FASHION

素材はなんと“和紙”!?肌と環境に優しい新ブランド「アンダーソン アンダーソン」がデビュー

2019/09/09

毎日着るものこそ、こだわりを持って選びたい。そんな私たちの思いに寄り添ってくれる肌着ブランド、「アンダーソン アンダーソン(UNDERSON UNDERSON )」が8月29日、新宿NEWoManにオープンした。

「アンダーソン アンダーソン」が肌と環境に優しい理由とは?

「アンダーソン アンダーソン」で注目したいのは、その素材。なんと肌に触れる99.9%が天然繊維の和紙! 高度な製造技術で特許を取得した糸を独占使用した、新素材“WASHIFABRIC™”を生地に使用。肌触りの良さを追求してシリコンでコーティングしている洋服が多いなか、和紙で“本質的な肌触りの良さ”を実現。和紙ならではの特性を活かし、肌触りだけではなく、吸水性や消臭性にも優れており、一般的な素材と比べて乾くのが驚くほど速いのも特徴。

また、和紙の原材料である木材は森林伐採によって得られたものではなく、地球環境を考えて管理された森林から得られた木材を使用。さらに、一部の商品にはボタニカルダイドと呼ばれる染色方法を使っているところもこだわり。ピンクはワインを作ったときの絞りかすを、カーキはクチナシを使うなど、原材料だけでなく、製造過程においても徹底的に環境に配慮しているブランド。

ブランドの世界観を感じる新宿NEWoManの1号店

8月29日、NEWoMan新宿4階に1号店がオープン。店内は、手触りの良い漆喰仕上げの壁や、天井装飾に和紙を使用することで、柔らかい光が演出され、白を基調としながらもどこか温かみを感じる空間。和紙布の機能性を体感できるコーナーなど、“心地良くいられる資料室”を目指した設計がされており、和紙布にまつわる物語を知ることが可能。

店舗では、衣類だけでなく環境に配慮したブランドならではの商品も。不揃いな太さが愛らしい、竹で作られているストロー(¥780)や、和紙の機能性を保ち肌にも環境にも優しい洗剤(¥750~)など、何気ない日用品から意識を変えてくれるアイテムが揃っている。

MINE編集部のおすすめはランジェリー

ラインナップのなかで特におすすめしたいのは、ロゴ入りのゴムが目を引くスポーティなランジェリー。ブラトップ(¥3600)はノンワイヤーながら、しっかりとしたホールド感やフィット感でナイトブラにもおすすめ。
アンダーウエア以外にもルームウエアのラインナップも豊富な上、メンズの展開もあるので、ギフトにもぴったり。和紙を纏う新感覚を是非味わってみて。

WEBショップはこちらから

店舗情報

「アンダーソン アンダーソン(UNDERSON UNDERSON)」
東京都新宿区新宿4丁目1−6 NEWoMan 4F
電話番号:03-6709-8369
営業時間:平日11時00分~21時30分/土日祝11時00分~21時00分

Editor:MINE

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW