フランネルシャツ【春夏秋冬コーデ】オールシーズン使える便利アイテム!
FASHION

フランネルシャツ【春夏秋冬コーデ】オールシーズン使える便利アイテム!

2019/09/04

チェックのシャツとして定番アイテムのフランネルシャツ。起毛した生地の暖かさから、秋から春にかけて活躍するシャツと思われがちですが、実はコーデしだいでは夏も使えちゃうんです。身近なアイテム、フランネルシャツを使ったオールシーズンの大人コーデをご紹介します。

フランネルシャツとは

略してネルシャツとも呼ばれるフランネルシャツは、起毛したウールやコットンなどの織物で作られたシャツのこと。誰もが1枚は持っている、チェックシャツの代表格です。やわらかくて軽く、独特な毛羽立ち感が特徴。着心地も抜群なデイリーファッションの味方です。

フランネルシャツのイメージ画像

春のフランネルシャツコーデ

春のフランネルシャツコーデは、色味がポイント。ベージュや白などの明るい色を取り入れて、重苦しくない軽やかな印象を心がけましょう。また着方にもちょっとした工夫を。ボタンをすべてとめず前を開けたり、羽織ってみたり、春らしい着こなし方をマスターして。

トレンチコートできちんと感を

トレンチコートとフランネルシャツのコーデ画像

フランネルシャツのボタンをほどよく胸元まで開けたら、アウターにはベージュのトレンチコートをチョイス。デニムを履いても、きちんと感が演出できます。足元にパンプスを合わせて肌見せしたら、いっそう明るく春らしいコーデに。

ボタンをひとつだけとめて

ボタンをひとつだけとめたコーデ画像

おへそあたりでボタンをひとつだけとめる、上級者コーデ。トップスはベージュにブラウン、パンツは白を選んで全体のトーンも明るく仕上げます。さりげないおしゃれ感がGOOD。

ベージュ×白の抜け感コーデ

ベージュ×白の抜け感コーデ画像

ベージュ×白でまとめたやわらかな印象のコーデ。フランネルシャツはボタンを全部開けて、きっちりしすぎない抜け感をプラス。足元もベージュでそろえるのをお忘れなく。

フランネルチェックシャツを肩掛け

フランネルチェックシャツを肩掛けしたコーデ画像

全身「ユニクロ(UNIQLO)」でそろえたコーデです。ポイントは「ユニクロ」の“フランネルチェックシャツ”を肩掛けすること。インナーのタンクトップから見える素肌が、初夏を予感させます。シャツの色味の白×黒に合わせて、モノトーンコーデにするとスッキリ感が◎。

夏も使える!夏のフランネルシャツコーデ

フランネルシャツといえば肌寒い秋~春を連想しがちですが、実は夏にも使えるオールシーズンアイテムなんです。夏にしまっておくのはもったいない! 着こなしを工夫して、夏にも活躍させちゃいましょう。基本は白を取り入れること。フランネルシャツの夏コーデをご紹介します。

海に行けちゃう!腰巻きコーデ

白Tシャツ×デニム×フランネルシャツを腰巻きしたコーデ画像

白Tシャツ×デニムという夏の王道コーデに、フランネルシャツを腰巻きするだけ。チェックの柄がアクセントになって、驚くほどさわやかな印象に。ストローハットをかぶれば海にもぴったりなコーデが完成。スニーカーは涼しげな白をチョイスして。

白ショートパンツ×フランネルシャツ

フランネルシャツと白ショートパンツのコーデ画像

フランネルシャツをボタンを開けて羽織り、ボトムスには白のショートパンツを。シャツは軽く肘までまくりあげるのがポイント。一気に夏っぽコーデのできあがりです。足元はサンダルを選んで、さらに夏感をプラスしましょう。

デニムショートパンツ×フランネルシャツ

デニムショートパンツ×フランネルシャツのコーデ画像

夏の代名詞ともいえるデニムショートパンツを、フランネルシャツに合わせます。靴と小物を白で合わせれば、涼しげな夏コーデが完成。シャツに深い青を選んでも、脚線美の肌見せで重苦しくなりません。

ストローハット×白パンツ×フランネルシャツ

ストローハット×白パンツ×フランネルシャツのコーデ画像

白のパンツと靴にストローハットを合わせたコーデ。フランネルシャツは軽く腕まくりして。ストローハットで一気に夏っぽさがプラスされます。足元は肌見せが◎。

秋のフランネルシャツコーデ

フランネルシャツが大活躍する秋。チェックのフランネルシャツは定番アイテムなだけに、ただ着るだけではなんとなくヤボったくなってしまうことも。ここではダサく見えず、オシャレにキマる秋のコーデをご紹介します。

サロペットと合わせる

サロペットとフランネルシャツのコーデ画像

いつものフランネルシャツをサロペットと合わせたら、おしゃれな化学反応が起こります。ニット帽とビビッドなカラーのスニーカーを加えて、さらに個性をプラス。カジュアルだけどおしゃれなコーデに。

黒スカート×黒ショートブーツ

黒スカート×黒ショートブーツとフランネルシャツのコーデ画像

フランネルシャツにスカートを合わせたいなら、黒が正解。靴下とブーツも黒で合わせれば、シックなおしゃれ感が漂います。胸元と足元は適度な肌見せで、きれいめな雰囲気に。

赤チェックシャツ×赤スカート

赤チェックシャツ×赤スカートのコーデ画像

ロング丈のフランネルシャツに、同じカラーのスカートを合わせます。ビビッドだけど派手すぎないカジュアルコーデに。キャップとリュックは黒で合わせてコーデを締めて。インナーと靴を白で合わせることも忘れずに。

実はパジャマ!な正統派コーデ

フランネルシャツのパジャマを使ったコーデ画像

フランネルシャツの正統派コーデに見えるけど、実はこのシャツ、「ユニクロ」のパジャマなんです。シャツのボタンは全部とめて、小物使いはきっちりベルトときっちりメガネをチョイス。髪型もきっちり三つ編みにして。ちょいダサがカワイイにつながるコーデです。

ベロアワイドパンツ

ベロアワイドパンツとフランネルシャツのコーデ画像

白×黒のフランネルシャツにベロア素材のワイドパンツを合わせます。胸元と足元の肌見せが、パンツのヌーディーな素材感とマッチ。シャツの袖も軽くまくって肌見せして。フェミニンさが漂うきれいめコーデに。

冬のフランネルシャツコーデ

寒い冬にもフランネルシャツは似合います。インナーとして重ね着したり、大きめシャツをアウターにしたり、あったかおしゃれを目指しましょう。着回し術をマスターして、冬もフランネルシャツを使いこなして。

チラ見せコーデ 白ニット編

チラ見せコーデ 白ニット編の画像

赤のフランネルシャツを白のニットからチラ見せさせます。ストールと靴下も赤で合わせたら、安定した大人コーデのできあがり。赤×白×青デニムは外れナシの色合いです。

チラ見せコーデ 黒系ニット編

チラ見せコーデ 黒系ニット編の画像

黒系のニットの下から赤いフランネルシャツをチラ見せ。冬っぽいダークトーンのコーデに。ファー付きの小さめバッグとブーツが季節感を出しています。

個性派小物コーデ

フランネルシャツの下に白ロングTシャツのコーデ画像

フランネルシャツの下に白ロングTシャツを合わせたコーデ。大きめシャツは胸元まで広くボタンを開け、ゆったりとしたシルエットに。注目すべきは小物使い。個性派フライトキャップとラフな布バッグがモノトーンコーデを引き立てます。

ロングネルシャツのコーデ

フランネルシャツは、「ユニクロ」の“フランネルロングシャツ”をはじめとして、ロング丈のシャツも人気です。ここでは人気の「ユニクロ」の“フランネルロングシャツ”を使ったコーデをご紹介。ロング丈もチェックしてみて。

白コーデ

ロングネルシャツの白コーデ画像

インナーを白でまとめた、すっきりコーデ。ボタンをすべて開けてさわやかな印象に。春にも秋にも使えそうなコーデです。

インナーでチラ見せ

ロングネルシャツをインナーでチラ見せしたコーデ画像

「ユニクロ」の“フランネルロングシャツ”の上に、同じく「ユニクロ」のロングカーディガンを合わせた全身「ユニクロ」コーデ。カーディガンの下からシャツの柄をチラ見せさせるのがにくい演出です。カーディガンは大きめサイズを着用して(画像はLサイズ)。

“フランネルロングシャツ”をワンピースとして着る

“フランネルロングシャツ”をワンピースとして着たコーデ画像

「ユニクロ」の“フランネルロングシャツ”をワンピースとして着ています。ウェストをしぼってスカートをバルーン型のシルエットにするのがポイント。腕まくりしてストローハットをかぶれば、夏にも使える着こなしに。

大人の腰巻きスタイル

フランネルシャツのコーデといったら腰巻き! コーデのアクセントにチェック柄シャツの腰巻きは最適です。「腰巻き=ダサい」と思っている方も、ダサくならない大人の腰巻きスタイルを伝授します。ポイントは《白》! 以下のコーデを参考にして、ぜひトライしてみて。

パーカー×腰巻き

パーカー×腰巻きのコーデ画像

「ユニクロ」のフランネルチェックシャツを腰巻きにした、全身「ユニクロ」コーデ。こんなにおしゃれにキメられるのはお見事です。成功の秘訣は色味をごちゃごちゃさせないこと。チェックの色味である白を全身に散りばめて、すっきりした大人のコーデにまとめます。

小物×腰巻き

小物×腰巻きのコーデ画像

ニットベストとニットキャップが存在感のある個性派コーデ。腰に巻いたフランネルシャツの色合いがアクセントになっています。小物を多用してもごちゃつかないのは、上下に白を使っているから。白が小物とチェックシャツを引き立てておしゃれ感あふれるコーデに。

パンプス×腰巻き

パンプス×腰巻きのコーデ画像

白×黒×赤の好相性カラーを散りばめたカジュアルコーデ。トップスに白ニットを使うことで、腰巻きのシャツが映えます。パンプスを履いて肌見せすることでさらにすっきりとした印象に。


SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW