FASHION

トップスインで着やせコーデ!細見えが叶う3つの法則

2019/12/25

「少しだけでいいから、細く美しく見せたい……」そう思ったことはありませんか? いつの時代も共通の女性のお悩みといえばスタイルのこと。
3つの法則を守ってトップスをインすると、ぽっちゃりさんでもメリハリをつけ、視覚的に縦長に見せて、お手軽にスタイルアップできることを知っていますか?いつもより少しだけスタイルがよく見えたら、1日が楽しくなっちゃうかもしれません。

そこでスタイルに悩めるすべての女性のために、MINEより3つの着やせの法則と、春夏秋冬の実際のコーデをお届けいたします。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

正解お手本コーデ【前だけイン】

▼ゆったりホワイトニットを「前だけイン」

ホワイトのゆったりシルエットのニットは生地も厚く、全部インするともたついてしまいます。ふんわりと前だけインすることで、もたつきを抑えて、スタイリッシュな雰囲気を作れます。それによりワイドパンツにスニーカーのカジュアルスタイルもクールな大人コーデにシフトチェンジ。

トップスインで着やせの法則(3)視線をハズして「袖コンシャス」

視線をウエストまわりからハズす というのも細見えテクニックのひとつです。大きめのハットやキャップで上に視線をハズしたり、旬の袖コンシャスブラウスで外側に視線をハズすことで、ウエストを意識させずに視覚的に細見えを狙えます。また、ウエストを太めのベルトなどでマークするのも 視線をハズす テクニックのひとつです。

太って見えるNGコーデ

ぴったりとしたシルエットのシンプルニットは体のラインを拾ってしまうだけでなく、上半身に視線が集中してしまうので、ぽっちゃりと見えてしまいます。同じ素材のニットやブラウスでも、袖にデザインがあれば華やかなだけでなく視線が外側にハズレて細見えが期待できます。

正解お手本コーデ【袖コンシャス】

▼ロマンティックなフリル袖ブラウス

ボリュームたっぷりの印象的なフリル袖ブラウスが主役のコーデ。ロマンティックなムードのブラウスは着やせの法則にぴったりマッチし、視線を外側にハズしてくれています。ウエストを編み上げた大人っぽいワイドパンツを合わせて上品な仕上がりに。

▼華やかフリル袖ブラウス

レディな雰囲気たっぷりのフリル袖のブラウスは、甘くなり過ぎないブラックをチョイス。袖が特徴的なデザインのため視線を外側にハズすことができるうえ、ブラウスをふわりとインすることで体型を拾わずに細見えが期待できます。ピンクのスカートに合わせて女性らしいキュートなスタイルが完成。

「春夏」はトップスインでスタイルUP!

着やせの「3つの法則」を知ったら、さっそく実際の 春夏スタイル を見ていきましょう。誰でも簡単にマネできるトップスインのコーデがいっぱいです♪

上品なパンツコーデ

▼サマーニットを前だけイン

それほど生地に厚みのないトップスでも、これだけゆったりしたシルエットだと全部インするともたついてしまうので危険です。前だけインすることで、すっきりと細見えするだけでなく、こなれたスタイリッシュな雰囲気に仕上がります。ボトムスもブラウン系の同系色でつなげることでさらにスタイリッシュに着地。

▼チュールブラウスで細見え

次ページ> 「秋冬」はトップスインで美ボディライン!
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW