LIFE STYLE

イケメンが苦手!克服方法を試して苦手意識をなくしてみよう

2019/08/15

イケメンを前にすると上手く話せなかったり、距離をとったりしてしまうことがありませんか?自分を卑下する必要も、女性慣れしていそうと警戒することも必要ありません。自信を持って他の男性と同じように接すれば、良い人間関係が築けるでしょう。

イケメンが苦手な理由とは?

女性は誰だってイケメンが大好き…というわけでもありません。イケメンに対して苦手意識を持ってしまう女性は意外と多いのです。

自分でもなぜイケメンを避けてしまうのか、わからないという人もいるでしょう。イケメンが苦手な理由として、ありがちなものを3つ紹介します。自分にも当てはまっているものがないか、チェックしてみてください。

話すのに緊張してしまう

イケメンのことは嫌いじゃないけど、話すときに緊張してしまう自分が嫌だ、というタイプがいます。美しすぎて、まっすぐに前を見て話せない、話していて顔が赤くなる、何を話せばいいかわからなくなるなど、普段と全く違う自分になってしまうのです。

また、そんな余裕のない自分を目の前のイケメンに悟られたら恥ずかしいという思いもあり、緊張はますます加速するでしょう。

近寄りがたいと思ってしまう

イケメンに対し、必要以上に警戒心を持ってしまうケースもあります。「イケメンと私が話すなんてありえない」「並んでいると釣り合わない」と考えるのです。

心の奥底には、イケメンを前にすると自己評価が低くなってしまう心理が隠されています。イケメンはそれだけで自分よりも優れた人間だ、と思うあまり、距離を置いてしまうのです。

恋愛経験が少なくて自信が持てないタイプによく見られる傾向といえます。

顔以外に魅力を感じない

顔がいいというだけで、中身は魅力がない男性というのもいるものです。とくにイケメンは、顔の良さでなにかと得をしてきたり、華麗な恋愛遍歴を持っていたりすることが多いでしょう。

他の人よりも努力せず、欲しいものを手に入れてきたので、あまり人間的には成長していない…という男性を実際に見てきた人ほど、イケメンに魅力を感じないのです。

むしろ、嫌な性格の男性を何人も見てきている人であれば、イケメンだというだけで悪印象を持ってしまうでしょう。

イケメンが苦手は嘘の場合も?

実はイケメンが大好きだけど、理由があって「イケメンが苦手」と嘘を言っている場合もあります。

イケメンが苦手だとアピールすることで、男性をはじめ周囲の人からの好感度が上がると考えているのです。

男性へのアピールとして

イケメン好きを公言していると、男性はハードルを感じます。もし女性に対して好意を持っていても「自分の顔じゃ満足しないだろう」と思い、アプローチに躊躇するのです。

逆にイケメンが苦手だという女性であれば「この人は内面で男性を見る人だ」と好意的に見てくれる可能性が高いです。男性の好感度を上げ、モテに繋げるテクニックとして「イケメンは苦手」と主張しているのです。

周りの空気を読んで発言

イケメン好きをアピールすると「この子面食いかぁ…」と思われて周りに引かれてしまうと考えている女性もいます。

からかいの対象にもなるので、なるべく周りの雰囲気を読み、場が盛り下がらないように、イケメンが苦手だということにしているのです。

イケメンへの苦手意識をなくすには

イケメンだというだけで人を遠ざけてしまうのはもったいないことです。より幅広く、良好な人間関係を築くためにも、イケメンは苦手だという感覚を少しでもなくしてみるのはいかがでしょうか。

イケメンへの苦手意識を克服するために心がけたいポイントを2つにまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

自分に自信を持つ

自分の中で、イケメンを必要以上に持ち上げてしまうと、緊張して上手くコミュニケーションがとれなくなります。「自分なんて…」と自分を卑下しないように、まずは自分に自信を持つことが大切です。

緊張したり、上手く話せなくなったりする原因は、自分を無理に良く見せようとすることです。等身大の自分に自信を持てるようになれば、見栄を張らずにリラックスして会話できます。

堂々とイケメンと接することができるように、普段から見た目や内面を磨き自信をつけておくのもおすすめです。コミュニケーション力に自信がないという人は、普段の生活の中で会話が弾むような話題をリストアップしておけば、会話に自信がつくでしょう。

身近な相手と同じように接する

イケメンに対して、自分とは住む世界が違う人のように認識していませんか? もしイケメンを意識しすぎてしまうようであれば、自分の男家族や男友達など、自分が話しやすい身近な人物として置き換えて接するのもおすすめです。

会話中はできるだけイケメンであるということを忘れるようにし、自分にとって親しい間柄の男性と同じように接することを心がければ、違和感のない会話ができるでしょう。

まとめ

イケメンが苦手だと感じていると、その分交友関係が狭くなってしまいます。上手く会話ができなかったり、交流を避けたりする自分に対しても嫌な気分になってしまいがちです。

自分に対する自信のなさや緊張をなくし、自然なコミュニケーションができるようになりましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW