秋冬の遊園地コーデそれで大丈夫?《年代別》に分けて絶対役立つコーデを徹底解剖!
FASHION

秋冬の遊園地コーデそれで大丈夫?《年代別》に分けて絶対役立つコーデを徹底解剖!

2019/10/30

歩きまわったり、アトラクションに乗ったりなにかと動く遊園地。だからこそ、コーデ選びが重要! 楽しみな日だからこそ、どんなスタイルで行こう……とお悩みの声がちらほら。そこで、秋冬の遊園地コーデを『年代』『ママさん』に分けてご紹介。さらにはピッタリな『アウター』まで、MINEが徹底レクチャーします!

秋冬の遊園地コーデのポイントは?

そもそも、どんなコーデが正解なの? と疑問がある人もいるのではないでしょうか。そんな人のために、まずは大人の秋冬遊園地コーデのポイントを解説します!

(1)誰と行くかでコーデをチェンジ

誰と行くのかでテーマを変えるのは基本。彼と行くなら男性ウケを、女友達と行くならトレンド感を意識して。

  • 男性ウケならパンツは「スキニー」をチョイス、スカートは「シルエット」にこだわって。
  • 女友達となら「カラー」や「アイテム」などトレンドを意識して。

誰と行っても共通なのは、“写真を撮る”のを忘れずにコーデすること。全身ダークカラーだと写真うつりがイマイチに……差し色や抜け感をプラスして地味見えを回避するのがコツです。

(2)靴は歩きやすいものをチョイス

たくさん歩いたり、アトラクション待ちで立ちっぱなし……なんてこともあり得る。そんなときにヒールなど疲れやすい靴だと足が痛くなってしまい、存分に楽しめない可能性があるので気をつけて。代表的な歩きやすい秋冬靴は、

  • スニーカー 
  • ペタンコパンプス
  • ムートンブーツ

この3つなら、おしゃれも歩きやすさも両方GETできるのでオススメ。服装によって合う靴は変わってくるので、コーデに合わせてシフトして。

『20代』さんの秋冬遊園地コーデ

20代さんは、かわいさをアピールしつつも大人っぽさをプラスして。どんなテイストで行くか迷っている人のために、年代別では【パンツ】【スカート】【ワンピース】に分けてピックアップ!

パンツスタイル

▼オールホワイトで洗練された雰囲気を

パンツのオールホワイトのコーデ画像

ピュアな印象を与えつつ、大人っぽさまで演出可能なオールホワイトコーデ。膨張するのが心配なら、パンツはダボッとしたものよりも細身シルエットを選ぶのが得策。キラッと輝くチェーンバッグを添えて、差し色&華やかさを手に入れる。

▼程よく女っぽいモノトーンコーデ

黒サロペット×赤アウターのコーデ画像

ラクかわを簡単に叶えるサロペット。初心者さんはシンプルな黒サロペットがオススメ。着る人を選ばず、基本的にどんな色のインナーでも合わせやすさ◎なのでテクいらず。インナーもシンプルなら、アウターで色味を付け足してみて。女らしさがほしいときは、赤アウターがマストアイテム。アウターを羽織れば女っぽく、脱げば白×黒のモノトーンコーデが楽しめる。

スカートスタイル

▼イエロースカートで秋冬もフレッシュに

イエロースカートのコーデ画像

スカートで行くなら、ピタッとしたシルエットよりもやわらかいものの方が動きやすさ◎。パーカー&スニーカーで挟めばより動きやすさ抜群に。あえて見せる靴下がこなれ感を出しておしゃれ度UP!

▼レザージャケット×レオパード柄スカートで辛口コーデ

レザージャケット×レオパード柄スカートのコーデ画像

レオパード柄は、未だ人気を継続中のトレンドアイテム。「派手だから……」といつもは敬遠している人も、遊園地でならハジけてみるのもアリ。アウターはレザージャケットをチョイスして、辛口にキメて。

ワンピーススタイル

▼グレーワンピースで大人顔に

グレーワンピースのコーデ画像

一枚でおしゃれコーデが完成するワンピースは、困ったときの味方。スリット入りのデザインなら、歩きやすくてストレスフリー。大人っぽく見せたい人は、グレーにトライしてみて。落ち着いた雰囲気で一瞬にして大人っぽさをゲット。

▼男性ウケもいい甘辛コーデ

ドット柄ワンピース×レザージャケットのコーデ画像

かわいらしさがあふれ出るドット柄ワンピース。甘々になるのを防ぐため、レザージャケットを羽織って甘辛風に挑戦。かわいらしさとかっこよさが絶妙にMIXされて、バランスの取れたスタイリングに。

『30代』さんの秋冬遊園地コーデ

30代さんとママさんは、大人の余裕を感じさせるスタイルがオススメ。大人だからこそ着こなせるコーデを作りつつ、ちょっぴりかわいさを秘めた遊園地コーデをマスターしてみて。

パンツスタイル

▼女っぽカジュアルコーデ

白トップス×スキニーデニム×ダウンベストのコーデ画像

白トップス×スキニーデニム合わせに、ダウンベストを追加するだけでおしゃれ指数が倍増。ボトムスはスキニーを選択することで、女っぽい脚のラインを強調できる。カジュアルコーデでも女性らしさを感じられるスタイルが完成。

▼大人の遊園地デートはきれいめに

ホワイトコーデ×ボルドーカラーのカーディガンのコーデ画像

秋冬にも爽やかさを漂わせるホワイトコーデ。そこにボルドーカラーのカーディガンをONしてレディ度を上げて。さらに、グレージュカラーのブーツを投入することで上品さを演出。魅力たっぷりの大人きれいめコーデへと着地。

スカートスタイル

▼ベーシックカラーでおしゃれ度UP

ベージュスカートのコーデ画像

スカートコーデも大人っぽく見せたい30代さんは、ベージュカラーがGOOD。落ち着いた色味で大人っぽさを醸し出し、品のよさを感じさせる。好相性の白との配色は、こなれ感を引き出しコーデをワンランクアップ!

▼青スカートで爽やかさを発揮

青スカートのコーデ画像

やわらかい素材のプリーツスカートは歩きやすさ&おしゃれを同時に叶えてくれる。青カラーは派手そうに見えて、実は知的で爽やかな印象になれるので大人女性にオススメ。ベージュマウンテンパーカーをプラスしてトレンド感バッチリの仕上がりに。

ワンピーススタイル

▼カーキカラーで一瞬にして大人顔

カーキワンピースのコーデ画像

大人っぽく、モダンな雰囲気漂うカーキワンピース。チェーンバッグが暗めのカーキコーデを程よく華やかな印象に導く。「難しそう……」と抵抗感のある人が多いハイカットスニーカーは、ワンピースと合わせれば簡単にコーデがキマり、いつもと違ったおしゃれが楽しめるので一度お試しあれ。

▼大人かわいいはワンピースで簡単に

ダークトーンの白花柄ワンピースのコーデ画像

ダークトーンに白の花柄が散りばめられた大人かわいいワンピース。足元は、歩きやすさとかわいさを兼ね備えたバレエシューズを採用。簡単に大人フェミニンスタイルのできあがり。ショルダーバッグをチョイスして、動きやすさを追求するのが正解。

ママさんは動きやすさを優先

▼パンツver.

デニムパンツ×イエローコートのコーデ画像

デニム合わせのカジュアルコーデは歩きやすさ抜群。動きやすさを叶えたら、次は華やかさを狙って。鮮やかなイエローコートでコーデも気分も底上げ。

▼スカートver.

白スカートとパーカーのコーデ画像

ふわっとした白スカートは、一歩間違えると甘々で子供っぽくなってしまうことも……。幼さを回避するために、ダークトーンのパーカーを選んでカジュアル要素をプラス。荷物が多くなるママさんは、バッグはリュックチョイスが◎。荷物がたっぷり入る+動きやすさも抜群なので、ママさんには手放せない万能アイテムです。

秋冬の遊園地にピッタリな『アウター』は?

秋冬の遊園地には、アウターが必須。一番上にくるアイテムだからこそ、ダサかったらすべて台無しに……。残念コーデを防ぐために、秋冬の遊園地コーデにしっかりハマるアイテムを教えちゃいます。

秋ver.

▼カーディガン

デニムワイドパンツ×パープルのカーディガンのコーデ画像

秋になりたてのころは、昼と夜の寒暖差が大きい日が多いもの。分厚いアウターで行ってしまうと、暑くてじゃまになってしまうことがあるので気をつけて。カーディガンなら、サッと羽織れて持ち運びしやすいものが多いので、安心。シンプルコーデのときは明るいカラーのものを、華やかコーデのときはモノトーン系の落ち着いた色を選ぶのがベスト。

▼マウンテンパーカー

マウンテンパーカーのコーデ画像

人気上昇中のマウンテンパーカーは、トレンド感をゲットできる優れもの。ボトムスを問わずマッチしやすいから、初心者さんにも挑戦しやすい。さらには、動きやすさも◎で嬉しいところがたくさん詰まったアイテムです。

冬ver.

▼ダウンコート

オフホワイトのダウンコートとワンピースのコーデ画像

アトラクション待ちなどで体が冷えないように、冬は防寒性がしっかりしたものをチョイス。ダウンコートは暖かさバッチリなのに、軽い着心地が魅力。動きまわったり、子供を抱っこしたりママさんにもピッタリの一品。

▼ボアブルゾン

ショート丈のボアブルゾンのコーデ画像

モコモコしたデザインが特徴のボアブルゾン。見た目からあふれ出る暖かさとキュートさで、文句なしのアウター。大人っぽく見せたいなら、落ち着きのあるカラーが最適。ロング丈だと歩きにくいので、ショート丈を選択するのも忘れずに。

2019年の冬服トレンドをみる

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW