FASHION

ダサい…!この秋、“ベージュ”に絶対合わせてはいけない色を発表

2019/09/03

今季トレンドカラーであるベージュ、ともすれば地味かつスタイルが悪く見えるコーデになってしまっているかも? 旬カラーをおしゃれに着こなすためにも、お手本スタイルを参考にベージュコーデを見直してみて!

合わせたくないのはこんな色!

  • ベージュ×原色は、カジュアルな印象になりがち。ニュートラルカラーが流行している今は避けるのが無難。
  • ベージュ×パステルカラーは野暮ったくなる可能性大。綺麗目に仕上がる率は高いけれど、今っぽい大人カジュアルコーデに仕上げるならやめておいて。
  • ベージュ×同じ色のベージュは、おしゃれに仕上がるけれど要注意。もし上下どちらともゆるいシルエットだったり、薄手の素材だったりすると部屋着っぽく見えそう。

今年おすすめなのはこんなコーデ♡

今年断然おすすめなのは、同系色のアイテムでまとめること。半袖やノースリーブでもベージュ系でまとめれば自然と秋っぽくなるから、これからの残暑にぴったり。

同じくトレンドであるリネン素材を使って、セットアップ風コーデをメイク。色なじみの良いブラウンのワンショルダートップスやドットスカーフをあしらって女性らしさを強調。ナチュラルなベージュも、顔周りに華やぎを作れば地味にならない。

旬の組み合わせであるベージュ×ブラウンは、メリハリをつけるのが鍵! 身体のラインに沿ったリブノースリーブトップスには、フレアボトムスを合わせてバランスを調整。小物の色も統一すれば、大人のリラックスコーデが完成。

肌馴染みの良いベージュリブワンピースには、オフホワイトのシャツを重ねて肌との境界線をつけて。柔らかなベージュと相反するシルバーアクセサリーを添えて、都会派エッセンスをプラス。

楽々コーデが決まるベージュのサマーニットアップには、黒小物を合わせてコーデを引き締め。ふんわりヘアアレンジと大ぶりピアスで顔周りの華やぎも忘れずに。

Aラインのベージュワンピースは、グレイッシュトーンを選んで上品な印象に。ふわっと広がるシルエットだからこそ、コンパクトなバッグや細ストラップサンダルを足して華奢さを強調すると美バランス。

他の記事もCheck!

▼おすすめ記事はこちら

▼こちらもおすすめ

\お好きなコーデは見つかりましたか?/

Instagramに【#mineby3mootd】で投稿されたコーデ写真から、ピックアップして紹介します!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW