MAKEUP/COSMETICS

【ブルベ冬・ウィンタータイプ】似合うアイシャドウを知って、凛とクールな女性に!

2020/06/11

パーソナルカラーは人によって異なる肌や髪、瞳の色から割り出した自分に一番合う色のこと。パーソナルカラーを覚えて買い物に出かけるといつもと違った系統のファッションやメイクにも手が出せそう! 今回はブルべ冬(ウィンター)に似合うアイシャドウをご紹介。似合うアイシャドウを使うと、ブルべ冬の凛とした雰囲気が生きるメイクに大変身できます。

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

「ブルべ冬」ってなに?特徴は?

「ブルベ冬」特徴の画像

パーソナルカラーはイエローベースの春(スプリング)、秋(オータム)。ブルーベースの夏(サマー)、冬(ウィンター)の四種類があります。まずはブルべ冬の特徴をチェック。色を味方につけたら化粧品選びがスムーズになるかも。

  • ピンク系で明るめの肌orオークル系で暗めの肌
  • 髪や瞳が赤みが強いダークブラウンか黒。白目と黒目のコントラストがハッキリしている
  • 目力が強いといわれる
  • 顔立ちがハッキリとしている
  • スタイリッシュな雰囲気があり、凛とした服やモードな服装が似合う
  • ビビッドカラーや純白、漆黒などの強い色合いが似合う
  • 明度が低く、彩度が高い色合いにマッチするクールビューティさがある

自分の肌色タイプが、わかる!

似合う色味&似合わない色味をチェック!

次にブルべ冬にぴったりなカラーをピックアップしました。得意なカラーでメイクするとスッキリと洗練された顔立ちになれます。

「ブルべ冬」に似合う色

  • ブラウン系(マルーン・コーヒーブラウン)
  • ピンク系(チェリーピンク・ヴァイオレット)
  • オレンジ系(蛍光オレンジ)
  • グリーン系(エメラルドグリーン・パイングリーン)
  • ブルー系(ロイヤルブルー・チャイニーズグリーン)

ブルべ冬(ウィンター)が得意なのはビビッドカラーや純白といったコントラストがハッキリしているカラーです。モードな雰囲気のブルべ冬は4タイプのなかで唯一「黒」が似合い、ブルべ夏と同じくグレーもぴったり。その他にも明度が低く彩度が高い華やかなカラーが似合います。質感はツヤを感じる光沢があるものが得意。輝きをメイクに取り入れるならシルバーのグリッターを取り入れてみて。

「ブルべ冬」に似合わない色

  • アイボリー
  • ピスタチオグリーン
  • 中間色

コントラスト強くパキっとしたカラーや純白、黒などが似合うブルべ冬(ウィンター)は、色を混ぜたような中間色や黄みが強いカラーが苦手。また、ゴールドなど黄みが強く主張が激しい色は存在感があるブルべ冬とぶつかって浮いてしまいます。代わりにシルバーでクールビューティな雰囲気を演出して。

似合わない色を似合わせるコツ!

「そんなこといわれても好きな色を使いたい!」という方には似合わない色を似合わせる2つのコツをレクチャー! せっかく買ったのに似合わなくて使うのをやめたアイシャドウも、この機会にヘビロテアイテムに大変身するかも。

▼得意な色とグラデーションにする

ブロンズのような温かみのあるカラーはブルべ冬が苦手なカラー。白っぽいシルバーのラメをグラデーションにしてブロンズの黄みを飛ばしてみて。一気にモードな目元のできあがり。

▼ポイント使いで楽しむ

ゴールドよりもシルバーが映えるブルべ冬ですが、得意なカラーと組み合わせると苦手なカラーも肌の色にもマッチします。ゴールドのラメを下まぶた全体にのせて涙袋を強調したら、かわいらしさを感じるビビッドメイクに。

【プチプラ編】ブルべ冬に似合うアイシャドウ

プチプラの魅力はなんといってもコスパの良さ! 多色買いで自分に合うアイシャドウを選んでみるのもいいかも。

▼ブラウン系

キャンメイク(CANMAKE)

パーフェクトスタイリストアイズ(18 ビタースウィートメモリー)

秋冬に大活躍する予感の「モーブ」はメイクに取り入れたらこなれ感MAX。旬のカラーを取り入れて流行を外さないメイクを完成させて。

▼ピンク系

ピンクからパープルまで幅広いカラーが1つになったパレット。このパレット1つでグラデーションもお手の物。マットとラメ入りを上手にカスタマイズするのが成功のカギ。

▼オレンジ系

エチュード(ETUDE)

ピクニック エアームースアイズ(BR403 春の日差し)

ザクザクラメは周りに飛んでしまい、いつの間にかアイシャドウのせいで顔全体がキラキラに……なんて失敗は、このアイシャドウで解決! ぴったりフィットするのに軽い付け心地が特徴です。

▼グリーン系

ヴィセ(Visee)

ヴィセ リシェ シマーリッチ アイズ(GR-6 グリーン系)

プチプラで見つけるのが難しい深いグリーンをヴィセから発見! ブルべ冬にぴったりな暗いエメラルドグリーンです。グリーンに抵抗感がある人はラインのように細くいれるところからトライ。

▼ブルー系

吸い込まれるような濃いブルーは目元を引き締めてモードな印象に。グリッター入りのリキッドアイシャドウはよりツヤ感が引き立ち魅力的なアイメイクになるかも。

【デパコス編】ブルべ冬に似合うアイシャドウ

自分だけでアイシャドウを選ぶのが苦手な方はプロのBAさんのアドバイスを参考にしてみて。いろいろなアイシャドウをタッチアップするとお気に入りのものを見つけられそう。

▼ブラウン系

ジョルジオ アルマーニ ビューティ(ARMANI beauty)

アイ クアトロ パレット(02)

漆黒のコンパクトにシルバーのブランドロゴはパッケージからブルべ冬向き。4色入りのブラウンはまぶたに自然な陰影を付けてくれる万能アイテム。

▼ピンク系

▼オレンジ系

アディクション(ADDICTION)

ザ アイシャドウ(80 Cry Baby P クライベイビー)

グレイッシュなカラーで媚びない色合いが絶妙でかわいいアイシャドウ。サラッとまぶたにのせるだけで濃いめに色付くので、これ1つでアイメイクが完成しそう。

▼グリーン系

シュウ ウエムラ(shu uemura)

プレスド アイシャドー レフィル(M560 A M GREEN 560 A)

マットな質感のグリーンアイシャドウですが、ブルべ冬はラメシャドウやグリッターと重ね使いするのがおすすめ。濃いグリーンを下地代わりに使うのが上級者流。

▼ブルー系

夜空のようなロイヤルブルーは見たままの発色をまぶたに表現してくれます。エッジの効いたメイクにしたいときに取り入れてみて。ラグジュアリーな印象を演出します。

アイシャドウに合わせたリップ選びを

彩度が高く、明度が低いカラーが似合うブルべ冬。魔女のような色合いのリップが似合いますが、普段使いには難しいカラー。絶妙に透けテクスチャーやベージュと混ざった色合いを選択してデイリーに取り入れて。

マットブラウンシャドウにはローズリップ

モードな雰囲気が高まるショートヘアはリップで女っぽくまとめてバランス調整。ツヤ感のあるローズリップを主役に肌はマット仕上げ。よりリップのテクスチャーを引き立てて。

オレンジアイシャドウにはローズベージュリップ

直線的なカットが似合うのもブルべ冬の特徴。キュートなオレンジアイシャドウで彫りの深さを強調して、リップはローズベージュで普段のメイクが完成。

くすみグレーアイシャドウにはピンクリップ

他の人が付けると浮いてしまう派手めなカラーを着こなすブルべ冬。くすんだグレーのアイシャドウで目元をスモーキーに、唇はピュアなピンクでギャップの効いたメイクにトライ。

この記事で紹介された商品の一覧
全9商品
商品画像
ブランド名 キャンメイク(CANMAKE) エチュード(ETUDE) エチュード(ETUDE) ヴィセ(Visee) ヴィセ アヴァン(Visee AVANT) ジョルジオ アルマーニ ビューティ(ARMANI beauty) アディクション(ADDICTION) シュウ ウエムラ(shu uemura) ルナソル(LUNASOL)
商品名 パーフェクトスタイリストアイズ(18 ビタースウィートメモリー) プレイカラー アイシャドウ ラベンダーランド ピクニック エアームースアイズ(BR403 春の日差し) ヴィセ リシェ シマーリッチ アイズ(GR-6 グリーン系) リキッドアイカラー(010 ANDROMEDA) アイ クアトロ パレット(02) ザ アイシャドウ(80 Cry Baby P クライベイビー) プレスド アイシャドー レフィル(M560 A M GREEN 560 A) グラムウィンク(04 Blue Butterfly)
特徴 - - - - - - - - -
最安値※表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって異なります。 842 特定のストアに遷移します。 詳細を見る - 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 835 特定のストアに遷移します。 詳細を見る - 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 1,182 特定のストアに遷移します。 詳細を見る - 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 1,448 特定のストアに遷移します。 詳細を見る - 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 1,408 特定のストアに遷移します。 詳細を見る
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW