ヴィンテージファッションをアイテム別に楽しむ!お手本コーデ21選
FASHION

ヴィンテージファッションをアイテム別に楽しむ!お手本コーデ21選

2019/08/23

ヴィンテージファッションに興味があるけど、どこから手を付けていいのかわからない…… そもそも「ヴィンテージ」と「古着」の違いとは? そんな二つの違いから、アイテム別にヴィンテージファッションを紹介していきます!
またファッションとして楽しむならヴィンテージアイテムだけにこだわらず、ヴィンテージ風アイテムを使ってレトロコーデを完成させるのもあり。洋服から挑戦しやすい小物までピックアップしたので是非トライしてみて。

ヴィンテージとは

ヴィンテージファッションのイメージ画像

ヴィンテージとは、「完成度が高い、古くて価値が高い、年代物のアイテム」のことで、ファッションでは古着のこと指します。 もともとは当たり年のワインのことを指していて、「由緒ある、古くて価値のある」といった意味も持ちます。
ヴィンテージはつまり古着のこと? という疑問はありますが、ヴィンテージは「年代物でデザインや素材に価値があるもの」で、古着は「誰かが一度袖を通したもの」。
例えば最近発売された服を誰かが一度袖を通していれば「古着」になりますが、「ヴィンテージ」にはなりません。

ヴィンテージアイテムをチェックしてみよう

まず、数あるヴィンテージファッションの中でも、特に人気の高い「ワンピース」「シャツ」「ニット」「スカート」のアイテムをチェックしてみましょう。

ワンピース

▼レトロなドッキングワンピースで個性を主張

レトロな大ぶりのボタンと柄スカートのドッキングワンピースのコーデ画像

レトロな大ぶりのボタン、どこか懐かしさを感じる柄スカートのドッキングワンピース。人とかぶらないスタイルを貫けるのもヴィンテージアイテムの良いところ。ダークベージュのスカートを重ねて、ムードを盛り上げて。

▼ウエストコンシャスをポイントに

ウエストがキュッとなったワンピースのコーデ画像

50〜60年代を想わせる、ウエストがキュッとなったワンピースでレトロ感を楽しんで。柔らかなベージュには、シアーな白トップスを重ねたりオフホワイトの小物を足してアンニュイなムードをON。

シャツ

▼ちょっぴりギークな着こなしがおしゃれ

大柄シャツとオーバーサイズのパンツのコーデ画像

目を引く大柄シャツは、オーバーサイズのパンツと合わせてルーズな着こなしに。足元はソックス×スニーカーの合わせ技であえてギークにするのがヴィンテージファッションを盛り上げるコツ。

▼パフスリーブが使える!

パフスリーブとシックな黒スカートのコーデ画像

ヴィンテージシャツの代名詞といえば、パフスリーブ。レトロな柄のおかげで、シックな黒スカートも見違えてくる。ヴィンテージ調の真っ赤なサンダルを差し色に、足元までぬかりなく。

セーター

▼個性の強いニットをチョイス

サイケデリックな柄セーターとベージュスカートのコーデ画像

サイケデリックな柄セーターで、個性派スタイルをメイク。トップスの主張が強い分、シンプルなベージュスカートとスニーカーを合わせて中和すると今っぽさも叶う。

▼親しみやすいペイズリー柄もおすすめ

ペイズリー柄トップスとフレアスカートのコーデ画像

ヴィンテージ感を楽しむなら、ペイズリー柄もおすすめ。さらに切り替えデザインなら気負わず試すことができるのが嬉しい。ボトムスにはツヤのあるフレアスカートを合わせて、ダークロマンチックな装いをメイク。

スカート

▼柄スカート×コルセットベルトでレトロに

柄スカート×コルセットベルトでレトロにしたコーデ画像

華やかな中世を想わせるような柄スカートなら、シンプルな黒トップスもたちまち華やぎのある装いに。コルセットのような太めベルトをあしらって、ウエストコンシャスにするのもヴィンテージファッションらしく仕上げるコツ。

▼柄に柄を合わせて個性を主張

柄スカートとレーストップスのコーデ画像

まさに主役級の柄スカートに、レーストップスをかけ合わせて柄ON柄スタイルに。タッセルピアスやスカーフヘアアレンジなどの小物技にも注目。

気軽にヴィンテージファッションを楽しむには?

なかなか一点物のヴィンテージアイテムには手を出しにくい…… なんて人は、ヴィンテージ風のアイテムを使って雰囲気を楽しんでもOK。早速、どんなアイテムが「ヴィンテージ風」かチェック!

ワンピース

▼柄ワンピ×レーストップスのレイヤード術

柄ワンピ×レーストップスのレイヤードコーデ画像

菱形プリントが目に止まるパフスリーブワンピースに、ドット柄のレーストップスを忍ばせてレトロなモノクロコーデをメイク。ボルドーのルージュをプラスして顔周りにも華やぎをプラス。

▼定番はフラワープリント

花柄のヴィンテージ風ワンピースのコーデ画像

ヴィンテージ風ワンピースの定番といえば、花柄。パフスリーブやフレアラインなどシルエットにもこだわってみて。ダークパープルを選んで大人らしくするのも忘れずに。

▼素材はコーデュロイやベロアがおすすめ

ダークパープルのベロアワンピースのコーデ画像

「どこか懐かしい」を感じる素材といえば、コーデュロイやベロア。ダークパープルをチョイスして上品さをプラス。フェルトハットやレザースクエアバッグをあしらってシャープさを足せば、今っぽさがミックスされたレトロコーデが完成。

プリント・ロゴTシャツ

▼プリントのビッグTなら一枚でレトロな雰囲気に

プリントのビッグTのコーデ画像

プリントTとやんちゃなレオパードバッグを合わせて、90年代のようなグランジファッションにトライ。ワンピース感覚で着こなせるビッグTには、レギンスを合わせてメリハリを作って。

▼ロックTに原色アイテムを効かせて

オーバーサイズのロックTと緑のフレアラインのパンツのコーデ画像

ユニセックスなオーバーサイズのロックTに、女性らしさ強調するフレアラインのパンツ。相反するアイテムをかけ合わせて80〜90年代風コーデをエンジョイ。鮮やかな原色を合わせるのもヴィンテージファッションを楽しむカギ。

▼グリーンで色の濃淡をつけて

古着風のモスグリーンスウェットとペールグリーンプリーツスカートのコーデ画像

古着風のモスグリーンスウェットに、ツヤのあるペールグリーンプリーツスカートを合わせてグラデーションコーデに。カジュアルなトップスも、合わせるボトムスによって小粋なヴィンテージルックに変化。

フレアパンツ

▼冬の定番ヴィンテージルック

ファーアウター×フレアパンツのコーデ画像

ファーアウター×フレアパンツは冬の定番ヴィンテージファッション。ボディバッグをウエストの位置にあしらえば視線が上がりスタイルアップも叶う。

▼ヒッピー風な着こなしもヴィンテージルックに◎

フレアパンツとストライプワンピースのコーデ画像

ヒッピーファッションを彷彿とさせるフレアパンツとストライプワンピースの重ね技。ボタンを開けて羽織り風に着こなすと美バランスに。

スカート

▼上下の色を合わせて

総柄の厚めのプリーツスカートのコーデ画像

総柄のスカートは厚めのプリーツスカートでよりヴィンテージムードがアップ。スカートの色と合わせたボルドートップスを選んで、全体のまとまりをよく仕上げて。

▼モノクロ合わせで柄を引き立たせる

ペイズリー柄のスカート×モノクロアイテムのコーデ画像

ペイズリー柄のスカートは、モノクロアイテムを合わせることでより引き立った装いに。アシンメトリー裾のシャツを合わせても、抜け感のある白なのでくどくならない。

スカーフ

▼ヘアアクセサリーとして華やぎアップ

ペイズリー柄のスカーフをヘアアクセサリーとして使用したコーデ画像

シンプルなトップスも、ペイズリー柄のスカーフをヘアアクセサリーとしてあしらうことで物足りなさ回避。ヴィンテージ調ピアスを合わせて顔周りにさらに華やぎを加えて。

▼前結びならレトロムードに

首元にスカーフ×ペールグリーンのシンプルワンピースのコーデ画像

首元にスカーフをあしらうのが再熱している昨今、前で結ぶことでレトロな雰囲気が楽しめる。ペールグリーンのシンプルワンピースもたちまちヴィンテージルックに変化。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW