FASHION

その配色は時代遅れ!この秋、カーキパンツに合わせてはいけないトップスの色

2019/09/19

新しい季節を迎えるためには、秋らしさが楽しめるカーキパンツが有効。そんな定番ボトムスを今年らしく着こなすには、引き続きトレンドのニュートラルカラーと合わせてみて。ここでは、お手本の着こなし5選をお届け。

こんな配色はやめておきたい!

秋によく使われるこの3色。おしゃれにコーデすることはできるのだけれど、今年はベージュやブラウンなどの主張が強くない色を主役にするのが流行中だから、この秋は避けておくのが無難。街で浮いてしまう可能性も。

今年はこの配色で大人っぽく

メンズライクなカーキパンツには、ベージュの優しさに委ねてフェミニンミックスな着こなしに。締め色は黒ではなくブラウンを選ぶことで、柔らかさをそのままキープ。

テーパードパンツとブラウンのフレンチスリーブTを合わせて、綺麗めシルエットを意識。黒の華奢サンダルやレザースクエアバッグを合わせて、大人のミニマルシックを目指して。

白T×カーキパンツの定番カジュアルも、白のレースガウンを足すだけでおしゃれ感度が一気にアップ。白を貴重としながら、秋カラーを合わせて徐々に季節感をシフト。

チュニック×スリムパンツの王道フェミニンコーデも、黒×カーキの配色で上品にまとまる。華奢サンダルはオリーブグリーンをチョイスして、さりげないグレデーションコーデを楽しみたい。

ドット柄シャツにかごバッグ、まるでパリジェンヌのようなフェミニンLOOKには、カーキワイドパンツを合わせて気取らない親近感をプラス。足元もサンダルからパンプスに置き換えて、季節感をアップデート。

他の記事もCheck!

▼おすすめ記事はこちら

▼こちらもおすすめ

\お好きなコーデは見つかりましたか?/

Instagramに【#mineby3mootd】で投稿されたコーデ写真から、ピックアップして紹介します!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW