FASHION

トップスインで着やせコーデ!細見えが叶う3つの法則

2019/12/25

「少しだけでいいから、細く美しく見せたい……」そう思ったことはありませんか? いつの時代も共通の女性のお悩みといえばスタイルのこと。
3つの法則を守ってトップスをインすると、ぽっちゃりさんでもメリハリをつけ、視覚的に縦長に見せて、お手軽にスタイルアップできることを知っていますか?いつもより少しだけスタイルがよく見えたら、1日が楽しくなっちゃうかもしれません。

そこでスタイルに悩めるすべての女性のために、MINEより3つの着やせの法則と、春夏秋冬の実際のコーデをお届けいたします。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

着やせ効果が期待できるブラック1色で作るオールブラックコーデ。チュールトップスをスカートにも見えるワイドパンツにふわりとインして。上下ともゆったりとしたシルエットのため、体型を拾わずに着られるのがうれしいところ。

大人かわいいスカートコーデ

▼ベレー帽とコルセットベルトで視線をハズして

Tシャツにベージュのコルセットスカートを合わせて。印象的なベレー帽やコルセットベルトが視線をうまくハズしてくれるので、視覚的な着やせ効果が期待できます。ブラック×ベージュのはっきりとした色のコントラストも引き締め効果あり。

▼チュールニットでスタイルアップ

チュールがドッキングされたニットは視線をハズしてくれるだけでなく、デコルテラインが美しく見えるので細見え期待の一着です。ボトムスをハイウエストぎみに着ることで、さらに脚長効果を追加しスタイルアップ。

「秋冬」はトップスインで美ボディライン!

秋冬は厚手の生地の洋服が多くなるうえ、コートやジャケットなどのアウターがあるので「春夏ほどは細見えを気にしていない」という方が多いかもしれません。
けれども、アウターを脱いだ姿も意外と見られているので油断大敵です。トップスインすることにより、アウターを羽織ってもすっきりとバランスよく見せてくれるコーデもあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

シックなパンツコーデ

ベル袖がフェミニンな雰囲気の薄手のニットを全部インして。袖に特徴があるデザインと、引き締めカラーの黒を選んだことが細見えのポイント。グレンチェックのパンツを合わせてマニッシュな装いに。芸術の秋はこんなステキなコーデで美術館巡りはいかが?

▼ゆったりニットの前だけイン

ブラックのゆったりシルエットのニットをスタイリッシュに前だけインしたスタイル。秋冬になると生地が厚めのニットを着ることが多くなるので前だけインするテクニックが有効です。ブラック×ホワイトの配色がモダンで都会的な装いに。

ノーブルなスカート

▼袖ファーニットでスタイルアップ

デコルテまわりが広くあいた女性らしいニットは、袖にファーが施されロマンティックな雰囲気に。ベルトでしっかりとウエストをマークしているのと、袖のファーが着やせのポイント。上品なファーニットに、旬のトレンチスカートを合わせるとロマンティックが加速。

▼コクーンシルエットのアウターで細見え

チェックのロングタイトスカートにホワイトのタートルネックニットをインして。アウターにはコクーンタイプのショートジャケットをチョイス。ポイントはアウターのシルエット。後ろ側に丸みをおびて、ゆったりと腰まわりをおおうように作られているので、体型カバーをしてくれます。トップスをインしているので前側がコンパクトなのもバランスGOOD。

次ページ> 「デニムにトップスイン」で着やせコーデ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW