FASHION

冬の旅行の服装【19選】現地の気候に合わせたスタイルで快適な旅を!

2019/08/19

冬休みを利用して待ちに待った旅行に出かける! とっても楽しみで考えるだけでウキウキしちゃいますよね。でも、いざ荷物をまとめようとしてもどんな服を持っていけばいいかわからない......なんてことがよくあります。そこで、冬の旅行の服装を、行き先やシーン別に徹底レクチャー。これだけは押さえておきたいマストアイテムもご紹介します。

冬の旅行の服装のマストアイテム3選

冬の旅行は、防寒対策が必須。寒さに負けてせっかくの旅行が楽しめない......なんて事態は避けたいですよね。そこで、 冬の旅行にマストな3つのアイテムを最初にレクチャー!

1.【アウター】は保温性と気回しやすさで選んで

▼チェスターコートは暖かくて使い勝手バツグン!

ウール素材でしっかり丈感のあるチェスターコートは、暖かさはもちろん◎。さらに定番デザインだからパンツもスカートも、ワンピースにも合わせられる万能さが魅力です。さらっと羽織るだけでおしゃれに見えるのも旅行先のコーデに迷わないから嬉しい!

2.【機能性インナー】で冷え対策

▼起毛素材の薄手インナーは重ね着にお役立ち

起毛素材の薄手インナーを持っていれば、旅行先が想像以上に寒くてもこっそり重ね着できるのでとっても便利! タートルネックデザインなら、首元まで暖かく見た目以上に冷え対策してくれます。

▼あたたか素材のレギンスがあれば足元も安心

裏起毛やあったかニット素材のレギンスも、重ね着コーデにお役立ち。ワンピースに重ねてトレンドコーデを楽しんでも良いし、ワイドパンツの下にこっそり重ね着する、なんて使い方もOK!

3.【ニット】はかさばる?分厚すぎるのは避けて

▼コートと合わせても着ぶくれしない厚さが着回しやすい

冬コーデに欠かせないニットは、暖かいけれど分厚いと荷物になってしまうのがネックポイント。旅行に持っていくなら、コートと合わせやすい肉感のニットを選んでみて。おすすめはハイゲージのすっきりタイプ。これならトランクの中でもかさばらない!

冬の【温泉旅行】の服装選びポイント

冬の旅行のマストアイテムを抑えたら、次は行き先別にお手本コーデを見ていきましょう。まずは、冬の定番「温泉旅行」シーンから。近年では、電車で気軽に行ける箱根など温泉旅行がぐっと身近になっているからこそ、バッチリな服装でお出かけしましょう!

(1)温泉街を歩く時は歩きやすい靴で

▼スニーカーで楽ちんコーデ

温泉街は、坂になっていたり人通りも多かったりするので、歩きやすい靴がベター。スニーカーなら、歩きやすくて楽ちんです。サコッシュを斜めがけして手元をあければ、温泉街での食べ歩きなんかも楽しめそう!

(2)仕事帰りに行くならきれいめボトムスがおすすめ

▼センタープレスパンツで仕事と旅行兼用コーデ

仕事帰りに温泉へ直行! そんなときは、センタープレスできちんと感のあるパンツをセレクト。これなら電車や車での移動も快適だし、お仕事中のクラス感もキープできます。足元はフラットシューズが◎。

(3)ワンピースは着替えが楽ちん

▼ニットワンピースでウォーム感もアップ

温泉旅行を楽しむなら、着替えやすさも重視したいポイント。ワンピースは1枚でコーデが完成するので温泉を楽しんだあとの着替えも楽ちん。ニットワンピースでウォーム感のある装いを作ってみて。

【海外・国内旅行】は現地の気候にあわせた選択を

冬の旅行は、行き先に合わせた服装を選ぶのが意外と難しいもの。現地の気候を事前にリサーチしておくと安心です。あとは、行き先の気候や寒さに応じて、手袋や耳あて、ストール、ニット帽、カイロなどの防寒グッズを付け加えて。

(1)雪の多い地域に行くならしっかり防寒を

▼ダウンジャケット&しっかりブーツで防寒

豪雪地帯へ旅行に行くなら、防寒対策に重点を置いた服装選びを。ダウンジャケット&雪でも滑りにくいブーツであったかコーデを作って。さらに、手袋やカイロなど、あったか小物を複数用意しておくと◎。

▼ダウンはきれいめコーデにもなじみが良好

普段、あまりカジュアルな服装はしない......という方も、豪雪地帯への旅行はダウンジャケットに頼るべし。ベーシックカラーでコーデ全体の色味を抑えれば、きれいめコーデにもなじみが抜群です。上品小物を合わせればパーフェクト!

(2)街中を散策するなら疲れにくさとオシャレを意識

▼街中探索はおしゃれ小物で着飾って

人気の観光地で街中探索を楽しむなら、おしゃれ小物を使って上品に着飾りたい。ベレー帽や大人バッグ、上品なアクセサリーなどでコーデにアクセントを付けてみて。知らない街だからこそ、普段できないファッションに挑戦するのもアリ!

▼スニーカーならたくさん歩いても疲れない

街中探索は、予想以上に歩き回るもの。そんなときにスニーカーがあれば疲れにくく行きたい場所を回れます。足元がカジュアルになる分、きれいめコートや上品なカラーリングでクラス感をプラスしてみて。

▼パンプスはフラットタイプがおすすめ

せっかくの旅行でおしゃれな街を探索するから、やっぱり足元もおしゃれに着飾りたい......そんな方はフラットパンプスをセレクトして。ポインテッドトゥで女性らしいリュクスな装いなのに、歩きやすいベストバランス!

▼コンサート帰りに街を探索するならスカート&ヒールでもOK

コンサートや観劇などの帰りに、旅行先を探索するというシーンでは、座っている時間も長くなるのでスカート&ヒールでも大丈夫! アクセントになるカラースカートで、沈みがちな冬コーデを彩って。

(3)リゾート観光なら体温調整できる服装で!

▼さらっと着れるアウターが便利

比較的暖かいことが予想されるリゾート地では、さらっと羽織れるアウターを1枚用意しておくと便利。日中は日差しが注いで暖かくても、夜になると冷えることも。そんなときに持ち運びしやすいアウターが大活躍!

▼ストールなど小物で上手に体温調整を

同じ理由であると便利なのが「ストール」。寒くなったら首元にぐるっと巻くことで温感を上げるだけでなくスタイルアップにも◎。ベルトを使えばアウター風にも着回せるし、旅行先での着こなしの幅を広げてくれます。

【バッグ】は大きめと小さめ両方あると◎

最後に、旅行先で便利なバッグについてご紹介。 大きめと小さめの2つを用意しておくと、いざというシーンでも即対応できます。ご自身の服装のテイストに合ったものをセレクトしてみて。

リュックは両手があいて雪の日にもOK

▼カジュアル派はリュックがおすすめ

リュックは、両手が空くので雪で足元が滑りやすい地域への旅行でも安心。荷物もたくさん入るのでとっても便利です。ただ海外で電車に乗るときなどは、後ろから荷物を盗られないように注意して。

開口部が大きいボストンバッグもおすすめ

▼きれいめ派の方はボストンバッグを

開口部が大きいボストンバッグは、なにかと荷物が増えがちな旅行中も快適に過ごせるアイテム。きれいめコーデにもなじみが◎なので、おしゃれさキープできます。ファスナーでしっかり口が閉まるタイプが防犯面でも安心。

持ち歩き用のミニバッグ・サブバッグ

▼斜めがけできるミニバックが安心

旅行先で探索を楽しむときは、ミニバッグに持ち替えて身軽な着こなしを心がけると快適です。体から離れない斜めがけできるタイプなら、荷物を失くす心配も減って安心。軽いバッグでとことん旅行を楽しんで。

▼サブバッグがあれば、買いたいお土産が増えても◎

お土産を買い過ぎてトランクがパンパン! なんていう、いざというときの為にサブバッグを用意しておくのもおすすめ。軽いサブバッグなら、荷物もかさばらず着替えの仕分けなどでも使えるから持っていて損はなし。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW