ユニクロ「ボアフリースコート」はサイズ感が大事!着ぶくれしない実践術
FASHION

ユニクロ「ボアフリースコート」はサイズ感が大事!着ぶくれしない実践術

2019/08/21

毎年売りきれ続出の「ユニクロ(UNIQLO)」ボアフリースコート。お手軽な価格なのにハイクオリティなこのアイテムは、おしゃれさんなら買わない手はありません。とはいえ気になるのは大きくなりがちなそのサイズ感。ここでは2019年に着ぶくれずにスマートに着られるコーデを、コートの色別に紹介します。

ピンクのボアフリースコートとボーダーと黒パンツのコーデ画像

ざっくりしたボーダーのトップスには、モノトーンのパンツがおすすめ。とくに黒はコートのピンクとベストマッチです。ボーダーが独特のこなれ感を発揮してくれるので、パンツや小物を黒でまとめても程よいぬけ感のある大人コーデにまとまります。

『ブラウン(ベージュ)』のボアフリースコートでやわらかなサイズ感

やさしい女らしさを出したいなら、おすすめの「ユニクロ」ボアフリースコートはブラウン(ベージュ)。ふわふわした生地の見た目と相まって、着るだけでやわらかい印象を作ってくれます。インナーや小物を工夫して大人のふんわりコーデを完成させて。

モコモコしすぎないためのインナーはやっぱり黒

ベージュのボアフリースコートと黒のインナーのコーデ画像

ふんわり感が魅力のボアフリースコートだけれど、ボリューミーなサイズ感が心配……という方におすすめなのがこのコーデ。インナーを上下とも黒にすると、ふわふわな雰囲気は残したまま、すっきりとしたコーデができあがり。足首見せの黒い靴をチョイスして大人な印象に。

小物とスカートはモノトーンできちんと感

ブラウンのボアフリースコートとスカートのコーデ画像

ブラウンのボアフリースコートにスカートを合わせるなら、小物使いを工夫して。ベレー帽をかぶれば一気におしゃれ上級者に。インナーも小物も、モノトーンを合わせましょう。きちんと感が漂う落ち着いたコーデが完成します。ちょっとしたおでかけにピッタリ。

定番の『黒ボアフリースコートコート』

コートの定番といえば黒。「ユニクロ」ボアフリースコートでも定番カラーが作られています。いつものモノトーンコーデになりがちだけれど、ちょっとした工夫で暗い印象のコーデから脱出できます。

小物使いと足首見せでボーイッシュになりすぎない

黒のボアフリースコートのワントーンコーデ画像

ワントーンコーデでも、違う色の帽子やベルトをプラスすることでアクセントになります。また、デニムの裾をロールアップして、ちらりと足元の肌見せをしてみて。暗い印象がガラリと変わります。

ボアフリース『テーラードコート』

「ユニクロ」ボアフリースコートには、ボアフリーステーラードコートも作られています(2018年)。襟付きのこちらは定番のノーカラーコートとはまた違った印象。好みに合わせて選んでみて。

白パーカー×黒小物でカジュアルを極める

ボアフリーステーラードコートと白パーカー×黒小物のコーデ画像

前を開けて着ると、カジュアル感が出るボアフリーステーラードコート。白パーカー×黒バッグでカジュアルなおしゃれ感を出して。決め手はパンツに黒を選ぶこと。足元にブーツをもってくれば、靴まで気をつかっている上級者な雰囲気に。

黒インナー×黒小物でふわっとしすぎない

ボアフリーステーラードコートと黒インナー×黒小物のコーデ画像

こちらもテーラードコートを前開けで着用。バッグとサングラスを黒で合わせることで、カジュアルになりすぎません。ブーツで足元を引き締めれば、カジュアルだけれどハードな印象に。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW