シャツの種類のイラスト画像
FASHION

シャツの種類、いくつ知ってる? 襟や柄の違いをマスター!

2019/08/07

きちんとした場面ではもちろんのこと、ファッションとしても広く取り入れられているシャツ。そんなシャツ、種類が豊富なだけにどれを選ぶべき? と悩むことも。ここでは、襟別、素材別、柄別、シーン別にシャツの種類をご紹介。目的に似合うシャツを見つけてみて。

「襟付き」シャツの種類

まず最初に、シャツの中でも一般的な「襟付き」タイプの種類をご紹介。襟まわりのデザインが異なるだけで印象が変わってくるので、覚えておけばとっても便利。

オープンカラーシャツ(開襟シャツ)

オープンカラーシャツ(開襟シャツ)のコーデ画像

開襟で着用することを前提に、もともと襟が開かれた状態のシャツ。きちんとしたイメージのシャツに、程よいリラックス感が加わるのでデイリースタイルにもぴったり。女性が着るなら、デコルテ見せで抜け感が叶えられる。ボーイズミックスに着こなすのも◎。

スキッパーシャツ

首元にV字の切り込みが入っていることが特徴のスキッパーシャツ。顔周りをシャープな印象に仕上げてくれるので、きちんと見せたい時におすすめ。また、深いVカットのため、春夏に着用することで清涼感がアップ。

ラウンドカラーシャツ

「丸い」の意味を指すラウンドに「カラー」の意味を指すカラー。その言葉の通り、シャツの先が丸くなっているのがラウンドカラーシャツ。襟先がちょこんと丸くなっているだけで、顔周りを女性らしく仕上げてくれる。

レギュラーカラーシャツ

標準的な襟という意味を指すレギュラーカラーシャツ。時代の流れによって多少の誤差は出てくるものの、現在広く出回っているこのシャツは、襟先が尖っていて、襟同士の開きがおよそ70〜90度なのが特徴。

「襟なし」シャツの種類

襟付きのシャツをマスターしたら、次は「襟なし」をご紹介。襟なしだけでも種類がいくつかあるので早速チェックしてみて。

スタンドカラーシャツ

首に沿って襟が立ったシャツのことで、「立襟」と呼ばれることも。コーデの合わせ方によってフェミニンを引き立たせたり、モードを引き立たせてくれるアイテム。

バンドカラーシャツ

次ページ> 「素材別」シャツの種類
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW