Tシャツのサイズ感で「絶対」失敗しない!骨格タイプで徹底解説
FASHION

Tシャツのサイズ感で「絶対」失敗しない!骨格タイプで徹底解説

2019/08/20

老若男女問わず、誰でも一枚は持っている「Tシャツ」。皆さんのワードローブのなかにももちろんありますよね? さまざまなブランドからいろいろな形やデザインのものが出ていて、はやりすたりがないアイテムなので、意外になんとなく選びがちの方も多いのではないでしょうか。実はそれ、かなりもったいないんです。今回は絶対に失敗しない「Tシャツ」のサイズ感の選び方について徹底解説します!

「骨格ストレート」さんは“ジャストサイズ”がマスト

自分の骨格タイプはわかりましたか? ここからはそれぞれの骨格タイプ別に似合うTシャツと、おすすめのコーディネートをご紹介!

まずは、「骨格ストレート」さん。メリハリのある体つきをしている、このタイプに似合うTシャツのサイズ感はズバリ、“ジャストサイズ” 。オーバーサイズは着ぶくれして見え、反対にコンパクトなものは肉感を拾ってしまうのでNG。首が短めなのでクルーネックではなくざっくりVネックが得意。ハリのある素材のもので、袖元に少しゆとりを持たせたものを選ぶと◎。

×パンツコーデ

▼クルーネック×首元すっきりお団子ヘアで苦手を克服!

クルーネック×首元すっきりお団子ヘアのコーデ画像

「骨格ストレート」さんの特徴として首が短め、ということもありクルーネックは苦手。しかしお団子ヘアで首元をすっきりさせたら「クルーネックが苦手」を簡単に克服できちゃう! ぴったりすぎないガールフレンドデニムとビーチサンダルでシンプルイズベスト。

▼つまったクルーネックは黒を着て全体を引き締める!

黒のつまったクルーネックのコーデ画像

襟元がつまっているデザインが苦手な骨格ストレートさんも、ワンサイズあげて黒いTシャツを選べばクルーネックも克服! 得意とする太めワイドパンツを合わせたら、Iラインシルエットでシャープな印象に。

▼シンプルイズベストは骨格ストレートさんの代名詞!

真っ白なTシャツとデニムのコーデ画像

真っ白なTシャツに、デニムを合わせた基本形ワンツーコーデ。骨格ストレートさんはとことんシンプルなコーディネートが映えるスタイルの持ち主。せっかくのワンツーコーデ、気分が上がる自分が一番と思える上質なものを選んで。

×スカートコーデ

▼ゆとりあるクルーネックはタイトスカートでシルエットのバランスをとる

ゆとりあるクルーネックとタイトスカートのコーデ画像

ゆとりのあるクルーネックなら首元がもたつかずすっきり見えるので、骨格ストレートさんにもおすすめ。レオパード柄は今季トレンド柄のひとつ。Vカットパンプスなど骨格ストレートさんが得意とするアイテムを散りばめてとことんクラス感ある着こなしに。

▼深めVネックはハイウエストスカートでとことん女性らしく

深めVネックとハイウエストスカートのコーデ画像

ジャストサイズのVネックTシャツ。袖元がフレンチスリーブでも、ハイウエストのボトムスで縦のシルエットを意識すれば肉感が目立たず着られる!

“オーバーサイズ”は「骨格ナチュラル」さんの特権!

続いては、「骨格ナチュラル」さん。このタイプは先述したとおり、とにかくメンズライクに「オーバーサイズ」を選ぶと◎。Tシャツの質感も厚手で、生地がしっかりしているものが得意。コンパクトなサイズ感のものは避けて、襟元はクルーネックをチョイス。また、ロゴTやプリントTも得意なので白Tがマンネリ化してきたら、Tシャツの雰囲気を変えてみるのも手。バリエーション広く楽しめるのは骨格ナチュラルさんの特権!

×パンツコーデ

▼思いきった超オーバーサイズがこなれて見える

次ページ> 「骨格ウェーブ」さんは断然“コンパクト”が似合う!
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW