LIFE STYLE

すぐ泣く女から脱却したい!涙が出る原因などを知り自分と向き合って

2019/11/07

すぐ泣く女性は周囲から「女優」「子どもっぽい」などと言われがちですが、本人もすぐ泣いてしまうことに対して悩んでいるものです。今回はすぐ泣いてしまう原因や解決策をまとめました。涙を拭いて立ち上がり、幸せな毎日を手に入れましょう。

すぐ泣く女性への男性の本音は?

最近、すぐ泣く女性は減ってきたように見えます。人気があるマンガですぐ泣く女性を題材にしたものもありますが、内容はどのように成長していくかがテーマであり、すぐ泣く女性を否定する内容ともいえるでしょう。

なぜ、すぐ泣く女性は否定されるのでしょうか? すぐ泣く女性についての男性の本音から理由を紐解いてみましょう。

正直面倒くさい

多くの男性がすぐ泣く女性を正直面倒くさいと感じています。感情の起伏が激しく、周囲を振り回しがちだからです。

また、本人にそのつもりがなくても、男性は目の前で女性に泣かれると解決を任されたり自分が悪者にされたりした気になり面倒くさく感じます。

同じようなことが続けばうんざりし、嫌悪感を抱くこともあるでしょう。

子どもっぽいと感じる

泣く行為は万人が持っている感情表現で、一説にはストレスを軽減させたり、周囲に危険を知らせたりするために備わった生理現象の一つです。

子どもは怖い・痛いと感じた時や、大人から見ると小さな原因ですぐに泣きます。これはストレスを早めに解消し安全を確保するためです。そのせいか泣く行為自体、子どもがするものと考える人は少なくありません。

大人が泣くことについては「ストレスの耐性が低すぎる」「子どもと同じ表現しかできない」とその人の人間性全てが子どもっぽいような印象を与えてしまいます。

泣かずにきちんと話してほしい

男性はコミュニケーション能力が女性に比べて低いと言われています。『察する』『少ない情報から読み取る』ことができる男性は多くないでしょう。そのため、女性が泣いて会話ができない状態になると男性は理解できないと感じ、イライラし軽いパニックに陥るものです。

ケンカや注意をした時にすぐ泣く女性に対して、多くの男性が「泣かずに理由を話してほしい」と諭します。しかし、泣いている女性は「なぜわからないんだ」とますます絶望してしまうのです。

多くの男性が説明を求めるのには、わかりあいたい気持ちが隠れています。どのような理由であっても物事は泣いても解決しません。話し合うことが解決の糸口であると理解しましょう。

女友達にも嫌われるかも…

実は男性より女性の方がすぐ泣く女性の涙に敏感なものです。嘘泣きや女の武器として流す涙には男性以上に嫌悪感を持ちます。

特に男性の前でか弱いアピールが強かったり、ちょっとした冗談にも激しく反応して泣かれたりすると、親しい女友達でも距離を置きたくなるものです。

簡単な理由ですぐに泣いてしまう人は女友達も無くす恐れがあると自覚しましょう。

女性がすぐに泣いてしまうのはなぜ?

ちょっとしたことで涙があふれてしまう女性の中には、なぜ自分がすぐ泣いてしまうのか理由がわからない人もいるでしょう。

一度自分がすぐに泣く女性だと認識すると、次に悲しいことがあった時、考えるより先に涙が出てしまうこともあります。泣きたくないと思えば思うほどコントロールを失い、涙が出やすくなってしまうのです。

どんなにすぐ泣くのをやめたいと思っている女性でも、理由がわからず混乱していたり、以前泣いた時になぜなのか説明できなかった経験があったりすると、なかなか『すぐ泣く女』をやめられないものです。

まずはすぐに泣いてしまう原因を明確にしましょう。

感受性が豊かなため

一般的に男性に比べて女性は感受性が豊かです。自分が感じた喜びや怒り、悲しみを表現する力に長けています。それを感情の沸点が低いと言う人もいますが、感情のアンテナが高いと言い換えることもできるでしょう。

特に女性は月経の前後に感情の振り幅が激しくなるものです。本人は泣きたくないのにすぐに泣く女性は、豊かな感受性を隠せない正直な人でもあります。

反面、泣いてはいけない、泣くのは恥ずかしいといった刷り込みがあるのに、涙を我慢できないのかもしれません。

泣けばどうにかなるという心理も?

嘘泣きや自分が悪い時にだけすぐに泣く女性は『泣いた時の周囲の反応』を深層心理では計算しているものです。ある意味女優ともいえますね。

子どもの頃から泣けば周囲に許された、気遣われたなどの、泣くことから導き出された成功体験をいくつか持っている女性もいます。

すぐ泣く女性はその成功体験を大人になっても引きずる痛い存在と捉える人もいます。自分の立場が悪くなるとすぐ泣いてしまう女性は、心のどこかにこうした気持ちがないかよく考えてみましょう。

自分の中にこうした心理を認められる女性は、素直で自分をよく理解している女性といえます。今後すぐに泣くことを抑えることができるでしょう。

すぐ泣く女と思われないために

ストレス解消になったり、問題をスルーさせることができるなど、泣くことに有効な面があるのは否めません。

しかし、子どもっぽい、計算高い、我慢できないなど人間性を否定するようなネガティブな印象を持たれることも事実です。

続いては、すぐ泣く女をやめるために普段から気をつけたいポイントを紹介します。

不満をため込まないようにする

不満やストレスを溜め込んでいると心の耐性が低くなるものです。知らないうちに不満が爆発寸前までたまっていることがあるでしょう。

不満やストレス、愚痴などは溜め込まないように、小だしにすることが大切です。いつも朗らかで笑顔でいる必要もありません。完璧で不満のない人などこの世にはいないのです。

自分自身だけは、心にある『泣く』に直結する、悲しみ以外の怒りや妬みなどの負の感情も認めることが重要です。普段から自分の感情に向き合っていればコントロールもうまくできるようになるでしょう。

思いつめないようにする

泣いている原因よりも、すぐに泣いてしまう行為自体に自己嫌悪を感じる女性は多いです。しかし、悲しいと涙が出るのは自然なことで、自分を責める必要もおかしいと思う必要も本来ないのです。

ただし、普段の生活や人間関係ですぐに泣くことがネックやトラブルの種になっているのなら、思いつめないようにすることが大切です。

物事を思いつめてしまう人は、深く考えないことをずるいと捉える傾向にあります。しかし、ストレスを感じた時は自分の心が上向くようにするのが先決です。

コーヒーを飲む、家族のことを考える、その場を離れるなど、1人でできる気分転換方法を探してみましょう。

自分に自信を持つようにする

女性がすぐに泣く時は、ストレスや忙しさに圧迫されて自分が見えなくなっている時が多いです。

必要以上に高い目標を自分に課していないか、根拠のない自責の念を持っていないか意識してみましょう。その上で自分ができたことを認められるといいですね。

泣くことと関連しないことでも、ちょっと苦手なあの人に笑顔であいさつできた、ポテトチップスを我慢した、など簡単なことでも自分を褒められることが見つかるはずです!

まず、すぐ泣くことをやめようと模索している自分を褒めて自信を持ってください。

涙活にチャレンジ

涙を流さないように心がけていても、たまっていればどうして涙がこぼれやすくなります。すぐ泣く女性は、無意識のうちに泣くことでストレスを解消している部分もあるでしょう。

そのため涙やストレスをため込まないよう、時々涙活をして涙腺や心をすっきりさせるのがおすすめです。悲しい曲や思い出に浸るのもいいですが、泣けるマンガや映画など視覚に訴えて涙活をする方がわかりやすくストレスもありません。

新たな楽しみを見つけることにもつながるので、ぜひ涙活を試してみてくださいね。

まとめ

泣く行為自体はストレス解消につながる、人間の生理現象の一つです。しかし些細なことですぐ泣く女性に対しては厳しい感想を持つ人が男女ともに多く、本人も生きづらさを抱えかねません。

すぐ泣く女性は原因を追究するだけでなく、ストレスを溜めない、涙活をするなど具体的な対策を取ることで泣く頻度を減らすことができます。

まずは感受性豊かな自分を認めて褒めることから始めましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW