BEAUTY

ベースメイクの順番は、2パターン!【基本ルールとNGリスト】

2019/12/05

「順番ややり方がわからない」「ヨレて崩れる」「おすすめのアイテムが知りたい」などなど、ベースメイクに関するお悩みを一気に解消! ここでは、ベースメイクの《手順》から《崩れないベースメイクのつくり方》、《おすすめアイテム》まで徹底的にレクチャーします。基本のベースメイクをマスターして「美肌」を手に入れましょう!

ベースメイクの順番【基本ルールを図解】

ベースメイクの基本的な順番は(1)スキンケア(2)日焼け止め(3)化粧下地(4)コンシーラー(5)パウダーファンデーションです。その後、必要に応じてハイライトやシェーディングを行います。

また、リキッドタイプのファンデーションを使用する場合、コンシーラーの前に塗ることに注意してください。(※下図参照)

ファンデーションは「パウダー」か「リキッド」でコンシーラーの順番が変わる。

ファンデーションの種類によって【コンシーラー】の順番が変わります。

【パウダーファンデーション】を挟むベースメイクの順番

  1. スキンケア
  2. 日焼け止め
  3. 下地
  4. コンシーラー
  5. パウダーファンデーション
  6. ハイライト・シェーディング

【リキッドファンデーション】を挟むベースメイクの順番

  1. スキンケア
  2. 日焼け止め
  3. 下地
  4. リキッドファンデーション
  5. コンシーラー
  6. ルースorプレストパウダー
  7. ハイライト・シェーディング

リキッド?パウダー?自分に合うファンデーションの判断ポイント

ベースメイクの順番が分かっても、そもそも自分に合うファンデーションが分からない人も多いはず。そんな人は下のリストをチェック! 自分がなりたい肌のイメージに合った方をチョイスしてみて。

『リキッドファンデーション』がおすすめの人

  • 肌に自信がなくしっかりカバーしたい
  • トレンドのツヤ肌や立体顔を目指したい
  • 乾燥肌で潤いが欲しい
  • メイク直しを減らしたい

『パウダーファンデーション』がおすすめの人

  • 薄づきが好き
  • 肌に負担をかけたくない
  • オイリー肌で化粧が崩れやすい
  • 毛穴が気になる

【リキッドファンデーション】を使ったベースメイクの順番と塗り方

次に、『リキッドファンデーション』を使ったベースメイクの順番と塗り方をレクチャー! カバー力が高いリキッドファンデーションは、少しプロセスが複雑なのでしっかりとマスターしましょう!

1.スキンケア

ぬるま湯で「洗顔」後、たっぷりと「化粧水」を染み込ませたコットンで肌にパッティングし、化粧水を浸透させます。最後に化粧水を肌に押し込むようにハンドプレスすると浸透力UP。次に「乳液」や「保湿クリーム」、「美容オイル」で化粧水にフタをし、保湿します。

2.日焼け止め

日焼け止めを「おでこ」「両頬」「あご」の4点に、パールひと粒分ずつのせ、内側から外側に向かって伸ばします。頬に伸ばしたあと手に残った日焼け止めを、鼻に伸ばします。首からデコルテ部分にかけてもよくなじませましょう。

3.下地・コントロールカラー

下地は、「日焼け止めと同様のやり方」で伸ばし、なじませます。
コントロールカラーは、気になる部分に少量のせ、中指と薬指を使って「叩き込む」ようにしてぬります。

《カバー部分別コントロールカラーの色》
ニキビや小鼻まわりなどの赤みや茶グマが気になる部分→「イエロー・グリーン」
くすみを消し血色感や透明感を出したい部分→「ピンク・ブルー・パープル」
うぶ毛の剃り跡や青グマなどの青ぐすみ→「オレンジ」

4.リキッドファンデーション

手の甲にファンデーションをパールひと粒分出し、スポンジになじませるようにとります。
「頬→あご→まぶた→額」の順番に「中心から外側へ」伸ばしていきます。
「鼻部分」は上から下に向かって伸ばし、「小鼻周り」は叩き込むようにして塗ります。
最後に「フェイスライン」を中心から外側に向かってグラデーションを作るようになじませませて完成。

5.コンシーラー

ニキビやシミなど、隠したい部分よりも少し広い範囲にコンシーラーをのせ、指で「軽く叩く」ようにしてなじませます。

6.フェイスパウダー

「ブラシ」の場合は、顔の「中心から外側」へ向かって、ブラシをくるくる回しながらパウダーをのせていきます。毛穴が気になる部分はブラシを「下から上」へ向かって動かすことでカバーできます。

「パフ」の場合は、パフにパウダーをつけたあと、パフの両端を持ってパウダーをもみ込みます。ブラシと同様に、顔の「中心から外側」へ向かってパフを押さえるようにしてパウダーをのせます。

【パウダーファンデーション】を使ったベースメイクの順番と塗り方

次は【パウダーファンデーション】を使ったベースメイクについて詳しく見ていきましょう! パウダーファンデーションは、リキッドファンデーションに比べて手順が少なく、時短メイクしたい人にもおすすめ。

1.スキンケア

ぬるま湯で「洗顔」後、たっぷりと「化粧水」を染み込ませたコットンで肌にパッティングし、化粧水を浸透させます。最後に化粧水を肌に押し込むようにハンドプレスすると浸透力UP。次に「乳液」や「保湿クリーム」、「美容オイル」で化粧水にフタをし、保湿します。

2.日焼け止め

日焼け止めを「おでこ」「両頬」「あご」の4点に、パールひと粒分ずつのせ、「内側から外側に向かって伸ばします。頬に伸ばしたあと手に残った日焼け止めを、鼻に伸ばします。首からデコルテ部分にかけてもよく伸ばしましょう。

3.下地・コントロールカラー

下地は、「日焼け止めと同様のやり方」で伸ばし、なじませます。
コントロールカラーは、気になる部分に少量のせ、中指と薬指を使って「叩き込む」ようにしてぬります。

《カバー部分別コントロールカラーの色》
ニキビや小鼻まわりなどの赤みや茶グマが気になる部分→「イエロー・グリーン」
くすみを消し血色感や透明感を出したい部分→「ピンク・ブルー・パープル」
うぶ毛の剃り跡や青グマなどの青ぐすみ→「オレンジ」

4.コンシーラー

ニキビやシミなど、隠したい部分よりも少し広い範囲にコンシーラーをのせ、指で「軽く叩く」ようにしてなじませます。

5.パウダーファンデーション

スポンジに、スポンジ面積の半分くらいの量のファンデーションをとり、「中心から外側」に向かって顔全体に伸ばしていきます。
「小鼻・唇まわり」は人差し指でスポンジを押さえるようにして塗ります。
「目元部分」は、目頭から目尻に向かって薄く塗ります。目周りは皮膚が薄くヨレやすいので、塗りすぎには注意。
最後にフェイスラインをなじませて完成。

6.ハイライト・シェーディングの入れ方

フェイスパウダー・パウダーファンデーションのあと、仕上げに「ハイライト・シェーディング」を入れれば、「立体的なツヤ肌」に。それぞれの入れ方は下の記事をチェック!

ハイライトの人気記事

シェーディングの入れ方

【崩れないベースメイク】のつくり方

崩れる3つのパターン

メイクが崩れる理由は、主に3つあります。

1つ目は、「乾燥・皮脂」。肌が乾燥すると皮膚を守るための皮脂が分泌され、それが原因でメイクがヨレてしまいます。

2つ目は、「汗」。とくに夏場は汗でメイクが流れ、崩れてしまいます。

3つ目は、「ファンデーションの厚塗り」。ファンデーションには油分が含まれており、厚塗り過ぎると余計な油分でメイクがヨレてしまうことも。

以下に気をつけて、ベースメイクを。

  1. スキンケアをしっかりとする
  2. ファンデーションを厚塗りしすぎない
  3. ベースメイクの正しい順番を守る

崩れないベースメイク【リキッドファンデーション編】

初心者におすすめ!【プチプラ】ベースメイク7つのアイテム

最後に、初心者・失敗したくない人におすすめのベースメイクアイテムをご紹介します! ¥800~2000台でGETできる「プチプラアイテム」を厳選したので、ぜひ参考にしてみて。

日焼け止め

ビオレ(Biore)

ビオレ UV アクアリッチ ウォータリーエッセンス

・SPF50/PA++++。顔・からだ用。水のような質感で重ね付けしても軽いつけごこち。スーパーウォータープルーフ。せっけんで落とせて、化粧下地にもOK。

化粧下地

SPF47/PA+++。乳液のようにサラサラ伸び、乾燥せず潤いのある肌に。紫外線、乾燥、花粉などに弱い日本人の肌を守るノンケミカルタイプ。白浮きせずにトーンアップ。

コントロールカラー

キャンディドール(CandyDoll)

ブライトピュアベース(ミントグリーン)

SPF50+、PA+++。肌にやさしいケア処方。ニキビや小鼻の赤みを隠し、透明感ある肌を演出。

リキッドファンデーション

レブロン(REVLON)

レブロン カラーステイ メイクアップ(180 サンド ベージュ)

@コスメのベストコスメアワード2017で殿堂入り。毛穴や色ムラまでしっかりカバー。密着感バツグンでヨレにくく、夕方まで崩れ知らず。素肌のようなソフトマットな仕上がり。

パウダーファンデーション

インテグレート(INTEGRATE)

プロフィニッシュファンデーション(オークル20)

SPF16、PA++。毛穴や色ムラ、ニキビ跡を自然にカバー。軽い質感で、透明感あるきめ細やかな肌を演出。肌にやさしいミネラルタイプ。

コンシーラー

ザ セム(the SAEM)

ザ セム カバーパーフェクション チップコンシーラー(1.5 ナチュラルベージュ)

SPF28、PA++で紫外線をガード。カバー力、速乾性が高くヨレにくい。植物由来の保湿成分配合で、乾燥しにくく自然なうるおいが持続。ファンデーションなし、コンシーラーとパウダーだけでもOKな仕上がり。

フェイスパウダー

チャコット フォー プロフェッショナルズ(Chacott)

フィニッシング パウダー(761 ナチュラル)

ロングセラー商品。舞台用メイクならではの優れたカバー力で、汗や皮脂に強く長時間崩れにくい。きめ細やかな粒子でサラサラで毛穴レス、ナチュラルな仕上がり。コスパ抜群、ひとつで1年間使用可。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW