BEAUTY

ナチュラル派は断然【カラーレスメイク】!失敗しないやり方をご紹介

2019/11/12

雑誌などでよく目にするカラーレスメイク。色味を抑え、ベージュ系で仕上げることで大人っぽくヘルシーな色気を演出できます。「カラーレスメイクが似合わない……」と思っている人も、肌色別に似合うメイク方法を知って、ぜひ挑戦してみて。カラーレスメイクのやり方もパーツ別にご紹介。オン・オフどちらも使えるメイクなので、この機会にマスターしましょう!

『カラーレスメイク』とは?

カラーレスメイクとは色味を抑えたメイクのこと。赤やオレンジなどのビビットなカラーものは使用しません。すっぴん風にし、ナチュラルで透明感のある状態に仕上げます。大人っぽく、ヘルシーな印象になるのでMINE女子にオススメのメイクです。

ベージュ系の色味で仕上げる

色を抑えるとはいっても、どの色も使わないというわけではありません。カラーレスメイクで使用するのはベージュ。肌馴染みが良く、ほんのり血色感を足すことができるベージュはこなれた印象も与えてくれます。

パーソナルカラーに合わせれば透明感抜群に

▼「イエベ肌」はオレンジベージュ系

カラーレスメイクは肌馴染みが大切。パーソナルカラーが分かっている場合は自分の色味に合うベージュを取り入れるとより自然で透明感も出せます。イエベ肌はオレンジベージュやブラウンベージュがお似合いです。

▼「ブルべ肌」はピンクベージュ系

ベージュはイエベ肌の方が似合うことが多いですが、ピンクや赤みのあるベージュを取り入れればブルべ肌でも自然に馴染みます。似合わないベージュを取り入れてしまうと逆に浮いてしまうので、どちらの肌の人も一度タッチアップするのがオススメです。

【ベースメイク】でツヤ肌を目指す

カラーレスメイクで大切なのはベースメイク。すっぴんのようにナチュラルながらも、キレイに透明感を出すようにつくるのが大切。艶や光を味方につけて、透明感あふれるベースをつくっていきましょう。

下地で透明感を出す

下地にコントロールカラーを使えば、くまや赤みを抑えられ肌の色を均一にしてくれます。色味はブルーやパープルがオススメ。寒色系のカラーは黄みを抑えて透明感をプラスできます。

フーミー(WHOMEE)

コントロールカラーベース(ブルー)

思いのままに肌の色を整え、透明感を出してくれるコントロールカラー。ブルーはトーンアップ効果も狙えます。カバー力もあり、キレイな肌をつくってくれます。

ナチュラグラッセ(naturaglace)

カラーコントロール ベース

くすみを抑えてくれるパープルのコントロールカラー。キメを整え、艶を仕込んでくれるためみずみずしい肌に仕上がります。

艶重視なファンデーションで素肌っぽく

ファンデーションは艶感のあるものを選んで。ナチュラルに見せながらも、艶を出すことで肌の粗が目立ちにくくなる効果も。ニキビやニキビ跡はコンシーラーで隠して、ファンデーションは薄付きにし、厚塗り感がでないようにして。

インテグレート(INTEGRATE)

プロフィニッシュリキッド(オークル20)

指でさっと塗るだけでまるでプロにメイクしてもらったかのような仕上がりになるファンデーション。うるつやでみずみずしさが持続します。色むらになりにくく、透け感のある肌になります。

ルナソル(LUNASOL)

グロウイングウォータリーオイルリクイド(02 Natural)

オイル配合で塗れたような艶やかな肌がつくれるファンデーション。内側から潤い、元々の素肌がキレイな状態に見える仕上がりに。素肌のような軽やかさが特徴。

ハイライトで光を集める

カラーレスメイクは色を抑えめにしている分、どうしてもぼんやりした印象になってしまいがち。立体感を出すためにハイライトが必須になってきます。Tゾーン、眉下、目頭に入れることで陰影ができメリハリのある顔に。光を入れることで肌をよりキレイに見せることができます。

セザンヌ(CEZANNE)

パールグロウハイライト(01シャンパンベージュ)

まるでデパコスかのようなクオリティだと大人気のセザンヌのハイライト。パウダーですが粉っぽさはなく、さっとひと塗りするだけでキレイな艶が生まれる。キラキラしすぎる場合は肌にのせる前に手の甲などで少し落としてからつけると自然な艶がつくれます。

アールエムエスビューティー (rms beauty)

ルミナイザー

まるで濡れたような艶感がつくれるハイライト。クリームタイプで乾燥せず、内側から発光したような艶が持続します。ポンポンと叩くようにのせていくとベースがよれずキレイな仕上がりに。

【アイメイク】はナチュラルに仕上げる

カラーレスメイクの目元はナチュラルにするのが基本。大事なのは何もしないのではなく、あくまでナチュラルにメイクするということ。ヌーディーなアイシャドウで抜け感を出しつつ、眉はしっかりと描くことで大人っぽいナチュラルさを演出できます。

ふんわり眉で立体感を出して

眉もカラーレスメイクで大切なポイント。眉メイクはいつもよりしっかりとしましょう。アイブロウペンシルで足りない部分を書き足し、パウダーや眉マスカラでふわっと立体感を出して。眉がしっかりしていれば、他のパーツをグッと引き立てることができ、大人ナチュラルに仕上がります。

エクセル(excel)

パウダー&ペンシル アイブロウ EX(PD01 ナチュラルブラウン)

ペンシル、パウダー、ブラシの3種類がついており、この1本で眉メイクを完成させられるアイテム。パウダーはパール感があり、ふんわり眉に仕上がります。

ケイト(KATE)

デザイニングアイブロウ3D(EX-5 ブラウン系)

立体的なグラデーションのある眉をつくりたいならパレットタイプのパウダーアイブロウをチョイス。眉頭を薄い色で、眉尻に向かって濃くしていけば自然な立体感に。ノーズシャドウとしても使えるので陰影を出したいときに欠かせないアイテム。

アイシャドウはヌーディーカラーをチョイス

カラーレスメイクのアイシャドウはヌーディーなものを選んで。グラデーションにする場合はほんのり濃くしていくぐらいがちょうどいい。単色使いもアリ! ラメではなく、パールやマットタイプがオススメ。

リンメル(RIMMEL LONDON)

ショコラスウィート アイズ(002 アーモンドミルクショコラ)

チョコレートのように肌に溶け込むような、なめらかな質感でほんのり甘さのあるメロウな目元を演出する。微細なパールが艶と抜け感を出してくれます。

ルナソル(LUNASOL)

スキンモデリングアイズ(01 Beige Beige)

肌を美しく見せるというコンセプトでつくられたアイシャドウパレットは、それぞれの肌に馴染むようなベージュを基調としたカラー展開。自分の肌の色に合わせてチョイスすれば透明感のあるカラーレスメイクが仕上がります。

アイライナーは目の際や目尻のみに入れる

アイライナーはなしでもいいのですが、ぼやけた印象になってしまう場合は目尻や目の際に細く引いて。カラーは薄いブラックやブラウン系がベスト。自然にクッキリとした目元をつくって。

▼【デジャヴュ(dejavu)】ラスティンファインa クリームペンシル(ダークブラウン)

デジャヴュ(dejavu)

ラスティンファインa クリームペンシル(ダークブラウン)

ペンシルタイプのアイライナーは太さを調節しやすくスルスルとなめらかにかける。柔らかいのに滲みにくく、目の際の使用にもオススメ。

【チーク】は素肌っぽく

チークは肌の色と馴染むようなベージュでほんのり色づくくらいにのせて。色白さんでベージュが浮いてしまうならラベンダーカラーのチークで透明感をプラスしてもOK。あくまでも顔色が悪く見えないくらいの薄さが正解です。

チークは血色感を意識

ほんのり血色がでるように、ふわっとのせて。ハイライトで立体感は出せているので、チークは薄付きでOK。素肌っぽく見えるくらいがちょうどいい。薄めのシェーディングをチーク代わりにしても自然な印象に。

フーミー(WHOMEE)

ブレンドチークカラー(kissing サンシャインオレンジ)

オレンジ・ローズ・ベージュで構成されたパレットは肌馴染みがよくカラーレスメイクにぴったり。パウダーですが肌に溶け込むような質感で、ひとはけすればじわっと内側からにじみ出たような自然な血色感がうまれます。

M・A・C(マック)

ミネラライズ ブラッシュ(ウォーム ソウル )

オレンジとベージュの中間色のような色味は大人っぽく自然に仕上がります。パール入りなので艶が出て立体感のある頬に。ナチュラルにブラシでふわっとのせるのがオススメ。

チークレスも可

血色がいいときは思い切ってチークレスでも大丈夫。その分ベースはキチンとつくりあげて艶を目立たせるのが鉄則です。

【リップ】は血色感をプラスする程度に

リップもチークと同じくベージュ系がベスト。元の唇の色を活かしつつ、艶感を出せば自然で透明感のある仕上がりに。グロスでぷっくりとさせれば程よく色気のある大人っぽい口元を演出できます。

リップは唇の色に近いものを

リップは元々の唇の色を活かすくらいの色味がちょうどいい。元の色が薄く、血色が悪く見えてしまう場合は少し濃いめに色づけてもOK。

ヴィセ アヴァン(Visee AVANT)

リップスティック(003 HAZE)

なめらかなテクスチャーで唇に溶け込むようになじむ、高保湿なリップ。ひと塗りでキレイに発色し、潤いと艶を与えてくれる。

イヴ・サンローラン(YSL Beaute)

ルージュ ヴォリュプテ シャイン(47 ベージュブラウス)

シアーな発色で自然に唇の血色を足してくれるベージュリップ。艶もあり、ナチュラルにキレイな口元を演出。高級感と可愛さの詰まったパッケージは乙女心をくすぐるポイント。

艶でナチュラルな透明感を出す

マットよりも艶がある方が透明感が出てナチュラルな印象に。元の唇の色が濃い場合は色のあるリップはつけずに、艶のあるクリアグロスをONするだけでも大丈夫です。

ステラシード(STELLA SEED)

プランプピンク メルティーリップセラム(102 ジェニックベージュ)

唇をぷっくり立体的に見せ、縦じわを目立たなくしてくれるプランパー効果のあるリップ。美容液も配合されており、メイクしながらケアができる優れもの。艶が欲しいときにピッタリの1本です。

ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN)

クラッシュド リキッド リップ(06 ライチベイビー)

ヌーディーなピンクベージュは大人っぽくこなれた仕上がりに。色持ちが良く、潤いも程よく保たれるグロスです。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW