FASHION

その色合わせNG!ベージュパンツ、ダサ見えしない新マナー

2019/09/03

柔らかな雰囲気を叶えてくれる上に、綺麗めな印象までゲットできるベージュパンツは、MINE世代に欠かせないワードローブの一つ。どんな着こなしが正解?

こんな色合わせは避けるのが無難

  • 全く同じ色のベージュをトップスに持ってくるのは危険! 素材次第でおしゃれに見えるけれど、薄手のアイテム同士を組み合わせるとヘロヘロとしたみっともない印象に。
  • ベージュと鮮やかなピンクの組み合わせは、今年らしい組み合わせからは外れてる。避けておきたい。くすみカラーならば今っぽく仕上がることも。
  • ベージュとペールトーンの組み合わせも今っぽく仕上がらなさそう。若作りな印象に。

ベージュパンツで作る今っぽコーデ

今っぽく仕上げるなら、旬のニュートラルカラーでまとめるのがコツ。地味にならないアイテムの合わせ方をご紹介。

白トップスとのかけ合わせで、軽やかな装いが叶うライトベージュパンツ。肌馴染みの良いベージュは、ワイドシルエットを選んで主張を強めて。

ベーシックなベージュストレートパンツには、同じく旬のブラウンを使ったトップスを足してグラデーションコーデをメイク。白カーディガンをあしらって、同系色にメリハリを加えると美バランス。

こちらも同系色のトップスと合わせたベージュパンツコーデ。Tシャツとのカジュアルな組み合わせも、ハイウエストパンツ×太ベルトのおかげでマンネリしない。旬のトングサンダルとパイソン柄バッグを足して、小物まで抜かりなく。

ベージュノースリーブトップス×ライトベージュパンツの組み合わせで縦ラインを強調すればスタイルアップにつながる。ボトムスはフレアラインをチョイスして、女性らしさを上乗せ。小物も同色でまとめると今っぽいワンカラースタイルが完成。

旬のハーフパンツも、リネン素材かつベージュカラーなら幼く見える心配なし。きちんと感の上がるシアーな白シャツを重ねてグッドガールな装いを楽しんで。

ベージュパンツをECサイトで探す

他の記事もCheck!

▼おすすめ記事はこちら

▼こちらもおすすめ

\お好きなコーデは見つかりましたか?/

Instagramに【#mineby3mootd】で投稿されたコーデ写真から、ピックアップして紹介します!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW