しまむらの「花柄ガウン」はいろいろ使える優秀アイテム!2019年も要チェック
FASHION

しまむらの「花柄ガウン」は優秀アイテム!2019年も要チェック

2019/08/26

2019年も人気の“花柄ガウン”は、「ユニクロ(UNIQLO)」「ジーユー(GU)」をはじめ各ブランドがこぞって発表しています。でもやっぱり、気になるのは「しまむら」の“花柄ガウン”。このお値段でこの使い勝手はかなりの優秀アイテムです。羽織っても、ワンピースとして着ることもできる“花柄ガウン”。いろいろ着まわせる“花柄ガウン”のコーデをご紹介します。

人気のしまむら『ネイビー花柄ガウン』と『インナー』の正解コーデ

ガウンを着るときのインナーは、着慣れないと何を着ようか迷うもの。ガウン自体が花柄なので、コーデは難しいと思いがちです。ここでは柄が悪目立ちせず、また子どもっぽく見えない大人のスマートな正解コーデを、人気のネイビーのガウンでご紹介します。

黄色のインナーでコーデを引き立てる

▼黄色インナー×デニム

ネイビー花柄ガウンと黄色インナー×デニムのコーデ画像

黄色のトップスがぱっと目を引くコーデ。上半身に目がいくので、脚長効果も期待できそう。デニムも濃い色をチョイスすることで、インナーの黄色が映えます。足元はサンダルからの肌見せで夏っぽさを演出して。

▼黄色インナー×ゆったりパンツ

ネイビー花柄ガウンと黄色インナー×ゆったりパンツのコーデ画像

黄色のインナーにワイドパンツを合わせたコーデ。パンツの色は明るいベージュ系もおすすめ。濃淡合わせたバランスのいまとまり感が出ます。ベージュ系のワイドパンツが、明るく夏らしいコーデに仕上げてくれます。ワイドパンツは着心地も涼しく、涼しげなガウンともマッチします。

白インナー×デニム

▼黒バッグ×個性派デニム

ネイビー花柄ガウンと黒バッグ×個性派デニムのコーデ画像

ネイビーのガウンに白インナー×デニムの組み合わせは、まさに王道コーデ。迷ったら絶対にトライしてみてほしいコーデです。明るい色のデニムをチョイスすると清涼感がアップ。バッグは黒で締めることで、ガウンを主役に引き立ててくれます。個性派デニムもすんなりマッチします。

▼黒バッグ×ターバン

ネイビー花柄ガウンと黒バッグ×ターバンのコーデ画像

白インナー×デニムの王道コーデながら、小物使いで大人カジュアルに仕上げることができます。ターバンとサッシュベルトで、ふんわりしがちな“花柄ガウン”もハードで大人な印象に。大人コーデには大ぶりなピアス(イヤリング)を選ぶのが◎。小物のチョイスも楽しんで。

▼チューブトップ

ネイビー花柄ガウンとチューブトップのコーデ画像

白インナー×デニムに、チューブトップと存在感あるかごバッグをプラスした、シンプルながらも印象的に映るコーデ。ほかの人とかぶらない、自分らしい個性的なコーデが実現します。流行のチューブトップもガウンと合わせれば、カジュアル&シャープな雰囲気に。

▼個性派かごバッグ

ネイビー花柄ガウンと個性派かごバッグのコーデ画像

白インナー×デニムのコーデに、個性派かごバッグをプラス。ネイビーの“花柄ガウン”とかごバッグが引き立てあいます。足元にナチュラルな白サンダルをもってくることで、抜け感ある夏っぽコーデが完成。インナーとサンダルを白にそろえることがポイントです。

▼小ぶりショルダーバッグ

ネイビー花柄ガウンと小ぶりショルダーバッグのコーデ画像

デイリー感ある日常コーデ。ちょっと羽織るだけでいつもの着こなしにおでかけ感を出してくれるのが、「しまむら」“花柄ガウン”の優秀ポイントです。個性的なショルダーバッグがアクセントに。

しまむらの『白花柄ガウン』で透け感コーデ!

白の“花柄ガウン”はなんといっても涼しげな清涼感が最大の魅力。羽織れば一気にさわやかな夏コーデに。ネイビーに比べて着こなしが難しいと思っている方も、ぜひ以下のコーデを参考にトライしてみて。どんな着こなしもこれ一枚で一気に夏っぽさが演出できます。

オレンジのインナーでビビッドにキメる

白花柄ガウンとオレンジのインナーのコーデ画像

「しまむら」のシースルー“花柄ガウン”のコーデ。インナーのオレンジが映えます。シースルーガウンが涼しくおさえてくれるから、ビビッドな色もためらいなく着られちゃいます。大ぶりリュックとキャップでアクティブな印象に。キャップと靴を白でそろえることも大事です。

ピンクのインナー×足元の肌見せでさわやかフェミニンに

白花柄ガウンとピンクのインナー×足元の肌見せコーデ画像

花柄にピンクはガーリーになりすぎるかも……と心配になる方も、パンツに濃いめのデニムを合わせれば大丈夫。白ガウンの花柄は悪目立ちしないので、パンツと合わせて安心して着られます。足元はちらりと肌見せして、上品なフェミニンさをねらってみて。男性ウケにも対応できるコーデです。

ロングガウンで清涼感◎

白花柄のロングガウンのコーデ画像

白のロング“花柄ガウン”を使ったコーデ。王道の白インナー×デニムのコーデが、いっそう涼しげに映えます。夏らしくかごバッグを合わせたら、さらに季節感がアップ。

しまむらの花柄ガウンを『ワンピース』として着る

“花柄ガウン”は、ぜひワンピースとしても着てみて。羽織るだけのガウンとはまったく違う雰囲気になるから、着まわし力が抜群です。ボタンがないガウンはベルトを使って着こなしましょう。気になるインナーは、白トップスにパンツを合わせるのがおすすめ。

迷ったら:デニムを重ね履き

▼大きめベルト

花柄ガウンをワンピースにして着る×大きめベルトのコーデ画像

インナーに白トップス×デニムを合わせたワンピースのお手本コーデ。“花柄ガウン”をワンピースとして着ると、きちんと感が生まれます。大きめベルトがアクセントになって◎。デニムを下に履くので透けても安心です。“花柄ガウン”で作るワンピースコーデの初心者は、ぜひ取り入れてみて。

▼ブラウン系かごバッグ

花柄ガウンをワンピースにして着る×ブラウン系かごバッグのコーデ画像

インナーに白トップス×デニムのコーデ。ワンピースなのでインナー次第で夏だけでなく、春・秋にも使えるスタイルです。着慣れれば、コーデの幅が広がるはず。

秋もつかえる!しまむらの花柄ガウンの『チラ見せ』コーデ

「しまむら」の“花柄ガウン”の出番は夏だけではありません。ガウン自体をインナーとして使えば、ジャケットの下からチラ見せさせる差し色アイテムとして、秋の肌寒い季節にも使えちゃうんです。インナーとして着るだけで、おしゃれ上級者に見えること間違いなし。秋も着まわしちゃおう。

ライダースジャケットの下にインナーとして

ライダースジャケットの下にインナーとして花柄ガウンを着たコーデ画像

インナーに白トップス×デニムを着て、“花柄ガウン”を羽織るという王道コーデ。そのうえにライダースジャケットを着れば、秋コーデの完成です。ライダースジャケットは手持ちのジャケットに応用も可能。靴に明るい色味をもってくることで、さらに個性が光ります。

しまむらの花柄ガウンと『小物使い』でおしゃれカジュアルに

小物使いでコーデに自分らしさをプラスしてみましょう。オススメはキャップ×リュックの組み合わせ。モードな大人カジュアルに仕上げたいなら、ぜひマスターしたいところです。小物のチョイスで個性を出して、あなたらしいキレイめカジュアルをめざしてみて。

キャップ×リュックがベストマッチ

▼ベージュでまとめる

パンツとキャップをベージュでそろえたコーデ画像

パンツとキャップをベージュでそろえたコーデ。“花柄ガウン”とリュックもブルー系で合わせています。ネイビーの“花柄ガウン”をきちんと主役にしながらも、ベージュで暖かさを感じるコーデに。ワイドパンツのダボッと感とリュックで、ほどよい抜け感もばっちり。

▼小物は黒で統一。メリハリコーデ

白Tシャツ×黒キャミソールのトップスとデニムのコーデ画像

白Tシャツ×黒キャミソールのトップスと、デニムの組み合わせ。キャップ、リュック、靴を黒で統一することで、“花柄ガウン”を大人カッコよく着こなしています。白と黒のメリハリがお見事。花柄をカッコよく着こなしたい方におすすめのコーデです。

▼黒小物×白インナー

白インナー×デニムの王道コーデに小物をプラスしたコーデ画像

白インナー×デニムの王道コーデに小物をプラス。よりシンプルに大人カジュアル感を出したコーデです。足元の黒コンバースはマスト。黒と白のコントラストを意識して。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW