レペットの「バレエシューズ」コーデ【18選】
FASHION

レペットの「バレエシューズ」コーデ【18選】大人女子が憧れる魅力を紹介!

2019/08/14

女子の憧れレペット(Repetto)のバレエシューズ。名女優オードリー・ヘップバーンやブリジット・バルドーが愛用したことでも知られ、現代ファッションでも多くの女性に愛され続けています。そんなレペットのバレエシューズの魅力をMINEがレクチャー! 気になるポイントも合わせて紹介しているので、ぜひ参考にしてみて。

レペットのバレエシューズのなかでも代表的なカラーである<赤>。目を惹く華やかな色味がレディムードを急上昇させてくれるアイテム。シンプルなブラックワンピースと合わせて映画のワンシーンのようなコーディネートを仕上げてみて。

ボーダーとの色合わせでつくる大人カジュアル

パリジェンヌのような大人カジュアルにも使える<赤>のバレエシューズ。ボーダーとの色合わせにこだわって、全体的にまとまりのある印象に。ラフなデニムコーデでも、だらしなさとは無縁のおしゃれなスタイリングが完成。

【黒】のレペット バレエシューズ

大人なワントーンコーディネート

女性らしさもありつつ、引き締まった印象にもなる<黒>。レペットのバレエシューズといえば“かわいらしい”イメージが強いですが、<黒>ならばクールな雰囲気漂うオールブラックコーデと合わせてもOK!

ラフなハーフパンツを上品に

オードリー・ヘップバーンのような、クラシックカジュアルが叶うハーフパンツコーデ。全体のアイテムを<黒>で統一することで、どこか品のある印象にブラッシュアップ。ラフなスタイリングのときでも、レディテイストを加えるバレエシューズが大活躍。

【シルバー】のレペット バレエシューズ

親しみのあるボーダーコーデのアクセントに

主張しすぎない輝きが魅力的な<シルバー>。明るいコーデにもなじみやすく、落ち着いたダークトーンスタイルのアクセントとしても使える意外な万能カラー。程よい存在感なので着慣れているカジュアルコーデとの合わせをTRYしてみるのも◎。

フォーマルコーデのアクセサリー代わりとして

結婚式の二次会などのフォーマルシーンでも使えそうな<シルバー>のバレエシューズ。シックなアイテムでのスタイリングはひかえめな印象になりがちだけど、足元に<シルバー>をワンポイント置くことで華やぎをひとさじプラス。

【ゴールド】のレペット バレエシューズ

いつものカジュアルスタイルに個性をプラス

一点投入で個性を発揮する<ゴールド>。一見、派手な印象が強い色味だけれど足元なら、さりげなくスタイリングに取り入れることができるのでおすすめ。ラフなデニムからのぞかせて手抜き感を感じさせないコーデに仕上げて。

次ページ> 【ホワイト】のレペット バレエシューズ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW