秋メイクに合う【チークの色&入れ方】を解説!おすすめコスメも紹介
BEAUTY

秋メイクに合う【チークの色&入れ方】を解説!おすすめコスメも紹介

2019/08/13

もうすぐ夏も終わり、秋到来! 毎年秋メイクしてますか?メイクの服と同じく衣替えが大事♪ 実は、メイクの色味を変えるだけで、秋っぽい雰囲気が作れるんです。今回は、そんな秋メイクにぴったりのチークとチークの入れ方、2019年トレンドのチークカラーまで徹底紹介します♪

【2019年秋メイク】に合うチーク《3色》

秋メイクに合うチークは、この3色で間違いなし!
・ボルドー系
・オレンジ系
・ピンク系


ボルドー系を使えば秋らしさ満載に、オレンジ系は華やかに、ピンク系は大人の女性らしさを演出してくれる。なりたい雰囲気に合わせてチークの色味を変えてみて。

[1]ボルドー系

2019年秋メイクに合うボルドー系チーク画像

▼【キャンメイク(CANMAKE)】パウダーチークス (PW41アンティークロウズ)

プチプラ代表コスメ、キャンメイクのパウダーチークスは持っていて失敗なし。プチプラだとは思えないほどキレイな発色をしてくれる。幅も薄いので、ポーチの中に入れても邪魔にならないのが嬉しいポイント♪

▼【クリニーク(CLINIQUE)】チーク ポップ ( 13 ローズィー ポップ)

自然なツヤと輝きで大人の女性を作り上げてくれるチーク。ガーベラ型にかたどられていて、持っているだけでウキウキしちゃう♪ パウダーチークだけれど、粉っぽくなりすぎず、しっとり密着してくれる。

▼【キャンメイク(CANMAKE)】クリームチーク / (16アーモンドテラコッタ )

チーク部門で長年、ランキング上位のクリームチーク。見たままの発色をしてくれる。クリームチークだけれど、べたつかずサラサラな質感も嬉しい。コスパも良くて、軽量なのでひとつ持っていて間違いなしのアイテム。

[2]オレンジ系

2019年秋メイクに合うオレンジ系チーク画像

▼【ルナソル(LUNASOL)】カラーリングシアーチークス ( レフィル 08 BeigeOrenge)

軽やかなパウダーがすっと肌になじんで、まるで素肌のような自然な血色感とツヤ感を演出。ベージュオレンジは、ナチュラルな発色で、頬に秋のニュアンスを感じさせるカラー。
大人っぽい雰囲気になりたいときにオススメ。

▼【クリニーク(CLINIQUE)】チーク ポップ(20ソルベ ポップ)

ナチュラルで華やかに映える、ガーベラ型が可愛いチーク。ソルベポップは、シアーでクールな印象に仕上げてくれる。細かいラメが肌をより綺麗に見せてくれる。

▼【エトヴォス(ETVOS)】ミネラルクリアリップ&チーク(ネーブルオレンジ)

内側からにじみ出るようなナチュラルな血色感を与えてくれるチーク。低刺激処方で荒れがちな唇や頬もケアしてくれる。チークとしてはもちろん、リップとしても使えるのが嬉しいアイテム。ネーブルオレンジは、赤みも入っているのでオレンジ系にトライしてみたい方にオススメ♪

[3]ピンク系

2019年秋メイクに合うピンク系チーク画像

▼【キャンメイク(CANMAKE)】グロウフルールチークス ( 01ピーチフルール)

キャンメイクのグロウフルールチークスは、パウダーなのに粉感が全くないと好評価のチーク。しっかり発色もしてくれると同時に艶も出してくれる。ピーチフルールは、ほんのりとしたラメ感もあるので、かわいい雰囲気を演出したいときにしてみて♪

▼【ナーズ (NARS)】ブラッシュ (4033)

長年チーク部門で、ランキング上位のナーズのブラッシュ。なめらかな超微粒子のパウダーが、一瞬で肌に溶け込み肌に輝きを与えてくれる。このチークを塗るだけで、肌が綺麗に見えると好評価。4033のカラーは、どんな肌色にも自然に溶け込むので、ひとつ持っていると絶対便利!

▼【ヴィセ(VISSE)】リシェ リップ&チーク クリーム (BE-8プラムベージュ)

ヴィセのチークは、クリーミーに溶け込み、内側から染まったような自然な血色感を与えてくれる。クリームチークなので、崩れる心配もなし。プラムベージュは、自然な肌の色に近いので、可愛くなりすぎにブレーキしてくれる。

【顔型別】チークの基本的な入れ方は?

チークってそもそもどこに入れたらいいんだろう? と一度は悩んだことある方が多いかと思います。今回は、顔型別にチークの入れ方を徹底解説。これを見て、秋メイクにもチークを取り入れてみて♪

▼面長さんの場合

面長さんのチークの入れ方イラスト画像

面長さんは顔が長く見えてしまうというのがお悩み。頬骨より少し低い位置に横長に入れることで顔の余白を埋めてくれて小顔効果が生まれます。

▼丸顔さんの場合

丸顔さんのチークの入れ方イラスト画像

丸顔さんはふっくらして見えてしまうのがお悩み。こめかみから頬骨に向けてシャープに入れるとスッキリと丸みを抑えてくれます。

▼逆三角形さんの場合

逆三角形さんのチークの入れ方イラスト画像

逆三角さんには冷たい印象に見えやすいのがお悩み。骨っぽさがある頬骨は丸くチークを入れることで柔らかい印象へとカバーしてくれます。

▼エラ張りさんの場合

エラ張りさんのチークの入れ方イラスト画像

エラ張りさんは顔が大きく見えてしまうのがお悩み。頬の内側からこめかみにかけてゆるい傾斜をつけて入れるのがおすすめ。気になるエラの部分にも薄く入れて輪郭をぼかしてみて。

チークレス派にオススメしたい、旬なチークはこれ!

チークレス派のメイク画像

最近はチークレス派が多くなっていますが、チークは血色をよく見せるだけのものではないんです! 顔のたるみ隠しや小顔見せにも一役買ってくれる優秀アイテムなので、アイシャドウやリップの色を邪魔しないヌーディーカラーのチークをつけてみて♪

『ベージュ系』で大人っぽく仕上げて

ベージュ系チークのメイク画像

▼【WHOMEE(フーミー)】マルチグロウスティック(brother)

チーク・ベース・アイカラーに使えるマルチグロウスティックはメイク直しもコレ1本で十分。持ち歩きにも便利なコンパクトサイズです。指でポンポン載せたら立体感がある頬の出来上がり。

▼【ETVOS(エトヴォス)】ミネラルプレストチーク(ヌードベージュ)

秋でも大人女子は紫外線対策が必須! SPF20のエトヴォスのチークをサラっと乗せて、賢く対策してみて。洗顔とお湯で簡単オフできる手軽さも高ポイント。繊細なパールがイキイキとした頬に仕上げてくれます。

『ブラウン系』でマットに

ブラウン系チークのメイク画像

▼【キャンメイク(CANMAKE)】グロウフルールチークス (10テラコッタフルール)

パウダーなのにクリームのような透明感で、お肌にしっとり密着するパウダーチーク。文字通り赤みブラウンで、頬につけると骨格を作ってくれ血色を与えてくれるアイテム。お財布にもとっても優しいので、ひとつ持ってみては?

▼【ナーズ(NARS)】ブラッシュ (4026)

ナーズを象徴するアイテム、ブラッシュ。4026のカラーはマットなのに、上品なパール感があり濃いめに入れても大人っぽい印象に仕上げてくれる。透明感もあり、色持ちもいいと好評価のアイテム。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW