミディアムカラーにはブラウンを使用。グリーンを上下の目尻の際に入れています。下側にも入れたグリーンがきいて、語りかけるような印象的な眼差しに仕上がっています。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW