Tシャツのサイズ感で「絶対」失敗しない!骨格タイプで徹底解説
FASHION

Tシャツのサイズ感で「絶対」失敗しない!骨格タイプで徹底解説

2019/08/20

老若男女問わず、誰でも一枚は持っている「Tシャツ」。皆さんのワードローブのなかにももちろんありますよね? さまざまなブランドからいろいろな形やデザインのものが出ていて、はやりすたりがないアイテムなので、意外になんとなく選びがちの方も多いのではないでしょうか。実はそれ、かなりもったいないんです。今回は絶対に失敗しない「Tシャツ」のサイズ感の選び方について徹底解説します!

似合うTシャツのサイズ感を見つけるなら「骨格タイプ診断」!

さて、皆さんはTシャツを買うとき何を決め手にしますか? デザイン、色、ロゴ、ブランド……さまざまな要素がありますが、どのTシャツも「サイズ感」が一番大切なんです 。しかし、意外と自分の“一番”似合うTシャツの形やサイズ感ってわからない、という方も多いのではないでしょうか。そこで、簡単に自分に一番似合うTシャツを見つけるのに参考になるのが「骨格タイプ診断」なんです!

「骨格タイプ診断」とは

「骨格タイプ診断」とはのイメージ画像

「骨格診断」とは、 身体の「ライン」「質感」から自分自身の体型を最もキレイに見せてくれるファッションアイテムを導き出す診断のことです。オシャレにみせようとするとき、定番のものやトレンドを意識しがちですが、はやりのアイテムがすべての人に必ず似合うとは限りませんよね。でも、骨格診断で自分の骨格タイプがわかれば、得意なアイテムと苦手なアイテムがわかり、お洋服選びに悩む時間や、お買い物の失敗が減りますよ!

骨格タイプは全部で3タイプ

3タイプの骨格タイプのイラスト画像

「骨格診断」では、 持った筋肉や関節、脂肪のつき方などから判断します 。年齢や身長、体重といったものには左右されません。骨格診断でわかる骨格タイプは全部で3つ。自分の骨格タイプがわかると、似合うお洋服がわかります。その結果、服に着られることなく、着やせし、上品に見えたり垢ぬけて見えたりと、嬉しいことがたくさん! 下では3つのタイプの特徴を載せているので当てはまるものが多いものを見つけてみてくださいね!

ストレート

骨格タイプ「ストレート」のイラスト画像

まずは、「骨格ストレート」タイプ。このタイプは、

  • 身体に厚みがある
  • どちらかというと上半身に脂肪がつきやすい
  • ウエストが出にくく、寸胴
  • 膝下はスッと細い

というような特徴が。上重心で、筋肉の質感も感じさせるまさに"メリハリボディ"がこのタイプ。メリハリがあるのでシンプルなアイテム同士の組み合わせが得意。しかし、リブ素材やプリーツスカートなどは筋肉の質感を拾うため苦手。「すっきり」していて「クラス感」「高級感」のあるコーディネートが一番似合うタイプ です。

ナチュラル

骨格タイプ「ナチュラル」のイラスト画像

続いては、「骨格ナチュラル」タイプ。このタイプは、

  • 関節や骨格がしっかりとしている、関節が大きい
  • 手や脚も大きい傾向
  • くるぶしや膝などがしっかりとしていて大きい
  • 肉感をあまり感じさせない
  • 全体的にボックスシルエット、直線的なボディライン

というような特徴があります。筋肉や脂肪があまり感じられないスタイリッシュタイプ。長めの丈やオーバーサイズが得意で、ボディラインを拾う華奢なアイテムが苦手。「ラフ」で「カジュアル」「メンズライク」なコーデがとってもよく似合います

ウェーブ

骨格タイプ「ウェーブ」のイラスト画像

最後は「骨格ウェーブ」タイプ。このタイプは、

  • 華奢でなだらかなカーヴィーボディ
  • 身体に厚みがなく、薄い
  • 上半身には脂肪がつきにくいので一見細く見えるが、実は下半身にボリュームがある
  • 二の腕が細い人が多い
  • 首が長く、水が溜まるような鎖骨

というような特徴があるタイプ。下重心で、全体的にやわらかい曲線のボディラインの持ち主。ウエストマークなどのボディラインを強調するアイテムや、フェミニンな女性らしいアイテムが大得意。かわりに身体が薄いのでオーバーサイズやメンズライクなアイテムは“着られている”感が出てしまい苦手。「ソフト」で「華やか」「キュート」なコーディネートがおすすめ

次ページ> 「骨格ストレート」さんは“ジャストサイズ”がマスト
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW