FASHION

ダサい…!頼りがち“全身黒コーデ”の失敗例/正解コーデ

2019/09/25

季節の変わり目に頼ってしまいがちな、黒と黒のかけ合わせ。でも、もしかしたらダサく見えてしまっているかも……?

全身黒コーデ、こんな組み合わせだとダサく

  • 首、手首、足首のどれも見えていないと、抜け感ゼロでまだまだ暑苦しく見えてしまいそう。今の時期なら最低1箇所、できれば2箇所は肌見せを。
  • 黒レギンスにも要注意。時代遅れなスリットなし&ピタピタのものを使うだけでそのコーデが一気にダサく暑苦しい印象に。
  • 上下同じ素材だと、ダサ見えの危険が。もしどちらもTシャツ素材なら部屋着感が出てしまうし、フォーマル感のあるしっかりした素材ならキメすぎている印象に。

黒コーデが見違える着こなしテクって?

綺麗めに着こなせるVネックドロップショルダーTには、すべるような質感のプリーツスカートが好相性。控えめなドット柄なら品よくまとまる上に、黒ON黒もマンネリしない。

メリハリを意識したフレアチュニック×スキニーの組み合わせは、ティアードデザインで立体感を強調。軽快な白スニーカーとクリアバッグで抜け感をプラス。

黒のティアードデザインを選んで、甘すぎない大人のワンピースコーデに。ファーバッグで秋を先取り。

シンプルなTシャツにスラックスを合わせて。シルバーのバッグ、腕時計をアクセントに、上品にまとめて。

白T×黒デニムに、旬のワンショルダーニットベストを足して今っぽさを上乗せ。ヒトクセあるアイテムは、ベーシックな黒を選ぶことで失敗しない着こなしが叶う。

他の記事もCheck!

▼おすすめ記事はこちら

▼こちらもおすすめ

\お好きなコーデは見つかりましたか?/

Instagramに【#mineby3mootd】で投稿されたコーデ写真から、ピックアップして紹介します!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW