腰巻きシャツ お手本コーデ【16選】
FASHION

腰巻きシャツでこなれ感たっぷり!お手本コーデ【16選】

2019/08/15

腰巻きシャツは、コーデの差し色としてアクセントにしたり、肌寒いときの上着にしたりと、おしゃれと便利が叶うスタイリングなんです。パンツのみならずスカートやワンピースにも合わせられて、体型カバーとしても活躍できちゃう。結び方や腰に巻く位置によって大きく印象が変わる、腰巻きシャツ。ここでは、普段のシャツを使ってこなれ感を醸し出す、ダサくならない腰巻きシャツテクニックをご紹介。

【2019年】ダサくならない腰巻きシャツの『巻き方』

いつものシャツを何気なく腰に巻いただけ......。なんだかダサい? バランスが悪い? 腰巻きシャツのお悩みは、ここで解決しちゃいましょう。 袖の結び方や巻く位置に、解決ポイントあり。2019年はダサくならない腰巻きシャツで、おしゃれ度UPを目指してみて。

ラフな結び目なし

ラフな結び目なしの画像

シャツの袖の結び目を作らずに、サッとからめただけの腰巻きシャツ。メリットは、上着として使用したときに結び目のシワが袖部分にできにくいところ。シワになるのが気になるシャツの場合には、おすすめの結び方。シャツの裾丈は膝より上でバランスよくして、ダサさとは無縁に。

「もやい結び」でほどけない!

「もやい結び」をした画像

「もやい結び」は、ロープワークで多く取り入れられていて、強度も高くほどけにくい結び方です。アクティブに動き回ると、腰巻きシャツの結び目がほどけてきて気になってしまうことも。そんなときは、結び方のポイントを押さえればOK。

腰巻きシャツの位置

▼結び目がアシメトリーな斜め位置

結び目がアシメトリーな斜め位置の画像

結び目を正面にせずにアシメトリーに配置した腰巻きシャツ。その分、正面から見たときにシャツの見える分量が多くなります。重めな色がコーデのベースにある場合は、差し色として明るい色の面積を多くすると全体のバランスがよくなります。

▼腰の低い位置

腰の低い位置にシャツを巻いた画像

低い位置での腰巻きシャツは、こなれ感を出すのに最適。ゆるくハズした感じがアンニュイなルーズ感を生み出してカジュアルセクシー。低い位置にシャツを巻いて脚が短く見えてしまうリスクは、高さのあるヒール靴で回避して。

腰巻きシャツの『スカート』コーデ

腰巻きシャツ×レーススカート

腰巻きシャツ×レーススカートのコーデ画像

レディな雰囲気の白のレーススカートを、カジュアルダウンして仕上げたコーデ。チェックの腰巻きシャツでコーデにラフさをプラス。大人女子は、腰巻きシャツで甘くなりすぎないように仕上げるのが◎。

腰巻きシャツ×迷彩柄スカート

腰巻きシャツ×迷彩柄スカートのコーデ画像

短めスカートのときの腰巻きシャツは長め丈で巻いてもバランスは◎。スカートの迷彩柄を活かすためにも無地のシャツをチョイスして。トップスの柄の色と腰巻きシャツの色を合わせて、コーデに統一感を。

腰巻きシャツ×フレアスカート

次ページ> 腰巻きシャツの『パンツ』コーデ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW