BEAUTY

【抜け感メイク】アイメイクが鍵!一重さんや30代・40代向けのやり方

2019/11/12

メイクの力の入れどころと抜きどころを知れば、もっときれいになれちゃうことを知っていますか? 最近よく聞く「抜け感メイク」を抑えればそれが簡単に叶っちゃいます。いかにもメイクしましたというようなこってりメイクは避けたいけれど、手抜きのだらしない顔にも見られたくない。

そこで、MINEより誰でも簡単にできる「抜け感メイク」のテクニックをお届けします。自然な雰囲気なのにきれいに見えるので、30代、40代にもおすすめです!

「抜け感メイク」とは?

そもそも 「抜け感メイク」 ってどんなメイクなのでしょうか? 抜け感メイクは、すっぴんとはとは違ってしっかりメイクをしているのに、 ナチュラルで透明感のあるアカ抜けた雰囲気に仕上がるメイク のことです。メイクテクニック的には、こってりフルメイクと違って引き算をしていきます。かといって手抜きするのではなく、自分なりのポイントを作って自然に仕上げます。

目の形によってポイントやおすすめのカラーが変わってくるので、ぜひ参考にしてみてください♪

【目の形別】抜け感アイメイクのコツ

目の形は人それぞれ違います。アイメイクのコツもそれぞれの目の形によって違いがあります。 自分にあったアイメイク を知ることで、「抜け感メイク」ならではの自然な雰囲気のま、印象に残る瞳を演出できます。

一重さんの場合

凛とした目元の一重さん。その美しさを活かす、一重まぶたに似合うアイメイクを見ていきましょう♪

▼一重さんのアイシャドウはノーブルブラウン

アイシャドウは、肌なじみのよいベージュ系やブラウン系をチョイス。ブラウン系2色で目尻のきわからぼかしながら自然なグラデーションを作ります。下まぶたの目尻のきわも、濃いブラウンアイシャドウでぼかすと自然な奥行きができます。やりすぎないように注意して。

▼おすすめのアイシャドウ

エクセル (excel)

スキニーリッチシャドウ(SR01 ベージュブラウン)

上品な金パールが大人っぽい自然な仕上がりになります。「抜け感メイク」には、そのうち2、3色を使用して、自然なグラデーションを作るのがポイントです。4色全てを使って華やかなグラデーションを作ることもできるので、しっかりとメイクしたいときにも使えるアイテムです。

▼一重さんのアイラインはジェルタイプ

アイラインは、リキッドタイプではなくジェルタイプでぼかしながら引くのがポイント。書くのではなく、トントンとまつ毛の間を埋めるように引いてください。目尻から5ミリくらい長さを足すように自然に流して引きます。 

▼おすすめのアイライナー

キャンメイク (CANMAKE)

クリーミータッチライナー(02 ミディアムブラウン)

ジェルならではのやわらかい書き心地と、1.5mmの極細の芯で思いどおりのラインが書ける優秀アイテム。書きにくいまつ毛の間もお任せあれ。落ちにくくにじみにくいのも嬉しいポイント。カラーはより自然なミディアムブラウンをチョイスして。

奥二重さんの場合

日本人に多い奥二重さん。大人っぽく知的な美しさを活かす、奥二重さんに似合うアイメイクを見ていきましょう♪

▼奥二重さんのアイシャドウはキュートオレンジ♪

アイシャドウはオレンジ系を選んで、目のきわから濃い色を順番にグラデーションで入れていきます。自然な印象になるようにぼかしながら薄く入れるのがコツ。目尻のきわには一番濃い色を入れてください。

▼おすすめのアイシャドウ

マキアージュ (MAQuillAGE)

ドラマティックスタイリングアイズS(OR303 オレンジキャラメル)

気分によって使う色を選ぶと印象をがらりと変えることができます。涼しげな瞳から、キュートな瞳まで演出できる優れもの。瞳の色になじむオレンジカラーで自然に目もとを大きく見せてくれるので「抜け感メイク」におすすめ。

▼奥二重さんのアイラインはクリームタイプ♪

アイラインは目尻だけに入れるのがポイント。まつ毛の間を埋めるように細く引くときれいにきまります。目尻から3ミリくらい足して自然に流して引くことも大切。極細のリキッドタイプか、クリームタイプがおすすめです。

▼おすすめのアイライナー

デジャヴュ ( dejavu)

ラスティンファインa クリームペンシル(ピュアブラウン)

ペンシル型のアイライナーとしては極めて細い0.65mmのラインで、自在に書きたいラインが書けちゃうデジャヴュ ( dejavu)の高性能アイライナー。ジェルよりもより密着してくれるので、しっかりとしたラインが書けます。より自然に仕上がるピュアブラウンが「抜け感メイク」におすすめのカラーです。

二重さんの場合

もともと印象的な瞳の二重さん。そのままの美しさを大切に自然に仕上げることがポイント。二重さんに似合うアイメイクを見ていきましょう♪

▼二重さんのアイシャドウはクールピンク♪

アイシャドウはくすみピンクやピンクベージュなど、ピンク系がおすすめ。ポイントは甘すぎないピンクを選ぶこと。目尻のきわにはブラウン系のダークカラーをぼかしながら入れて、自然にグラデーションを作ります。

▼おすすめのアイシャドウ

コフレドール(COFFRET D'OR)

ヌーディインプレッションアイズ(04 ピンクベージュ)

二重さんには甘すぎないピンク系のカラーをポイントにおいて、ブラウンやベージュの濃いカラーをシェードカラーとして目尻のきわに使うのがおすすめ。白浮きしないヌーディーパールが自然な透明感を与えてくれます。

▼二重さんはあえてアイラインなし

二重さんには甘すぎないピンク系のカラーをポイントにおいて、ブラウンやベージュの濃いカラーをシェードカラーとして目尻のきわに使うのがおすすめ。白浮きしないヌーディーパールが自然な透明感を与えてくれます。

【パーツ別】抜け感メイクの4つのコツ

  1. 眉美人はスクリューを使う
  2. 自然なまつ毛はロングマスカラが作る
  3. マットチークで雰囲気アップ
  4. 潤い唇はシアーリプのおかげ

目の形別のアイメイクがわかったら、その他のポイントを抑えて「抜け感メイク」を仕上げていきましょう♪

【1】眉美人はスクリューを使う

  1. 初めにパウダーでぼかしながら大まかに眉のラインを書きます。自分の元の眉の形を活かして自然に仕上げてください。抜け感が消えてしまうので絶対に眉頭は書かないでね!
  2. 次にスクリューブラシを使用して下から上に向かって眉毛を整えます。それによりラインがぼかされてより自然な雰囲気に。
  3. 最後にスクリューブラシに残ったパウダーで眉頭整えるとほんのり色が付いてナチュラルな眉美人の完成です。

▼おすすめアイブロウ

ケイト(KATE)

デザイニングアイブロウ3D(EX-4 ライトブラウン系)

自然な陰影を作ることができる、濃中淡3色入りのパウダーアイブロウ。3色入りなので髪色にも合わせやすいのが嬉しいところ。パウダーでナチュラルな眉毛美人に。

【2】自然なまつ毛はロングマスカラが作る

ボリュームUPタイプのマスカラは「抜け感メイク」ではNGです。ナチュラルでも印象的な目元になるように、繊維入りのロングマスカラで長さをプラスしてあげましょう。カラーもブラックよりは、ブラウンやボルドーブラックなどが自然に仕上がります。

▼おすすめマスカラ

デジャヴュ ( dejavu)

ファイバーウィッグ ウルトラロングC( ボルドーブラック)

見る角度によってほんのりブラックのブラックボルドー。しっかりと目元に存在感があるのにブラックと違い自然な抜け感が演出できます。塗るときに先端に繊維を足すように塗るのがまつ毛を長くするコツ。にじまないのに、落とすときはお湯でOKなのも優秀。

【3】マットチークで雰囲気アップ

にっこり笑って少し高くなる頬骨の位置に、小さな円を描くように薄くぼかしながらチークを入れましょう。マットタイプを薄く重ねていくのがポイントです。カラーはオレンジ系でもピンク系でも大丈夫。自分の肌に合わせて自然に仕上がるカラーをチョイスして。

▼おすすめチーク

キャンメイク(CANMAKE)

マットフルールチークス(05 マットパンプキン)

り自然に仕上がるのがパウダーのマットタイプ。チークは一度自分の手の甲で濃度を調節するように塗るとより自然に仕上がります。

【4】潤い唇はシアーリップのおかげ

伸びて塗りやすく適度な輝きがあるシアーリップ。薄付きで自然な仕上がりになるので、塗るだけで「抜け感メイク」へ導いてくれる最強アイテムです。カラーは肌になじむオレンジやエクリュカラーがおすすめです。

▼おすすめチーク

コフレドール(COFFRET D'OR)

スキンシンクロルージュ( BE-240)

なめらかな質感が唇にフィットする付け心地のいいリップ。自然に肌色がきれいに見えるエクリュカラーをチョイス。薄付きでも発色がいいので、派手でじゃないのにきちんと美しいのが特徴。大人の「抜け感メイク」にぴったりです。

30代・40代におすすめの理由は?

30代、40代がこってりなフルメイクをしていたら、あなたはどう思いますか? 「無理しすぎ」「若作りに必死」なんて思われないか不安になっちゃいますよね……。大人の余裕と、美しさは比例するものです。 「抜け感メイク」 「ファッション」 をあわせて、 トータル で余裕のある美を体現してみましょう♪

こなれた30代、40代のおしゃれ

▼爽やかデニムコーデ

自然な眉毛、ベージュ系のアイシャドウ、アイラインは際だけ、エクリュカラーのリップ、まさに「抜け感メイク」ですね。ヘアスタイルも作りこまず無造作に。毛先をゆるく巻いてまっすぐにさせないのが無造作ヘアのコツです。全体の透明感にご注目。

インディゴブルーのデニム×ベージュサマーニットでシンプルなデニムスタイルに。サマーニットは鎖骨のラインが見えるので女性らしい印象に。印象的なピアスで個性をひとさじプラス。

▼クールなブラックパンツコーデ

ナチュラルな眉毛とクールピンクの単色アイシャドウにアイラインはあえてなしで。リップは潤いだけをプラスするようなエクリュカラーをチョイス。サイドから流したショートヘアも含めて大人っぽい仕上がりに。ヘアスタイルがスッキリとまとまっているので、大ぶりのピアスを追加してもよさそう。

存在感のあるハイグレードなアクセサリーがシンプルなブラックパンツコーデをアップグレード。ロングTシャツを前だけインすることで、すっきりとスタイルアップして見せています。マルタン・マルジェラ(Martin Margiela)のバッグで大人の余裕を演出。

▼大人のブラックパンツコーデ

自然な眉毛、ベージュ系のアイシャドウ、エクリュカラーのシアーリップ、透明感のある「抜け感メイク」の完成です。ヘアスタイルもはっきりと分け目を作らずにサイドに流し、計算された「無造作ヘア」を作っています。トップの根元をアイロンで立ち上げて、ボリュームを出すことがポイント。ピアスも上品で大人っぽいものを選んでバランスよく。

高品質のなめらかニットにブラックパンツを合わせて。バッグはさりげなくマルジェラのトートを追加。いいものをシンプルに着こなすのが大人の美くしさですね。ぜひ皆さんも、30代(アラサー)、40代(アラフォー)ならではの大人の「抜け感メイク」とファッションを楽しんでみてください。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW