ユニクロ「ボアフリースコート」はサイズ感が大事!着ぶくれしない実践術
FASHION

ユニクロ「ボアフリースコート」はサイズ感が大事!着ぶくれしない実践術

2019/08/21

毎年売りきれ続出の「ユニクロ(UNIQLO)」ボアフリースコート。お手軽な価格なのにハイクオリティなこのアイテムは、おしゃれさんなら買わない手はありません。とはいえ気になるのは大きくなりがちなそのサイズ感。ここでは2019年に着ぶくれずにスマートに着られるコーデを、コートの色別に紹介します。

モコモコをめざす『白のボアフリースコート』

「ユニクロ」ボアフリースコートの強みは、なんといっても暖かさと、モコモコかわいいシルエット。白コートの場合は、そのかわいらしさを前面に押し出したコーデが◎。ショールやブーツといった小物を工夫すれば、パンツスタイルでもかわいらしい印象ができあがります。

白のボアフリースコートでガーリーな子羊コーデ

白のボアフリースコートでガーリーな子羊コーデした画像

ショールやマフラーは大きめのものをふんわり巻くのがGOOD。いつもの巻き方をちょっと工夫して、大きめに巻いてみて。モコモコのコートとふわふわのマフラーがベストマッチして、きっと守ってあげたい存在に映るはず。インナーはベージュなどのヌーディーな色で、女らしさを強調して。

インナーをダークトーンで締めたメンズライクコーデ

白のボアフリースコートとパーカー&黒パンツのコーデ画像

ボトムスには黒のパンツ、インナーにはスポーティーなパーカーを合わせても、どこかかわいらしく見えてしまうのが白のボアフリースコートの魔法。足元のムートンブーツがキュートなコーデをまとめています。インナーがダークトーンだとガーリーになりすぎないのもポイント。

小物使いで着ぶくれをおさえよう

白のボアフリースコートとスポーティーな黒のバッグのコーデ画像

白といえば膨張色。そんな着ぶくれのお悩みを解決してくれるのが、黒やグレーといった落ち着いた色の小物です。大きく巻いたショールや、スポーティーな黒のバッグが膨張しがちなコートから視線をそらせてくれるので、着ぶくれて見えません。

『ピンクのボアフリースコート』で甘すぎない大人コーデ

2018年に大人気だった「ユニクロ」ボアフリースコートのピンク色。2019年も人気なこと間違いなしです。ピンクは甘すぎる……と避けがちな方も、インナーやバッグ、靴を工夫するだけで大人なコーデにまとまります。ぜひ2019年は取り入れてみて。

デニムを合わせ、インナー&足元を白でそろえる

ピンクのボアフリースコートとデニムのコーデ画像

「ユニクロ」ボアフリースコートはデニムとの相性が抜群。そんなとき、インナーと靴を白でそろえてみて。ナチュラル感がプラスされて爽やかなコーデに。

インナー&足元&バッグを黒でそろえる

ピンクのボアフリースコートとインナー&足元&バッグを黒にしたコーデ画像

ピンクと黒はベストマッチの配色。デニムを履くときも、その相性のよさはコーデを引き立てます。インナーと靴、カバンも黒で合わせてみて。大人シンプルなコーデがまとまります。カバンはスポーティーな小ぶりのものが◎。

インナーはモノトーン一色でシャープな印象に

ピンクのボアフリースコートとオールブラックのコーデ画像

コートがピンクで甘い分、インナーは思いきって全身黒で締めてみるのもアリ。ピンク初心者さんは、インナーはオール黒から始めてみては。お気に入りのベルトもワンポイントで映えます。

ボーダー×モノトーンでこなれ感を

次ページ> 『ブラウン(ベージュ)』のボアフリースコートでやわらかなサイズ感
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW