「フライトキャップ」の魅力に気付いてる?ボリューム感が可愛いコーデ【2019年版】
FASHION

「フライトキャップ」の魅力に気付いてる?ボリューム感が可愛いコーデ【2019年版】

2019/12/25

ファーやボアがあしらわれた愛らしいデザインの「フライトキャップ」。特徴的なデザインのため、取り入れづらいと感じている人も多いはず。でも少し工夫すれば、一歩先行くおしゃれ感が手に入るんです。今回は「フライトキャップ」のかぶり方から全身コーデまで徹底解説します。ぜひ参考にして、季節の装いをもっと魅力的に見せてみて。

フライトキャップとは

フライトキャップとはのイメージ画像

「フライトキャップ」とは、ファーやボア素材の耳あてがついたキャップのこと。耳あて部分のことを、錣(しころ)といいます。
元々は飛行機やバイクの操縦時にかぶる帽子で、防寒&防風を目的としているので暖かさには文句なし。普通のキャップよりも奥行きたっぷりに仕上がるおしゃれアイテムです。

フライトキャップはいつからかぶれる?

フライトキャップはいつからかぶれる?のイメージ画像

防寒のためにファーやボアが付いていることが多いフライトキャップは、見た目も体感も暖かいので、秋冬メインにコーデするのがおすすめ
初春(3月)の肌寒い日や、晩夏(8月終わり頃)の秋コーデを意識したい時期にフライトキャップを投入するのもOK。季節感を演出できるアイテムなので、投入するだけでおしゃれ見えが叶います。

フライトキャップのかぶり方

フライトキャップは、帽子自体にボリューム感があるので、ヘアスタイルとのバランスが重要。髪のボリュームをうまく調整して、バランスアップを目指してみて。ダウンヘアとまとめ髪、それぞれのかぶり方のコツをご紹介します。

ロングヘア

▼後れ毛を残して色っぽく

後れ毛を残して色っぽくしたコーデ画像

ボーイッシュなフライトキャップも、後れ毛を残してざっくりとひとつ結びにするだけで、こなれ感たっぷりのスタイルに。後れ毛からのぞくアクセサリーにも抜かりなくこだわりを見せて。

ミディアムヘア

▼シンプルなひとつ結びでフライトキャップのボリュームを引き立てる

シンプルなひとつ結びでフライトキャップのボリュームを引き立てたコーデ画像

つばがなく、ファーが存分に施された優しい色合いのフライトキャップ。ボリュームがあるフライトキャップは、髪の毛をまとめてバランスよく仕上げてみて。

▼束感をつければクールに

束感をつければクールにしたコーデ画像

光沢感のある黒のフライトキャップには、髪の毛もそれに合わせた工夫をしてあげて。ヘアオイルで束感を作り、モード感をプラス。

ショートヘア

▼ミニマムなショートヘアに華を添える

ミニマムなショートヘアに華を添えたコーデ画像

コンパクトでマニッシュなショートヘアには、やわらかな色のフライトキャップで女性らしさと華を添えて。ボリュームあるフライトキャップは、小顔効果も抜群。

▼ワンカールさせて愛らしいフォルムに

ワンカールさせて愛らしいフォルムにしたコーデ画像

毛先をワンカールさせた、コンパクトなシルエットのナチュラルスタイル。フライトキャップが、ボブヘアの愛らしさを引き立てています。

フライトキャップの《色別》コーデ

フライトキャップのかぶり方をマスターしたら、次はフライトキャップを取り入れたおしゃれさんの着こなしを色別に見ていきます。ぜひ参考にして、あなたのワードローブをもっと魅力的にしちゃいましょう♪

《黒》のフライトキャップ

▼靴と色をそろえてコーデをグッと引き締める

靴と色をそろえてコーデをグッと引き締めたコーデ画像

ボアが施されたコンパクトな黒のフライトキャップなら、こんなナチュラルスタイルにもぴったり。同色のブーツを合わせて、統一感と大人っぽさを演出。明度の違うブラウンのワンピースとベロアガウンをレイヤードさせれば、秋冬らしいやわらかなムードをプラスできます。

▼ファー×ボアのほんのりクールなモノトーンスタイル

ファー×ボアのほんのりクールなモノトーンスタイルのコーデ画像

こちらは前出のフライトキャップをモノトーンで合わせたクールなスタイリング。光沢のあるインパクト抜群なファーブルゾンを主役に、ワイドパンツ合わせでゆったりシルエット。カジュアルの定番、スニーカー×キャップ合わせでも、リッチなアイテムを一着取り入れるだけで一気に華のある装いが完成します。

▼ワンピースの甘さをほどよく抑える

ワンピースの甘さをほどよく抑えたコーデ画像

ロマンティックな黒のワンピースの甘さをフライトキャップで抑えた装い。黒のワンピースなら、きれいめカジュアルの着こなしもお手の物。ボアジャケットを上に羽織って季節感を高めてみて。

▼ベーシックスタイルのアクセントに

ベーシックスタイルのアクセントにしたコーデ画像

ベーシックカラーの洋服に個性をプラスしたいときにぴったりな、艶のあるシルバー×黒のファーが施された黒のフライトキャップ。ふわりと揺れるフィッシュテールスカートの足元に定番の「コンバース(CONVERSE)」のハイカットスニーカーをONすれば、エレガントとカジュアルがバランスよく混合されたコーデが完成。

▼スポーティーMIXコーデを印象づける

スポーティーMIXコーデを印象づけたコーデ画像

コンパクトなベージュニットに合わせた、美しいAラインを描くレオパード柄のロングスカート。細かいレオパード柄なので、ほんのりスパイスをきかせつつもエレガントに仕上げてくれます。ファー付きのビットローファーとフライトキャップで、季節感とボリュームをON。

▼王道カジュアルになじませて

王道カジュアルになじませたコーデ画像

こっくり秋色のオーバーサイズニットにデニムを合わせたゆったりカジュアルコーデ。ファーが贅沢に施されたフライトキャップとレオパード柄のトートバッグで、王道カジュアルにパンチをきかせて。

《ブラウン》のフライトキャップ

▼大人シックな装いに遊び心をプラス

大人シックな装いに遊び心をプラスしたコーデ画像

ひらりと揺れ動く絶妙な丈感のプリーツスカートを主役に、その他アイテムを黒で統一させたスタイリング。落ち着きのあるカラーのフライトキャップなので、こんなシックな装いにもぴったり。

▼贅沢な毛並みのフライトハットはコーデの主役に

贅沢な毛並みのフライトハットはコーデの主役にしたコーデ画像

ローゲージのVネックニットを抜き襟でブラウジングさせつつ、ボトムスにはワイドパンツを合わせてゆるっとリラクシーに。レザートートと存在感抜群のフライトキャップを添えて、シンプルな洋服をグッと印象づけてみて。

▼ベージュのゆるコーデにクールさをプラス

ベージュのゆるコーデにクールさをプラスしたコーデ画像

2019年秋冬のトレンドを先駆ける “CPOジャケット”。ビッグシルエットのデザインなので、肩を落としてざっくりと羽織るのがおすすめ。ボトムスにはカシュクールのワイドパンツを合わせて、大人のゆるずるコーデに。フライトキャップとサングラスを顔まわりに添えれば、メリハリのあるスタイルに仕上がります。

▼甘い装いを小物で締める

甘い装いを小物で締めたコーデ画像

シンプルなスウェットにケーブル編みのニットスカートを合わせた、大人のナチュラルスタイル。目立ちすぎないレオパード柄のショルダーバッグとブラウンのフライトキャップを合わせた巧みな小物使いで、しなやかなグラデーションを演出。

▼コンパクトな服も、フライトキャップでボリュームを出す

コンパクトな服も、フライトキャップでボリュームを出したコーデ画像

こちらのフライトキャップは、耳あて部分の他につばのラインに沿ってファーが施されているインパクトのあるデザイン。スウェットとチノパンのラフスタイルに、白靴下×パンプスとフライトキャップを合わせて、ほんのり個性をきかせて。

《ベージュ》のフライトキャップ

▼カジュアルな装いに愛らしさをプラス

カジュアルな装いに愛らしさをプラスしたコーデ画像

インパクトのあるロゴTを主役に、フライトキャップとスニーカーの色をベージュで統一したカジュアルスタイル。雪景色に映えるボア素材が可愛らしい。トレンドのクリア素材のショルダーバッグを添えて、全体にメリハリをつけて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW