BEAUTY

超ナチュラル…!眉毛の正しい書き方【初心者向け】

2019/10/09

顔の印象を大きく左右する眉毛。でも、「正しい眉毛の書き方を知らない!」「ナチュラル・自然に書けない!」という人も多いのでは? ここでは、眉毛の《基本の書き方》から《自分の理想のかたち別の書き方》《眉毛のお悩み別の書き方》《眉毛の整え方・使用道具》《おすすめアイブロウアイテム》まで徹底的にレクチャー。眉毛の悩みを解消して、理想の美眉をGETしましょう!

before→after

アーチ眉How to

【1】「スクリューブラシ」で毛流れを整える

【2】眉山から眉尻にかけて、「ペンシル」でかたちを整える
〈POINT!〉
眉山の位置を「黒目の外側の延長線上」にもってくる(基本のかたちよりも内側に)
・眉頭から眉山、眉山から眉尻の上下のラインに「丸みを持たせる」ようにして色味を足す

【3】毛のすき間を「パウダー」で埋める

【4】「眉マスカラ」で毛の色を整える

《ストレート眉》の書き方

ストレート眉って?

ストレート眉は、名前の通り眉毛のラインが直線的なのが特徴。また、角度がついているので、快活でキリッとしたクールな印象に。

before→after

ストレート眉How to

【1】「スクリューブラシ」で毛流れを整える

【2】眉山から眉尻にかけて、「ペンシル」でかたちを整える
〈POINT!〉
・眉の上下のラインが「直線」になるように意識する
「眉頭の下」を書き足して、眉山に向かって角度をつける
眉山から眉尻の角度は「下げすぎない」ように
眉頭から眉尻にかけてだんだんと「細く」なるように書く

【3】毛のすき間を「パウダー」で埋める

【4】「眉マスカラ」で毛の色を整える

【眉タイプ別】薄い・濃い・まだら・非対称

自眉のかたちに関するお悩みをもっている人は多いはず。顔の印象を大きく左右する眉毛だからこそ、その悩みを解消したいですよね。ここでは、《うす眉さん》《しっかり眉さん》《まだら眉さん》《左右非対称眉さん》のお悩み解決方法をレクチャーします!

《うす眉さん》の眉毛の書き方

しっかり眉がトレンドの今、うす眉さんのお悩みは「しっかり眉毛を書くと、いかにも描きました感のあるのっぺり眉になってしまう」こと! そんなお悩みを解消し、《立体感のある眉》を書くためのコツをご紹介します。

before→after

うす眉さんHow to

【1】「スクリューブラシ」で毛流れを整える

【2】眉山から眉尻にかけて、「リキッドタイプのアイブロウ」でかたちを整える
毛がとくに薄いところ、ないところに「アイブロウリキッド」で1本ずつ毛を書き足す
〈POINT!〉
ペンシルは太くのっぺり見えてしまうので、細い「リキッド」タイプを使用するのがマスト

【3】毛のすき間を「パウダー」で埋める
リキッドで書いた毛がなじむよう、全体をパウダーで埋める

【4】「眉マスカラ」で毛の色を整える
〈POINT!〉
眉頭の毛を、下から上にしっかりと立たせるようにして塗ると立体感UP!

▼うす眉さんにおすすめアイテムは『リキッドタイプのアイブロウペンシル』

次ページ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW