【オレンジチークの入れ方】失敗しない、最旬オレンジメイク
BEAUTY

【オレンジチークの入れ方】失敗しない、最旬オレンジメイク

2019/10/08

親しみやすい雰囲気が簡単に手に入る「オレンジメイク」。今年のトレンドのメイクですが、自分には似合わないと思っている人も多いのでは? オレンジメイクが似合わないのはもしかしたらチークが原因かも。自分の肌に合ったオレンジチークを付けると、くすまず透明感抜群の仕上がりがゲットできそう。今回はイエベ・ブルべに合うオレンジチークの色味とオレンジチークの入れ方をイラスト付きでご紹介します。

『イエベ』『ブルべ』で、似合うオレンジ色は違う

一度は耳にしたことがあるパーソナルカラー。ひとりひとりの肌の色や目の色に似合うカラーのことです。そんなパーソナルカラーを踏まえてチーク選びをすると、いつもよりイキイキしたメイクに仕上がるはず。「オレンジチークが似合わない」という人も、イエベ・ブルべに合わせてぴったり馴染むオレンジをみつけましょう!

『イエベ肌』に似合うオレンジチークの色

『イエベ肌』に似合うオレンジチークの色のイラスト画像
  • オレンジ
  • テラコッタ

黄みの強いイエベ肌はオレンジとの相性もバッチリ。基本的にどんなオレンジチークを使っても自然な仕上がりが手に入ります。色白さんはジューシーな明るめオレンジを色黒さんはオレンジにブラウンを混ぜたようなテラコッタカラーがおすすめ。

『ブルベ肌』に似合うオレンジチークの色

『ブルベ肌』に似合うオレンジチークの色のイラスト画像
  • シャーベットオレンジ
  • コーラルオレンジ

オレンジチークが似合わないといわれているブルべ肌。青みが少し入ったコーラルオレンジやシャーベットオレンジならくすむことなくオレンジメイクにチャレンジ出来るはず。コーラルオレンジはピンクみが強いものをチョイス、シャーベットオレンジは白っぽい淡い色を選んでみて。

【顔型別4パターン】チークの正しい入れ方

チークを入れる場所は色選びよりも重要! チークは入れ方次第で自分の骨格カバーができてトレンド感もキャッチできる重要なメイク手法です。正しい入れ方を覚えてオレンジメイクの仕上がりをプロ級まで引き上げて。

▼面長さんの場合

面長さんのチークの入れ方のイラスト画像

面長さんは顔が長く見えてしまうというのがお悩み。頬骨より少し低い位置に横長に入れることで顔の余白を埋めてくれて小顔効果が生まれます。

▼丸顔さんの場合

丸顔さんのチークの入れ方のイラスト画像

丸顔さんはふっくらして見えてしまうのがお悩み。こめかみから頬骨に向けてシャープに入れるとスッキリと丸みを抑えてくれます。

▼逆三角形さんの場合

逆三角形さんのチークの入れ方のイラスト画像

逆三角さんには冷たい印象に見えやすいのがお悩み。骨っぽさがある頬骨は丸くチークを入れることで柔らかい印象へとカバーしてくれます。

▼エラ張りさんの場合

エラ張りさんのチークの入れ方のイラスト画像
次ページ> 【プチプラ】人気のオレンジチーク
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW