BEAUTY

【顔型別】シェーディングのやり方をマスターして《理想的な小顔》にチェンジ!

2019/08/02

どんな顔立ちの人にとっても、永遠の憧れは“小顔”。でも、「そんな理想的な小顔にはほど遠い……」とコンプレックスを抱えている方も多いのでは? ふっくらした頬も、気にあるエラも、全部のコンプレックスをナチュラルにカバーしたいですよね。実はそんな悩みもシェーディングの入れ方一つで一気に解消できるんです!今回は骨格によって入れ方が変わるシェーディング方法を、顔型別にマスターして。影をつけることで顔に立体感を持たせるだけではなく、瞬間的に小顔になれる魔法のワザをレクチャーします。

【シェーディングをする3つのメリット】
《1》顔を立体的にみせることができる
《2》骨格コンプレックスを解消できる
《3》“理想的な小顔”に近づける

【輪郭別】シェーディングの入れ方

フェイスラインにさらっと入れておけば大丈夫、と基本的な入れ方をうのみにしている人も多いのがシェーディング。そんな方は入れ方を見直す必要があるかも! シェーディングは輪郭によって入れ方がまったく異なるもの。輪郭別にポイントを理解して、NGメイクから脱出しましょう。

丸顔

Before→After

正面

サイド

【丸顔さんHow to】

《1》こめかみの生え際→頬骨の下→フェイスラインの順で「数字の3」を書く
→顔の側面をそぎ落とし、全体に影が生まれて立体感が出します。
《2》ノーズシャドウを「小鼻の横まで長め」に入れる
→顔の縦幅を強調すれば理想的な卵型の骨格に近づきます。 

面長

Before→After

正面

サイド

【面長さんHow to】

《1》「おでこの上部・顎先」に入れる
→縦幅を短くみせて、縦長面積を狭めるのが好バランス。
《2》ノーズシャドウを「眉下~目頭横までに短く」入れる
→鼻先まで入れてしまうと縦幅が強調され、より面長に見えてしまうので注意!

ベース型

Before→After

正面

サイド

【ベース型さんHow to】

《1》「フェイスラインのエラ部分・こめかみの生え際」に入れる
→理想的な卵型の骨格にするために、余白をしっかり埋めましょう。
《2》ノーズシャドウは「眉下~目頭横」までに入れる
→鼻先まで入れてしまうと縦幅が強調され、より面長に見えてしまうので注意!

逆三角

Before→After

正面

サイド

【逆三角さんHow to】

《1》「こめかみの生え際」に入れる
→少し出っ張ってしまうこめかみを影で削ぎ落せば小顔に。
《2》ノーズシャドウは「眉下~目頭横」に入れる
→鼻先まで入れてしまうと縦幅が強調され、より面長に見えてしまうので注意!

▼使用アイテムはこちら!

【肌色別】シェーディングの選び方

日本人の肌は「ブルーベース」と「イエローベース」の2種類の肌色にカテゴライズされます。それぞれの肌色には特徴があり、ナチュラルに肌になじむ好相性なブラウンがあるんです。まずは自分のカラーベースをチェックしてからシェーディングをセレクト!

【ブルーベース】は青みのあるグレーっぽいブラウンを選ぶ

色白ブルーベースタイプには、青みのある色がベストマッチ。日本人には少ないブルべさんにとって、自分の肌色にあったシェーディングカラーを選ぶことがとっても大切! 実は日本のコスメだと黄色よりのタイプが多いので、デパコスも活用してピッタリのものを選んで。

【イエローベース】は黄みのあるブラウンを選ぶ

イエローベースタイプには、顔全体に統一感を出すために黄みのあるブラウンをチョイス。例えば、あたたかみのあるベージュや明るめブラウンが◎。肌に近い色味なので、自然な影が生まれて上質な立体感が実現。

シェーディングの種類と特徴

シェーディングにはいろいろな種類があることを知っていましたか? 種類によって特徴や入れ方が異なるので、好みのメイクや肌質にあわせて自分好みのシェーディングにトライしてみて。

《パウダータイプ》は初心者におすすめ

【パウダータイプの特徴】

・失敗なしのナチュラルな仕上がり
・肌馴染みがよいのでムラになりにくい

【パウダータイプの使い方】

「ベースメイクの仕上げ」に、厚塗り感を防ぐために薄付けを意識して入れる。

《クリームタイプ》でツヤ感UP

【クリームタイプの特徴】

・ツヤ感が出るのでツヤ肌メイクと相性抜群
・乾燥肌さんでも保湿力があるので安心して使用できる

【クリームタイプの使い方】

「ベースメイクの仕上げ」に、ムラにならないようにしっかり馴染ませるのが◎。

《リキッドタイプ》はナチュラルメイク派向け

【リキッドタイプの特徴】

・重ねる量を調整して、薄づきで自然な仕上がりに
・肌への密着度が高いので落ちにくい

【リキッドタイプの使い方】

メイクの仕上げにつけず、「フェイスパウダーの前に仕込む」とナチュラルに。ムラにならないようにしっかり馴染ませて。

《スティックタイプ》で細かい部分も手抜きなし

【スティックタイプの特徴】

・発色がよい
・細かい部分も塗りやすい

【スティックタイプの使い方】

メイクの仕上げにつけず、「フェイスパウダーの前に仕込む」とナチュラル。スポンジ等で馴染ませるのが、ムラにならないポイント!

次ページ> おすすめシェーディング7選&ブラシ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW