【黒トレンチコート】で脱・量産型!《長さ・季節別》コーデ19選
FASHION

黒トレンチコートで脱・量産型 | お手本コーデ【19選】

2020/01/30

シャープでかっちりした印象の「黒トレンチコート」。「持っているけど、どんな風に合わせたらいいの?」とお悩みの方も多いはず。今回は、実はどんなスタイルにも着回し抜群の「黒トレンチコート」のお手本コーデを、丈別・季節別にご紹介していきます。ぜひ参考にして、ワードローブをより盛り上げてみて。

黒トレンチコートに【合わせたいアイテム】

黒トレンチコートに【合うアイテム】のイメージ画像

もともときちんと感のあるトレンチコートですが、黒トレンチコートはどんなシーンにも着ることができる便利なアイテム。パンツ・スカート・ワンピースそれぞれのおすすめアイテムを使ったお手本コーデをチェックしていきます。

1.パンツ

▼スキニーパンツで簡単おしゃれ見え

スキニーパンツで簡単おしゃれ見えしたコーデ画像

ボトムスのすっきりとしたシルエットに対し、トレンチコートのボリュームでコントラストをつけているのがポイント。定番のモノトーンスタイルに、差し色としてグリーンのサボサンダルを合わせて優しい印象に。

▼デニム合わせでコーデをぐっと引き締める

デニム合わせでコーデをぐっと引き締めたコーデ画像

カジュアル感の強いデニムと合わせるときは、黒トレンチコートに合わせてインナーや足元も黒でそろえると、よりクールな雰囲気に。スタイルアップも可能な、カジュアルとシンプルを両立させた大人のスマートスタイル。

▼ワイドパンツで絶妙なシルエットに

ワイドパンツで絶妙なシルエットにしたコーデ画像

ローゲージの白ニットとキャメルのワイドパンツの組み合わせは、コーデによっては少しヤボったく見えることも。ナチュラル感のあるアイテムに黒トレンチコートをふわっと羽織れば、一気に垢抜けたスタイルに。足元は革靴を選んでシティ感を演出して。

2.スカート

▼ゆらめくフレアスカートでシックに

ゆらめくフレアスカートでシックにしたコーデ画像

黒トレンチコートをスカートと合わせて着るときは、それぞれの丈感が重要。とくにこのコーデのようにフレアなシルエットのスカートは、コートの裾から少し見えているくらいが◎。袖のボリュームがかわいい黒トレンチコートと動きのあるスカートのシルエットが、より女性らしいスタイルを叶えてくれます。

▼プリーツスカートの上に羽織ればオフィスにも◎

プリーツスカートの上に羽織れったコーデ画像

立体的で繊細な表情が引き立つアコーディオンプリーツスカートを主役に、Aラインのシルエットが魅力のロング丈の黒トレンチコートを合わせたコーデ。裾からチラリと見えるプリーツデザインで、後ろ姿も魅力的に見せて。ベーシックなアイテム合わせなので、オフィスにも最適です。

3.ワンピース

▼寒色でまとめて大人なエレガントスタイルに

寒色でまとめて大人なエレガントスタイルにしたコーデ画像

くしゅっとしたハイネックと切替のプリーツが印象的な、ライトグレーのニットワンピース。デイリーユースに最適なコットン生地の黒トレンチコートで包みこめば、親しみやすさと品のよさを両立させるスタイルが完成。

▼レイヤードさせてコントラストをつける

レイヤードさせてコントラストをつけたコーデ画像

デザイン性の高い黒トレンチコートを、トーンが同じオリーブ色のベルトでウエストマーク。どこかレトロな趣を見せるデニムワンピースは、このようにレイヤードさせるとグッと大人っぽい仕上がりに。

【ロング丈】でスタイルアップを狙って

簡単にこなれ感を演出してくれるロング丈の黒トレンチコートは、ここ数年で人気急上昇中。縦長ラインを美しく見せてくれるので、スタイルアップ効果も期待できます。

紐で結んでAラインを意識して

紐で結んでAラインを意識したコーデ画像

黒トレンチコートにひだを作って付属の紐でキュッと結ぶと、くびれをよりきれいに見せることができます。身体のラインを美しく作り上げたら、鮮やかな真朱のフレアスカートでコーデをグッと印象づけ、ミニマルな華やかさを演出。

プリーツ素材でロマンティックに

プリーツ素材でロマンティックにしたコーデ画像

繊細なチェック柄が描かれたバックスタイルが印象的な、マキシ丈の黒トレンチコート。360度どこを見ても可憐な表情に見せてくれるため、他アイテムはシンプルなデザインを選んで黒トレンチコートを引き立ててあげるのが正解。

デザイン性の高いトレンチコートで存在感を発揮

デザイン性の高いトレンチコートで存在感を発揮したコーデ画像

デザイン性の高いアイテムを取り入れるときは、ちらっと見えるボトムスにはっきりとした色をもってくると、よりおしゃれ見え。ストームシールド部分に白のパイピングを効かせて、後ろ姿も抜かりなく魅力的に。

【ミディ丈】はどんなシーンにも最適

定番のミディ丈の黒トレンチコートは、オフィス使いからデイリーユースまで、着るシーンを選ばない優秀アイテム。定番だからこそ、ともすれば着こなしがマンネリになってしまうことも。上手に着まわすコツを知って、コーデの幅を広げてみて。

定番のモノトーンには差し色を取り入れて

定番のモノトーンには差し色を取り入れたコーデ画像

ベーシックな黒トレンチコートを羽織った、軽やかな装い。一見シンプルなモノトーンコーデに見えながら、トレンチの中にニットベストとボーダートップスを重ねれば、さりげなく上級者の着こなしに。差し色に鮮やかなブルーのリュックを添えれば、モノトーンにありがちな重たい印象を回避。

ドロップショルダーデザインは抜け感を出したいときに

ドロップショルダーデザインは抜け感を出したコーデ画像

ダブルボタンが特徴の上品な黒トレンチコート。後ろにドロストを採用し、ウエストマークで美シルエットに。肌なじみのいいベージュのニットワンピースの裾に施されたチュールをのぞかせて、どこかセンシュアルなムードを漂わせて。

【ショート丈】は個性的にきめたいときに

ショート丈のコートは、子供っぽくなりがちなのでは……? と敬遠してしまう人もいるのではないでしょうか? ショート丈のトレンチコートは、ワイドなシルエットのボトムスを合わせてあげると、トレンドに合った大人の品格漂うスタイルに。まわりと少し違った装いやエッジィなムードを楽しみたいという人にぴったりのアイテムです。

カラーパンツの引き立て役に

カラーパンツの引き立て役にしたコーデ画像

リズミカルに広がるワイドパンツに、コンパクトなショート丈の黒トレンチコートを合わせれば、パンツの色が引き立つと同時に脚長効果も実現。華奢なゴールドのネックレスとクラッチバッグを飾れば、およばれにも最適な装いが完成します。

抜き襟スタイルでも気取りすぎない

抜き襟スタイルでも気取りすぎないコーデ画像

ボリュームのあるラグラン袖を用いた、デザイン性の高いショート丈の黒トレンチコート。抜き襟にすることで、トレンドを意識したこなれ感のあるスタイルへとシフト。秋の景色に映えるオレンジ色のセンタープレスパンツを合わせて、フェミニティにアプローチ。

【秋冬】のコーデ例

毎年迷ってしまう、秋冬に備えたコート選び。ダークカラーでまとめがちな秋冬の洋服に黒トレンチコートを羽織れば、重たい印象にならず、かつ美シルエットが叶います。今年は黒トレンチコートで、秋冬の装いをアップデートさせてみませんか?

フレア素材のトレンチコートでワンピース風に

フレア素材のトレンチコートでワンピース風にしたコーデ画像

幅の広いプリーツが印象的な、まるでワンピースのようなロング丈のトレンチコート。秋冬に取り入れたいハイネックニットに合わせて、防寒とおしゃれを両立。ボトムスにはワイドパンツを採用して美しいAラインを意識しつつ、小物類をベージュに統一し、凛としたエレガントスタイルを完成させて。

レトロガーリーな雰囲気ながらも大人っぽく

レトロガーリーな雰囲気ながらも大人っぽくしたコーデ画像

トレンチコート自体はクラシカルなアイテムですが、流行のニットスカートやスカーフなどのアイテムに合わせれば、トレンド感のあるレトロコーデに! 黒トレンチコートがモダンな雰囲気をプラスし、全体をまとめてくれる。

ニットの柄を襟元からチラリと見せて

ニットの柄を襟元からチラリと見せたコーデ画像

スリーブストラップと腰のベルトで立体的なシルエットを意識したハンサムスタイル。襟元からは、ニットに施されたノルディック柄をさりげなく見せて、どこか懐かしさを漂わせて。深めのスリットが入ったリブパンツは足元のほどよい肌見せを叶え、こなれ感を演出してくれます。

【春】のコーデ例

クローゼットの中を一新し、身も心も軽やかにおでかけしたい春。黒トレンチコートを取り入れる場合は、コットンやポリエステルなどの軽い素材のものを選ぶのがおすすめ。また小物や洋服のどこか一点明るいカラーを取り入れて、春らしさをプラスをしてみて。

ワンカラーコーデに取り入れてキュッと引き締め

ワンカラーコーデに取り入れてキュッと引き締めたコーデ画像

プリーツスカートにシャツワンピースを重ねたガーリーな組み合わせは、オーバーサイズの黒トレンチコートを羽織ることでグッと大人っぽい印象に。コットン素材のトートバッグとスニーカーを添えれば、気取りすぎない大人のカジュアルスタイルが完成。

デニム素材を引き立てる

デニム素材を引き立てたコーデ画像

カジュアル感の強いデニムと合わせるときは、インナーや足元も黒でそろえると、よりクールな雰囲気に。カジュアルとシンプルを両立させた大人のスマートスタイルで、スタイルアップも狙って。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW