FASHION

秋服ワンピース【6つの着こなし方】でグッとオシャレに!《デザイン・シーン別》コーデ集&春にも着るコツも必見

2019/12/25

秋の着こなしにも欠かせないワンピース。でも秋色といえば茶色やカーキなど、落ち着きすぎてダサ見えしてしまうカラーも多いのでは?そんなお悩みを解決するため、コーデのコツを幅広くお届けします。

秋服ワンピースを着こなす方法

ワンピースは一枚で着こなせる楽ちんアイテムだけど、一歩間違うと野暮ったくなってしまうことも……!旬のレイヤードでこなれて見えるコツや、アイテム合わせで秋らしくみせるコツなどをご紹介します。

「レギンス」で定番スタイル

▼黒のレギンス合わせ

秋はシックなスタイルを楽しむのも◎。今っぽいレギンスレイヤードで旬のスタイルを取り入れて。レギンスと足元を黒でつないだ縦長効果抜群のスタイル。味気なくならないよう、大ぶりアクセとミニバックで女性らしさもプラス。

▼白のレギンス合わせ

こちらは白のレギンスを合わせたソフトな印象のスタイル。秋らしいベージュのシャツワンピに白を足した爽やかリッチ仕上げで、旬のスタイルに差をつけて。

「ジーンズ」でハンサムスタイル

▼羽織りワンピでこなれたコーデ

着崩したワンピースに濃い目のデニムを合わせたボーイッシュなスタイル。前開けや袖をまくるなどで抜け感を出した上級スタイル。本格的に寒くなる前の秋だからこそ楽しめる、雰囲気あるコーデ。

「プリーツスカート」で着こなしの幅を広げて

▼女性らしいレイヤードスタイル

レイヤードはスカート合わせもサマになる。こちらはプリーツスカートを合わせて、ワンピースの印象をガラリを変えたスタイル。スカートの丈やデザイン次第で着回しは無限大。

「こっくり色カーデ」で秋をまとって

▼深めグリーンで上品仕上げ

秋にはこっくりしたカラーが恋しくなる。濃い目グリーンを羽織れば即秋ムード&おしゃれ見えが叶う。秋のカーディガンは温度調節も出来る欠かせないアイテム。

「ファーバッグ」投入で秋ムードへチェンジ

▼一つあると秋コーデの強い味方

手持ちのバッグをファーバッグに変えるだけで即、秋らしい雰囲気を醸し出す。秋は遊び心あふれるアイテムを採用して、大人の余裕を楽しんで。

「あったかストール」で防寒対策も◎。

▼秋に恋しくなるチェックを取り入れて

見た目もあたたかいチェック柄のストールで、シンプルな黒のワンピースに秋のエッセンスをひとさじ。気温差の大きい秋の日に、着回し力と寒さ対策どちらも取り入れて。

【素材】で選ぶ秋服ワンピース

徐々に肌寒くなってくる秋。温かさを保つ実用性と見た目のあたたかさ、両方叶える素材が有能。ここでは万能ニット、コーデュロイ、スウェットのコーデを紹介していきます。

「ニット」保温効果もある頼れる素材

▼秋スタメンのニットは色もデザインも豊富

秋のワンピースは、ニット素材ならどんな色味でも秋の訪れを感じられる。肌寒くなると恋しくなるニット。似合う色合いやデザインで秋のワンピーススタイルを楽しんで。

「コーデュロイ」素材で秋ムード満点

▼秋冬に重宝する素材で上品さをプラス

温かみがあるコーデュロイ素材は、全身で秋ムードを楽しめる。ふんわりしたシルエットなら、ウエストマークでスタイルアップを狙って。足元のベージュでやわらかさをプラスした、大人の秋スタイル。

「スウェット」ワンピで大人リラックス

▼小物を効かせたきれいめカジュアル

ネイビーのスウェットでつくる、リラックスムード漂う秋コーデ。女性らしい大ぶりアクセやチェーンのミニバッグを合わせて、きれいめ仕上げへと進化させて。

【カラー】で選ぶ秋服ワンピース

こちらでは秋に着たいカラーワンピースをご紹介。定番ベージュやカーキから、挑戦したいオレンジやパープルまで。一枚で秋を感じられる頼れるアイテムです。

「ベージュ・ブラウン」は秋コーデの即戦力

▼シャツワンピできれいめコーデ

大人女子の味方、おしゃれ見えベージュをメインにしたコーデ。ぼやけた表情にならないよう、足元をグレーのレギンスで引き締めた上級スタイル。足元はシルバーのパンプスで華やかなアクセントをプラス。

▼キャメルブラウンで上質な秋を感じて

こっくりとしたキャメルブラウンは秋のコーデに欠かせないカラー。リブニットとレギンス合わせで細見え効果が実現。黒でカッコよさをプラスした、楽ちんでも手抜きに見えない優秀なコーデ。

「カーキ」でハンサムな秋コーデ

▼一枚でコーデが決まるデザインワンピ

華やかなフォルムにシックな色合いのワンピースは、大人の余裕感たっぷりのワンピース。カーキを主役にしたイイ女風コーデで、秋のコーディネートを盛り上げて。

「オレンジ」で旬のムードをオン

▼ビタミンカラーで華やかに秋を盛り上げて

脱マンネリを狙うなら、オレンジに挑戦してみるのも◎。落ち着いた色味ときれいめな形なら、浮きすぎずに大人の秋コーデにぴったり。パンプスの赤を差し色にした上級者コーデ。

「パープル」ワンランク上の上質なコーデ

▼コーデュロイ×パープルの上品タッグ

濃いパープルは秋の上質ムードに欠かせないアイテム。ふんわりワンピはウエストマークで女性らしいシルエットにチェンジ。黒の小物で引き締めた、大人女子の正解コーデ。

【柄】で選ぶ秋服ワンピース

秋服ワンピースは、チェックやストライプ、花柄など柄入りを選ぶのも楽しい。一枚でコーデが決まる柄ワンピは時間の無い朝の悩みも解消してくれる。

「チェック」は一枚で主役級

▼ブラック合わせで失敗知らず

チェックのワンピースは、モノトーンコーデが子供っぽくならずにTRYしやすい。ミニ丈× ライダース合わせで甘辛ミックスコーデが実現。デートにも使えそうな大人っぽいコーデ。

「ストライプ」を秋は新鮮な表情で着こなす

▼グレーを選んで大人リラックス

夏はブルーや白ベースを選びがちなストライプ。秋にはシックなグレーをチョイスしてみて。ワイドパンツにゆるりと合わせて、こなれた着こなしを楽しみたい。

「小花柄」は落ち着いた色味を選んで

▼フェミニンワンピでよそ行きスタイル

大人の選ぶ花柄は、シックな色味が失敗知らず。更にロング丈で、上品な秋のきれいめコーデが即完成。全体的に重く感じたら、差し色のキャメルで軽減して。

【シーン別】秋服ワンピース

幅広いシーンで使える秋服ワンピース。通勤、デート、女子会、アウトドア、それぞれに合ったシチュエーション別のコーディネートを見ていきましょう。

「通勤」シャツワンピできれいめ仕上げ

▼ネイビーワンピで知的見え

秋の通勤スタイルにはネイビーのワンピが優秀。ウエストマークでスタイルアップを狙って。メンズっぽい色でもあるネイビーには、赤のパンプスを取り入れて女性らしさをひとさじ。更に、柔らかい色合いのバッグでまろやかさもプラス。

「デート」愛されワンピで甘めムード

▼白で爽やかさプラスが彼ウケのコツ

秋の日のデートには、ムード漂う優しげワンピで彼を癒してあげて。地味になりがちなベージュには、白の爽やかさと清潔感を足してデート仕様にメイク。

「女子会」ゆるワンピでリラックスコーデ

▼ゆったりだけど手抜きに見えない服が◎。

会話をゆっくり楽しみたい、けどちょっとおしゃれも意識したい女子会には花柄ワンピが優秀。グリーンとベージュの組み合わせで、さり気なく秋ムードを漂わせて。仕上げに、小ぶりバッグときれいめパンプスでゆるめコーデを格上げ。

「アウトドア」キャップとスニーカーをプラス

▼アイテム使いで気分も実用性もアップ

過ごしやすい気候の秋には、バーベキューや紅葉狩りなど外でのイベントが満載。便利な小物を足すだけでアウトドアスタイルに早変わり。キャップで日焼け対策をして、スニーカーで歩きやすく。更に斜め掛けバッグなを合わせれば、両手も空く最強コーデ。

秋服ワンピースを【春にも着るコツ】

秋と気温が近い春にも、ワンピースを着回してコーデの幅を広げたい! と思う方も多いのではないでしょうか。ここでは春らしさをプラスするコツをご紹介します。

「前開き」で抜け感コーデ

▼ワンピースを羽織りにチェンジ

秋には一枚でコーディネートしていた黒ワンピース。春には、前を開けて羽織りものとして使ってみて。中にレースブラウスを組み合わせれば、春仕様の甘辛ミックスコーデに早変わり。

「明るめ小物」で軽やか仕上げ

▼白の小物で清涼感を添えて

秋に活躍したグリーンには、白や明るめベージュの小物を合わせて爽やかさを足してみて。清々しさを感じる春コーデへ進化する。

「サンダル」で足元を軽めにチェンジ

▼ヌーディーなサンダルで抜け感を出して

服は変えずに春コーデへと切り替えるなら、足元をオープントゥのサンダルやヒールなどで軽やかな仕上がりにしてみて。黒なら引き締め効果があり、明るいカラーなら春気分を存分に楽しめる。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW