レペットの「バレエシューズ」コーデ【18選】
FASHION

レペットの「バレエシューズ」コーデ【18選】大人女子が憧れる魅力を紹介!

2019/08/14

女子の憧れレペット(Repetto)のバレエシューズ。名女優オードリー・ヘップバーンやブリジット・バルドーが愛用したことでも知られ、現代ファッションでも多くの女性に愛され続けています。そんなレペットのバレエシューズの魅力をMINEがレクチャー! 気になるポイントも合わせて紹介しているので、ぜひ参考にしてみて。

レペット バレエシューズの「4つの魅力」!

今も昔も、おしゃれ女子から絶大な人気を誇るレペットのバレエシューズ。フランス・パリで生まれたブランドならではの世界観や可憐な見た目、そのほかにたくさんの愛される理由があるんです! まずは知っておきたい「レペットのバレエシューズがもつ4つの魅力」をご紹介します。

レペットが愛される理由【1】女子がときめくネーミング

【サンドリオン/Cendrillon】

レペット=“サンドリオン(Cendrillon)”といってもいいほどの定番の型。フランス語で「シンデレラ」の意味をもち、まさにかわいらしい見た目にぴったりのネーミング。雨の日用として作られている“サンドリオンベイビー(Cendrillon Baby)”も人気アイテム。

【サンドリオン/Cendrillon】を使った大人コーディネート

足を包み込む丸みのあるフォルムが特徴の“サンドリオ(Cendrillon)”。コンパクトな作りが足を華奢に見せるだけでなくコーデを女性らしく仕上げてくれるので、レディなスカートスタイルからカジュアルなパンツスタイルまで幅広く使えるのが魅力的。

【ブリジット/Brigitte】

レペット初のポインテッドトゥフラットシューズである“ブリジット(Brigitte)”。代表的なパリジェンヌでありレペットが世界で有名になるきっかけとなった「ブリジット・バルドー」が名前の由来となったシューズ。

【ブリジット/Brigitte】を使った大人コーディネート

ポインテッドトゥパンプスの洗練された作りとフラットシューズのラクさを兼ね備えた「Brigitte(ブリジット)」。シンプルなパンツスタイルも、どことなくレディな雰囲気に転換。オフィスカジュアルなどでも活躍するので大人女子は要チェック。

【ローズ/Rose】

薔薇の意味であり、レペットの創業者であるローズ・レペットの名前でもある“ローズ(Rose)”。クラシカルムードを引き立ててくれる細めのストラップが、ほかのバレエシューズにはないワンポイントに。

【ローズ/Rose】を使った大人コーディネート

エレガントな印象に仕上がる“ローズ(Rose)”は、エナメルの光沢感とタイツを合わせて、レトロな雰囲気を盛り上げて。ストラップを留めることで、安定感のある履き心地になるのでちょっとしたおでかけやお呼ばれの場面にもぴったり。

【カミーユ/Camille】

次ページ> レペット バレエシューズの「サイズ感」について
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW