ワンピース×パンツでおしゃれ感度アップ!着こなし幅が広がるお手本25選
FASHION

ワンピース×パンツでおしゃれ感アップ!着こなし幅が広がるお手本25選

2019/08/23

すっかり定番となったワンピースとパンツのレイヤード術。けれど、着こなし方がいまいちわからない、なぜだかバランスが悪く見えてしまう、なんて意見もちらほら。ここでは、ワンピースとパンツを合わせる時のポイントの他、実際のお手本スタイルをご紹介。これを読んで、新定番のレイヤードコーデをマスター!

ワンピースとパンツの合わせ方のポイントは?

バランスが悪く見えてしまったり、なんだか野暮ったく見えてしまうということは、これから紹介する3つのポイントを押さえてみて。

ワンピースの広がりが気になるならベルトをしてみて

ワンピースの広がりをベルトで抑えたコーデ画像

ワンピースとパンツを重ねてみたけど、メリハリがなくて、なんだか寸胴……? そんなときは、ベルトに頼ってみて。細ベルトなら主張が強すぎず、コーデに馴染んでくれるのが嬉しい。

スリットワンピースならどんな形のパンツでも合わせやすい

スリット入りのワンピースとワイドパンツのコーデ画像

ワイドパンツでも足さばきが良くなり、スキニーパンツでもすっきり見えが叶うのはスリット入りのワンピース。パンツを選ばないこのタイプは、一枚押さえておきたい!

すっきり見せたいならレギンスパンツを選んで

ワンピースとレギンスパンツのコーデ画像

足元のボリュームを落とし、すっきりとした体系を叶えるならレギンスがおすすめ。今っぽさも加わる上にカラーバリエーションが豊富なので、お気に入りを見つけてみて。

『春夏』ワンピースとパンツのレイヤードコーデ

季節感を出すために、レイヤードといえど重く見えるのは避けたい春夏。実際の着こなしを参考に、バランスの良いワンピース×パンツコーデをチェックしてみて。

シャツワンピースとパンツの組み合わせで爽やかに

▼ベージュ×ホワイトで好印象

ベージュのシャツワンピースとホワイトパンツのコーデ画像

もともときちんと感のあるシャツだけれど、配色を意識することで更なる好印象コーデが完成する。柔らかなベージュ×ホワイトなら、いずれも馴染みのある色なのでハードルが高くないのも嬉しい。

▼白にはブルーで爽やかさを上乗せ

白のロングシャツワンピースとブルーデニムのコーデ画像

白のロングシャツワンピースには、ブルーデニムをチラ見せして清涼感を2倍に。このとき、ワンピースは程よくゆとりのあるものを選ぶとコンサバにならない。

▼ストライプには黒合わせで大人らしさも

ストライプ柄のシャツワンピースと黒のパンツのコーデ画像

爽やかの代表格であるストライプ柄のシャツワンピースには、黒のアイテムを重ねていくことで大人らしさを引き出して。

カットソーワンピースでカジュアル感を出して

▼手抜きにみせないカジュアルコーデ

Tシャツワンピース×レギンスのコーデ画像

Tシャツワンピース×レギンスのリラックスカジュアルは、程よいハリのあるワンピースを選ぶと手抜きに見えない。引き締め効果のある黒のボディバッグは、高めの位置にあしらって視線を上に集中。

▼スリットを活かすには

スリット入りワンピースと総柄ボトムスのコーデ画像

エキゾチックな総柄ボトムスを重ねて、カジュアルながらも深みのあるコーデをメイク。ムードにマッチするジュートバッグを添えて季節感アップ。

▼濃淡をつけて立体感を

黒のワンピースとベージュのワイドパンツのコーデ画像

黒を基調としたスタイルには、ベージュのワイドパンツを重ねてコーデを程よくリラックス。ボトムスのカラーをトップスよりも明るくすることで軽快な印象に。

デニムパンツを合わせてリラックスコーデに

▼コットンワンピを親しみやすく

コットンワンピとデニムスキニーパンツのコーデ画像

エアリーな素材でフェミニンに決まるワンピースは、スキニーデニムをチラ見せして親近感をプラス。白×ブルーの配色なら見た目にも涼しげ。

▼レディ×カジュアルのかけ合わせ

ネイビーワンピースとカジュアルデニムのコーデ画像

ツヤのあるノーブルなネイビーワンピースには、相反するカジュアルデニムを重ねることで気負わないフェミニンコーデへとシフト。上下に白を散らしてブルー系のかけ合わせにメリハリを作って。

▼強さのあるアイテムをカジュアルダウン

レオパードワンピースとTシャツ×デニムのコーデ画像

存在感の強いレオパードワンピースは、着慣れたTシャツ×デニムに頼ってコーデをリラックス。縦長シルエットにこだわって、綺麗めな印象をゲット。

『秋冬』ワンピースとパンツのレイヤードコーデ

ワンピースとパンツを重ねることで、防寒力もアップできるのが嬉しい秋冬。重ねる時におすすめなアイテムや着こなしを早速チェック!

ニットワンピースを使ってあったかスタイル

▼小物技を効かせるのをお忘れなく

ニットワンピースと肉厚レギンスのコーデ画像

ニットワンピースと肉厚レギンスの組み合わせで、見た目にも暖かなスタイルをメイク。ほっこりしがちなワンツーは、スニーカーやナイロンボディバッグでスポーツミックスな装いに。

▼ブラウンでぬくもり感を強調

バックスリット入りのニットワンピースと黒スキニーのコーデ画像

温度のある色といえばブラウン。バックスリット入りのニットワンピースを選んで、後ろ姿まで抜かりなく。ブラウンを引き立たせる黒スキニーとスニーカーが好バランス。

▼ホワイトを覗かせて気持ちをアップ

ニットワンピース×コーデュロイパンツのコーデ画像

端正なモノトーンスタイルは、ニット×コーデュロイのWぬくもり素材で見た目にも暖かに。スリットが入っているおかげでコーデが重くならないのも嬉しいポイント。

リブパンツでゆるっとシルエットを作ろう

▼ゆるゆるコンビは黒で引き締め

ビッグサイズのTシャツワンピースとフレアリブパンツのコーデ画像

ビッグサイズのTシャツワンピースとフレアリブパンツの組み合わせは、黒を基調とすることでルーズになりすぎない。さらにキャップをあしらって、ヘアのボリュームは抑えめにすると美バランス。

▼オールブラックで手抜きに見せない

黒のワンピースとリブパンツのコーデ画像

リラックス感が高いだけに、ともすれば部屋着感が出てしまうリブパンツ。そんな時は、オールブラックに頼ることできちんと感をプラス。プレーンな素材とリブ素材の組み合わせで立体感もゲット。

▼ゆったりコンビを膨張させない

ワンピースとフレアボトムスのコーデ画像

ゆとりのあるワンピースにフレアボトムスを重ねたゆるゆるスタイルは、色の強弱をつけることで膨張を回避。トラッドなダークブラウンシューズを添えてきちんと感をプラス。

デニムパンツを合わせてリラックスコーデに

▼お堅いシャツワンピをリラックス

ノーカラーシャツワンピースとグレーボトムスのコーデ画像

端正な顔立ちのノーカラーシャツワンピースには、色なじみの良いグレーボトムスを覗かせてコーデを程よくカジュアルダウン。エナメルのパンプスをポイントに、モノトーンコーデにメリハリを加えて。

▼レディなワンピースに親しみを

ティアードコットンワンピースとブルーデニムとざっくりニットカーディガンのコーデ画像

レディなティアードコットンワンピースには、ブルーデニムとざっくりニットカーディガンをプラスすることで親しみのあるカジュアルミックスコーデにシフト。小物の色はニットカラーと合わせて統一感を意識。

『スニーカー』を合わせたワンピースとパンツのコーデ

パンツと合わせてもワンピースってどうしても可愛らしいスタイルなってしまう、という方には足元にスニーカーを持ってくるのがおすすめ!

定番カジュアルを添えて

ベージュシャツワンピースとブルーデニム×ホワイトスニーカーのコーデ画像

グッドガールなベージュシャツワンピースには、ブルーデニムとホワイトスニーカーを合わせてレイドバックなムードをON。ボリュームのあるフレアワンピースだから、ボトムスはスキニーが好バランス。

アスレジャーミックスな着こなしに

黒のワンピース×スニーカーとグレーレギンスのコーデ画像

シンプルな黒のワンピースとスニーカーの組み合わせには、中間色のグレーレギンスを足してなじませると美バランス。さらにキャップやナイロンバッグをプラスして、アスレジャーミックスコーデをメイク。

リラックスなスウェットになじませて

オーバーサイズのスウェットワンピース×黒のレギンスとヴィヴィッドなハイテクスニーカーのコーデ画像

オーバーサイズのスウェットワンピースには、黒のレギンスとヴィヴィッドなハイテクスニーカーをなじませて物足りなさ回避。ヘアはコンパクトにまとめて、華奢な首回りを強調。

【番外編】羽織りとして活用したワンピにパンツを合わせるのもあり

ワンピースを羽織りとして使用することで、新たな着こなしが見つかるワンピース×パンツのレイヤード術。春夏、秋冬の着こなしと併せてこちらも参考にしてみて。

シアーなワンピースに重ねて

ワイドデニムとワンピースの羽織りコーデ画像

ワンピースを羽織りとして活用することを前提に見えてくるコーデもある。透け感の高いワンピースだからこそ、ボリュームのあるワイドデニムの主張も和らいだ印象に。

定番ワンツーが見違える

黒トップスとカーキリブワイドパンツ×ワンピースの羽織りコーデ画像

コンパクトな黒トップスとカーキリブワイドパンツのシンプルルックも、ワンピースを重ねてウエストマークすることで新たな着こなしが誕生。色はアースカラーで統一して、まとまりのあるコーデを意識。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW