色白さんに似合う色【36選】
FASHION

色白さんに似合う色【36選】色白に見せるor引き立てる色をマスター!

2019/12/07

透明感のある色白肌は、誰もが憧れるエッセンス。でも色白さんの中には、コーデ次第でなんだか太って見えたり野暮ったくなってしまう……なんてお悩みを抱えている方も多いみたい。それ、似合う色を知らないからかも?!
そこで、「色白さんに似合う色」をMINEが徹底解説! 色白に見せるカラーコーデ・色白をさらに引き立てるカラーコーデそれぞれレクチャーします。

色白に見せる色は明るく淡い色合い

まずは、色白肌になじみが良く、より肌色を明るくしてくれる色をマスターしましょう。明るく淡い色合いは、色白に見せてくれる効果が高まります。おすすめの6色をMINEがレクチャー!

白のコーデ画像

真っ白なお洋服は、パッとしたヌケ感が肌の白さと透明感をよりクリーンに見せてくれます。清潔感も漂うので、爽やかな上品さが漂うコーデに。どんな色にも染まる白だから、合わせる小物次第で印象操作できるのも◎。

ベージュ

ベージュのコーデ画像

肌なじみの良いベージュも、色白肌をより白く見せてくれる色。ベージュの優しい色合いと白い素肌が組み合わさると、お洋服が高見えするというメリットも! 今期は、ナチュラルカラーの小物合わせでリラックス感を演出するのがおすすめ。

グレー

グレーのコーデ画像

グレーは中間色なのでどんな肌色にもなじむ万能カラーですが、色白に見せるなら明るいグレーをセレクトしてみて。肌の透明感をクールに引き立ててくれます。単色でコーデすると地味見えしがちなので、血色感のあるメイクをプラスすると好バランス。

水色

水色のコーデ画像

色白肌さんにとって寒色系はお得意カラー。中でも水色は、明るいトーンでさらに肌色をブラッシュアップしてくれます。甘いディティールの服を着るとフェミニンになり過ぎてしまう色白さんも、水色なら爽やかで甘さ控えめなバランスが実現。

パステルパープル

パステルパープルのコーデ画像

明るいトーンのパステルパープルは、肌に程よい血色感を与えながら、大人っぽく女性らしいコーデに導いてくれる色。色を白く見せようと頑張りすぎると顔色が悪くなったりしがち……、そのお悩みを解消してくれるカラーです。

くすみグリーン

くすみグリーンのコーデ画像

柔らかな色合いのくすみグリーンは、肌の色を明るくトーンアップする上に健康的な印象もプラスしてくれる優秀カラー。カジュアル過ぎず、決まり過ぎないちょうど良いバランスが作りやすいのでデイリーユースにもピッタリ。

色白を引き立たせる色は濃いカラー

白い肌をより引き立てたいときに合わせる色は、濃い目カラーがおすすめ。定番のダークカラーから鮮やかなビビッドカラーまで、色白肌をより白く輝かせてくれるはず! 大人っぽく着こなせる8色をご紹介します。

黒のコーデ画像

黒のお洋服は、色白肌とのコントラストが強いので、肌の白さをより引き出してくれる効果アリ! 引き締め効果も高いので、太って見えることがコンプレックスな色白さんもスタイルアップできるはず。クールな印象に決まるのもポイントです。

ネイビー

ネイビーのコーデ画像

ネイビーは、黒ほど辛口にならず上品に着こなしを引き締めてくれるカラー。こちらも素肌との色差が強いので、肌を白くキレイに引き立ててくれます。きちんと感を演出したい日にもイチオシの色です。

赤のコーデ画像

真っ赤なお洋服は、華やかさがピカイチのアイテム。青白く顔色が悪く見えてしまいがちな色白肌に、ちょうど良い血色感をプラスできるのも嬉しいメリット。大人の女性らしい着こなしをアシストしてくれます。

パープル

パープルのコーデ画像

単品で見るとちょっとコーデが難しいと思われがちな濃いパープルは、色白肌なら派手な印象にならず難なく着こなせるはず。気品のあるカラーなので、コーデを大人っぽく上品にまとめてくれます。

緑のコーデ画像

鮮やかな緑は、色白肌に知的さと健康的な印象をプラスしてくれる色。肌をキレイに見せてくれる上に、肌見せがヘルシーに決まります。寒色でも暖色でもない中立的な色合いなので、オールシーズン着回せるのも◎。

ピンク

ピンクのコーデ画像

色白さんが大人可愛いコーデを目指すなら、このようなビビッドピンクが便利です。白い肌をより白く見せてくれるだけでなく、血色感もON。ちょっと派手に感じるかもしれませんが甘くなり過ぎず着こなせて、白肌がヌケ感を作ってくれるので好バランス。

青のコーデ画像

寒色が得意な色白肌さんは、ビビッドブルーもとってもお似合い。爽やかなメリハリが生まれて、白い肌をさらに透明感たっぷりに見せてくれます。中でもロイヤルブルーはイギリス王室の公式色でもある高貴な色なので、品のある大人コーデにぴったり。

ダークブラウン

ダークブラウンのコーデ画像

シックで大人な雰囲気のダークブラウンは、コクのある色合いで色白肌に奥行きを持たせてくれる色。クールに見えがちな色白さんの表情を、やさしい雰囲気にしてくれる上品カラーです。トレンドのリラックス感も手に入るので、ぜひ投入したい!

色白に近づく「ペールカラーコーデ」のポイント

次は、色白に見せるためのトップス×ボトムスの色合わせについて考察してみましょう。ペールトーンコーデは、明るいカラーで肌をトーンアップする効果◎。薄い色が主体となるこのコーデでは、色の合わせ方が鍵!

【ポイント1】トップスを白に、ボトムスは薄い色に

▼白トップス×ライトブルーデニム

白トップス×ライトブルーデニムのコーデ画像

白トップス×淡色ボトムスの組み合わせは、誰でもTRYしやすい色あわせ。カジュアルに仕上げたい日は、ライトブルーデニムを使ってペールトーンコーデを作ってみて。白×ライトブルーの爽やかさが、色白肌へと導いてくれます。

▼白ニット×ピンクスカート

白ニット×ピンクスカートのコーデ画像

ちょっとフェミニンに決めるなら、白×淡いピンクコーデにチャレンジ! 肌を白くトーンアップしつつ、可憐な印象にしてくれます。甘さが際立つカラーリングなので、小物で辛さをMIXすると野暮ったくなりません。

▼白ニット×ライトブラウンチェックスカート

白ニット×ライトブラウンチェックスカートのコーデ画像

白トップス×ライトブラウンボトムスの組み合わせは、ナチュラルな印象に仕上がる今どき配色。自然と肌を明るく見せてくれるのが嬉しいポイント。チェック柄スカートで、ほんのりきちんと感を漂わせて。

【ポイント2】ボトムスをベージュに、トップスは明るい色に

▼ライトパープルニット×ベージュパンツ

ライトパープルニット×ベージュパンツのコーデ画像

ベージュボトムスに明るい色のトップスを合わせるテクニックは、ペールトーンコーデなのに大人っぽい落ち着き感も手に入る欲張り配色。淡いパープルのニットで、チノパンのハンサムコーデに気品を添えて。

▼ライトブルーシャツ×ベージュパンツ

ライトブルーシャツ×ベージュパンツのコーデ画像

ライトブルー×ベージュの組み合わせは、反対色の掛け合わせなのでペールトーンでもメリハリのある着こなしに。ライトブルーで顔映えを白く爽やかに、ベージュで柔らかい印象をプラスして深みのあるコーデが完成。

▼白のロングTシャツ×ベージュスカート

白のロングTシャツ×ベージュスカートのコーデ画像

白トップス×ベージュスカートは、デイリーに着こなしやすい組み合わせ。ベージュのナチュラルさが際立つので、肌を自然に白くトーンアップしてくれます。シンプルな配色なので、トップスと同色の大ぶりピアスでアクセントを。

【ポイント3】同系色でまとめる

▼くすみグリーンニット×ライトブルーデニム

くすみグリーンニット×ライトブルーデニムのコーデ画像

色味が似ている色でペールトーンコーデを作ると、着こなしやすくて大人っぽく決まります。こちらは、色相環で隣合わせのグリーン×ブルーを明るいトーンでまとめたコーデ。デニムのシンプルなワンツーコーデがヘルシーな仕上がりに。

▼グレーニット×白パンツ

グレーニット×白パンツのコーデ画像

無彩色同士のグレー×白の色合わせは、明るいモノトーンで大人っぽい雰囲気。洗練された配色で、肌色を白く透明感たっぷりに見せてくれるはず! ふっくらニットを使えば、秋冬でも寒く見えないから試してみて。

色白がさらに引き立つ「ビビットカラーコーデ」のポイント

色白肌をさらに白く際立たせるなら、ビビッドカラーコーデに挑戦! 濃い色が主体となるこのコーデでは、いかに差し色の選択をミスらないかがポイント。白い素肌のヌケ感を上手く活かして、カラーコーデを楽しんで。

【ポイント1】明るい色のトップスに、濃い色のボトムスをプラス

▼白トップス×ネイビーデニム

白トップス×ネイビーデニムのコーデ画像

明るい色のトップスを濃い色のボトムスで引き締めると、メリハリのあるおしゃれコーデに。顔から距離のある下半身に濃い色を合わせるので、自然な印象で白肌を引き立てます。こちらは、ネイビーデニムで白トップスをカジュアルに引き締め。

▼白ニット×黒スキニー

白ニット×黒スキニーのコーデ画像

ゆるっとサイズの白ニット×黒スキニーのミニマルコーデは、モノトーン配色と白肌の透明感が組み合わさって洗練された印象に。足元にレオパード柄シューズを取り入れて、さりげないアクセントをプラス。

▼ベージュタンクトップ×黒スキニー

ベージュタンクトップ×黒スキニーのコーデ画像

肌なじみの良いベージュトップスを黒スキニーで引き締めると、ナチュラルに白肌を引き立ててくれます。バッグをベージュに、靴を黒にと小物カラーをリンクさせて、潔いツートーンでまとめてみて。

▼ベージュニット×赤スカート

ベージュニット×赤スカートのコーデ画像

こちらは、ベージュニットに真っ赤なスカートを組み合わせたビビッドカラーコーデ。赤を投入するとコーデの温感が上がるので、特に秋冬におすすめのカラーリングです。暖色系で肌の血色アップにも効果バツグン。

【ポイント2】濃い色のトップスに、明るい色のボトムスをプラス

▼パープルニット×ライトブルーデニム

パープルニット×ライトブルーデニムのコーデ画像

濃い色を上半身に持ってくると、顔の色の白さが際立って洗練された雰囲気が作れる! その分、ボトムスは明るい色でヌケ感を作るとバランスアップできます。パープルニットで高貴な顔映えを作ったら、淡色デニムでカジュアルダウンを。

▼黒ニット×水色スカート

黒ニット×水色スカートのコーデ画像

こちらは、シックな黒ニットで上半身を引き締めつつ、水色スカートで爽やかなヌケ感をプラス。ボリューミーなフレアスカートも、この配色ならクールに着こなせます。小物も黒で統一してスカートの色と白肌を主役に。

▼ネイビーニット×黄色スカート

ネイビーニット×黄色スカートのコーデ画像

ネイビー×黄色は、補色の関係なのでお互いの色を引き立てあってメリハリのある装いに。透明感のある色白肌だからこそ、印象的なカラーリングも難なく着こなせます。シャギーニットで可愛げを添えたら、タイトスカートで大人感を追加して。

▼黒ニット×赤スカート

黒ニット×赤スカートのコーデ画像

黒ニット×赤スカートの組み合わせは、モードさの中に女性らしさも感じる絶妙配色。そこに色白肌のミステリアスな雰囲気が加わると、一歩先行くおしゃれ感が手に入る! 強いカラーリングなので、ゆるっとシルエットや柔らか素材で辛さを中和して。

【ポイント3】ワントーンコーデ

▼ネイビーワンピース

ネイビーワンピースのコーデ画像

濃い色でワントーンコーデを作れば、肌色を最大限に白く際立たせる効果アリ! ワンピースなら、ワントーンコーデが1枚で完成するから簡単です。トレンドのティアードワンピースを使って白肌をアピールしちゃいましょう。

▼水色ニット×ライトブルーデニム

水色ニット×ライトブルーデニムのコーデ画像

こちらは、ブルーのワントーンコーデで色白をアピール。ニュートラルカラーのグレーコートを肩掛けして、コーデ全体をなじませています。アンクル丈のデニムで足首見せすれば、コートを羽緒っても重心が下がらずバランスアップ!

【番外編】家にあるアイテムで「簡単オルチャン」コーデ

最後に、透明感のある色白肌が特徴のオルチャンコーデの作り方についてお届け。家のワードローブにあるアイテムで、簡単にオルチャンコーデを完成させるコツを伝授します!

白Tシャツ×インディゴブルーデニム

白Tシャツ×インディゴブルーデニムのコーデ画像

フレンチスリーブの白Tシャツに、インディゴブルーデニムを組み合わせたミニマルコーデは、余計なアイテムを追加しないシンプルさがオルチャン風。ダメージレスな濃い色のデニムで、素肌の白さを強調してみましょう。

白シャツ×ベージュワンピース

白シャツ×ベージュワンピースのコーデ画像

定番の白抜き襟シャツには、淡いベージュのリブパンツを合わせてリラックス感のあるオルチャンコーデに。透明感のある色白さんは、淡いナチュラルカラーがとってもお似合い。コーデがぼやけないように、黒バッグで程よく引き締めて。

白Tシャツ×レオパード柄タイトスカート

白Tシャツ×レオパード柄タイトスカートのコーデ画像

ちょっとゆるめのTシャツ×ロング丈タイトスカートの組み合わせは、大人なオルチャンコーデを楽しみたいときに。レオパード柄でキャッチーさを追加して、シンプルコーデをおしゃれに格上げしてみて。

ボーダートップス×黒スカート

ボーダートップス×黒スカートのコーデ画像

ショートパンツで大胆な脚見せをしたら、トップスはボーダー柄でカジュアルダウンするのが◎。黒のショートパンツで色白肌とのコントラストを強調して、オルチャンらしい透明感を演出してみて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW