FASHION

ブラウンコートで温もりを。《種類別》お手本コーデ【20選】

2019/08/06

秋冬に欠かせないアウターは、毎年慎重に選びたいものですよね。今回ご紹介する「ブラウンコート」は、見た目から暖かい上にシルエットが綺麗に見えることが魅力で、大人女子にぜひ取り入れて欲しいアイテムなんです。今回はそんな「ブラウンコート」のお手本コーデを、おしゃれさんから学んでいきます。ぜひ2019年秋冬の着こなしの参考にしてみてくださいね♪

秋冬に欠かせないブラウンコート

ブラウンは温かみがあり、見る人に安心感を与えてくれる優しい色。まとうだけで立体感のあるシルエットになり、エフォートレスな着こなしをかなえてくれるブラウンコートは、1枚は持っておきたい便利なアイテムです。

外れなしのブラウンの【チェスターコート】

秋冬のアウターで定番「チェスターコート」。知的な雰囲気ときちんと感を与えてくれ、幅広いコーデに対応してくれます。シルエットもとても綺麗なのも魅力です。

パンツスタイル

▼チャコールブラウンは大人シックに

ゆるっとオーバーサイズなブラウンのチェスターコートは、少し肩を落として着ることでより女性らしさ溢れる着こなしに。トップスには白のタートルネックセーターでピュアな雰囲気を漂わせつつ、レオパード柄のサコッシュでほんのりスパイスを加えてみて。

▼ニットとグラデーションさせてワンランク上の装い

ブラウンと白でまとめた大人カジュアルスタイル。コートとざっくりニットで、さり気なくグラデーションにしている点が上級者ポイント。パンツとスニーカーを白で合わせて、温かみと清潔感のいいとこ取りなコーデの完成。

スカートスタイル

▼チュールスカートとともに上品に揺らめかせて

ロングコートの裾から覗くチュールスカートは、視線を集める上品な甘さ。コートとスカートのグラデーションを楽しみつつ、シンプルな水色のニットを主役にほんのり知的な印象に。

▼冬色を贅沢に使って温かみをプラス

ブラウン×ワインレッドの、冬に欠かせない色を贅沢に用いたエレガントなコーデ。光沢感のあるベロア素材のフレアスカートと、小物は黒で統一してメリハリをつければ、お呼ばれにも最適な着こなしに。

ブラウンの【ステンカラーコート】はロング丈がおすすめ

チェスターコートに引き続き、こちらも定番のアイテム「ステンカラーコート」。ベーシックなアイテムなので、お洋服を選ばず万能なのが最大の魅力。アウターで迷ったら、ステンカラーコートを選べば間違いなし♪

パンツスタイル

▼絶妙なシルエットを活かしたマニッシュスタイル

ボリュームたっぷりの、コーデュロイ素材のブラウンコート。ボトムスはコンパクトなスキニーを合わせて、バランス良く仕上げて。足元にはベージュのスニーカーで、さり気ないグラデーションスタイルに。

▼パーカー合わせの楽ちんコーデ

本格的な冬には、オーバーサイズのコートの中にパーカーを取り入れたこんなカジュアルスタイルはいかがでしょうか? ダークカラーの組み合わせでも、パーカーからちらりと見える白Tと白の小物で、重たい印象を回避。

ワンピーススタイル

▼コート×ニットワンピースでよそ行きスタイル

ゆったりシルエットの、ステンカラーコートとニットワンピース。ブラウンと白は、冬にぜひ取り入れて欲しい配色。ブラウンのメッシュバッグとブーティで、簡単に旬のスタイルが完成。更にメリハリをつけたいときには、コートの上から太めのベルトでウエストマークしても◎。

ブラウンの【ノーカラーコート】で襟元をすっきりと

首周りをすっきり見せてくれる「ノーカラーコート」。タートルネックセーターやマフラーなど、首周りにボリュームを効かせたいときにぴったりのアイテムです。

パンツスタイル

▼ブラウン×黒でクールに

ブラウンのノーカラーコートを主役に、その他のアイテムを全て黒で揃え、大人クールなスタイルに。シンプルなアイテム合わせなので、個性をプラスしたいときは、こんな風にデザイン性のあるハンドバッグで遊び心を効かせてみても◎。

▼ロングコートをまとったハンサムスタイル

Aラインのシルエットが魅力のブラウンのロングコート。裾が広がるデザインを活かして、ワイドパンツを合わせてクールな雰囲気に溶け込ませて。大胆な配色のファークラッチバッグをアクセントに、思わず見惚れてしまいそうなハンサムスタイルに。

▼同系色のマフラー合わせでほっこり暖かく

ボリュームがありしっかり防寒してくれるアイボリーのマフラーを添えた、大人カジュアルスタイル。色褪せデニムで、コートのきちんと感を少し外して、親しみやすい雰囲気を作り出して。

スカートスタイル

▼ノーカラーコートを上品に仕上げる

アシンメトリーのフレアスカートをまとったオールブラックコーデに、さらっとノーカラーコートを羽織ったこなれ感溢れる装い。オールブラック特有の重たい印象も、ブラウンコートとカラーのバッグでまろやかさをプラスして。

ブラウンの【トレンチコート】で個性を出す

「トレンチコート」と聞くと、ベージュのものをイメージする方が多いのではないでしょうか? ここでご紹介するブラウンのトレンチコートも、着回し力抜群でとっても便利なんです。トレンチコートの色でお悩みの方、今年はブラウンに挑戦してみるのはいかがでしょうか?

パンツスタイル

▼赤茶色のトレンチコートをカジュアルに

シンプルなVネックニットとデニムを合わせたカジュアルスタイル。メンズっぽくなりすぎないように、ビッグシルエットの赤茶色のトレンチコートで女性らしさを引き立てて。

スカートスタイル

▼抜き襟でうなじを魅せる

トレンドを意識した、トレンチコートの抜き襟スタイル。うなじからちらりと見えるフリルで絶妙な甘さを演出して、大ぶりのピアスを耳に飾って、顔周りを華やかに彩って。また、コートをウエストマークするとより身体のラインが綺麗に見え、メリハリのある装いになります。

▼花柄スカート合わせで愛らしく

スエード素材のトレンチコートは、薄手なので重たくならず、また柔らかい印象を与えてくれます。Aラインシルエットから覗く黒花柄スカートで、落ち着きのある大人の女性を演出して。

ブラウンの【ガウンコート】で気取りすぎない

柔らかい素材感で、さらっとまとうことが出来る「ガウンコート」。付属のベルトがついていることが多く、コーデの幅をぐっと広げてくれます。

パンツスタイル

▼オールブラウンのゆるズルコーデ

オールブラウンでまとめた、ほっこり温もりを感じさせる装い。パープルのニットでムードを漂わせ、ブラウンのグラデーションでこなれ感を演出。ガウンコートをウエストマークして。また脚のラインを綺麗に見せてくれるフレアパンツで、着こなしをぐっと印象づけて。

スカートスタイル

▼チュール素材をちら見せさせる

ウールを贅沢に使ったガウンコート。コートの裾とサイドスリットから覗くチュールスカートで、ベーシックなコートに個性をプラス。付属のベルトで、敢えて端に寄せてリボン結びをすると、程よく甘く、どこかセンシュアルな雰囲気になります。

ブラウンの【ムートンコート】でコンフォートな着こなしに

もこもことしていて、見た目から暖かい「ムートンコート」。しかし「可愛いけど、子供っぽくなってしまうのでは……? 」をお悩みの方もいるのではないでしょうか? ブラウンのムートンコートなら、防寒はもちろんのこと、落ち着いた雰囲気を与えてくれます。他の人を差をつけたいと思っているあなたにおすすめのアイテムです。

パンツスタイル

▼ダークブラウンのムートンコートをスポーティーに

シンプルなデザインのムートンコートは、お洋服を選ばないのでどんなスタイルにもぴったり合わせることができます。キャップとコンパクトなウエストポーチで、誰からも愛されるシンプルなスポーティースタイルに。

ワンピーススタイル

▼丈感を意識したレイヤードスタイル

チャコールブラウンのムートンコートは、可愛らしさと大人っぽさを兼ね備えるお役立ちアイテム。その下にはカーキのニットワンピースで、気品ある大人の女性に。小物はブラックで統一して、コーデ全体キュッと引き締めて。

ブラウンの【ファーコート】でラグジュアリーに

大人の雰囲気を簡単にまとうことができる「ファーコート」。しかし「ボリュームがありすぎて着膨れが心配……」という声もちらほら。そこで、初心者さんにおすすめなのが、毛足の短めのブラウンのファーコート。適度なボリューム感とリッチな雰囲気を高めてくれます。

パンツスタイル

▼チョコレート色のファーコートを甘めに着こなす

ファーの艶っぽさがたまらかく可愛らしい、チョコレート色のファーコート。コンパクトな白のリブニットなら、着膨れの心配もなく安心。小ぶりのショルダーバッグを添えて、女性らしい華奢な雰囲気を漂わせて。

▼カーディガンをレイヤードさせて雰囲気をまとう

ファーコートの下にニットカーディガンを取り入れた、グラデーションを意識したレイヤードスタイル。全身白のコーデにさらっと羽織るだけで、こなれ感と温もりを感じさせるナチュラルな装いに。

スカートスタイル

▼花柄スカート合わせで女性らしく

マキシ丈スカートに合わせるファーコートは、ショート丈にすることでバランスの良い仕上がりに。大胆な配色で一際目を引くマキシ丈スカートを主役に、エッジィな雰囲気をブラッシュアップ。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW